顔色を伺う心理【癖や疲れがある人は見てください】

まず最初に言っておきますが、顔色を伺うことは絶対に必要であり、顔色を伺わずに人付き合いをしていると、無神経な人であると思われかねません。

当然、必要以上に顔色を伺う必要はありませんし、そんなことをしては疲れの原因となりかねません。

ただ”顔色を伺うな”と言われても癖を直すことは至難の技でありますので、この1ページでは、心理学から相手の本心を10秒で見破る方法を伝授し、顔色を必要以上に伺う必要がないノウハウを伝授していきます。

スポンサードリンク

なぜ顔色を伺うのか?

まずは顔色を伺う心理を知ることで、あなたが顔色を伺ってしまう理由や、その癖をそれほど気にしなくても良いということが分かり、不安な気持ちとおさらばすることができるはずです。

心理としては、人は誰でも顔色を伺うものであり、人は基本的に「常に正しいことをしていたい」という本音を持っているので、顔色を伺い、相手の反応次第で自分が正しかったのかどうかを判断しようとします。

しかしながら、いつも必要以上に顔色を伺ってしまう人の場合は、厄介なことに、相手の気持ちを100%知ることができない上に、どんな対応が絶対に正しいなんてことを自分で判断することも難しいために、考えすぎて疲れてしまうというわけです。

さらにもう1つ、人は誰でも嫌われたくないという気持ちを持っていて、嫌われることで仲間外れにされたり、話を無視されるなどの、集団から排除されたくないという欲求を持っています。

つまりは、顔色を伺うことで、「常に正しいことをして、集団から排除されないようにしている」ことが、顔色を伺う心理の正体となります。

これは周りに流されたり、意に反して周りの意見に同意してしまう心理と同じであり、自分の判断に自信が持てない時ほど見られやすい心理です。

 

顔色の変化を10秒で読み取る方法

顔色を伺うのに疲れたり、嫌気がさしているのであれば、顔色の変化を読み取る力をつけると、必要以上に疲れてしまう原因をなくすことができます。

本当に相手に嫌な思いをさせていたり、怒られるような言動をしている場合は、相手の顔が赤くなるという変化が見られます。

当然恥ずかしいだけである可能性も考えられますが、眉毛にしわを寄せていたり、顔から笑顔が消えている、視線を左右にそらす、耳を触っているなどの仕草が同時に見られる場合は、これは拒絶されていたり、嫌だというサインであるために、その場をすぐに離れるといいでしょう。

顔色が青色に変化した場合は、恐怖心が強かったり、体調が悪いといった可能性が考えられるため、体調が悪そうであると直感で感じたのであれば、相手を気遣う言葉を述べた後に、相手の返事次第で展開を変えるといいです。

相手の機嫌がいいのかどうか?が気になるときには、唇に注目してみましょう。

話が楽しかったり、好意的な人との会話では、人は無意識のうちに唇の両端が上下する一方で、嫌悪感を抱いている人や、話がつまらない人に対しては、無意識のうちに唇の両端は下がっています。

自分が嫌われていないのかどうか?自分の話はつまらないのではないか?などの不安を抱えているのであれば、ぜひ唇の両端が下がってしまっていないのか?に注目してみてください。

特に顔色に変化がなく、表情にも変化が見られないのであれば、それ以上は気にしないということ徹底していきましょう。

 

【要注意】こんな人には警戒されています!

顔色を伺う心理は、正しいことや嫌われたくない気持ちの表れですので、あなたが正しいことをしていない時や、嫌われてしまっている時のサインのみを知っておくことで、これらのサインが見られない時には、必要以上に気にする必要も無くなるので、ぜひ覚えておきましょう。

まずは、「腕組み」をしてあなたの話を聞いている人がいる場合は、あなたに対して警戒心を抱いており、自分を守りたいという気持ちが強いために、必要以上にあなたに心を開きません。

あなたが失礼なことをしていないのであれば、それは相手が警戒心の強い人、または気が弱い人である特徴であるだけに、そういう人だと思い込み、必要以上に顔色を伺うのをやめましょう。

次に、「言葉と態度が違う」場合は、態度を信じてください。

言葉では大丈夫ですよと発言していても、眉毛にしわを寄せていたり、攻撃的な態度を取られているときには、機嫌を伺うのではなく、一旦距離を取ることで人付き合いが楽になるはずです。

最後に、「鼻に手を当てている」場合は、最悪の可能性である可能性が高まります。

鼻に手を当てるのは、あなたに不信感や疑問を抱いている証拠であり、あなたという人間性や話の信ぴょう性を疑っている可能性が非常に高いです。

当然、鼻がかゆいだけである可能性もありますが、腕組みや言葉と態度が違うなどの仕草が同時に見られる場合は、顔色を伺うよりも、嫌われているのでこの先どう付き合っていくべきか?という考えに切り替えると、気持ちがより楽になります。

 

【絶対避けよう!】拒絶のサインはこれ!

拒絶されていた場合は、きっぱりと諦めてしまうのか、それとも拒絶されている事実を受け止め、悩みのタネを減らすことができれば、人付き合いがより楽になるはずです。

拒絶のサインを見分ける最も簡単な方法は、「会話中にスマホや時計を頻繁に触っている」など、意識を違う方向へ向けている場合は、拒絶されているのか、または楽しくないサインであります。

これは足の方向の向きも同じであり、足は正直者で、嫌いな人の方向とは逆の方向を向きやすいです。

特にあなたがあまり好きではない人に対しては、相手も同じくあまり好きではないと思っている確率が高くなり、嫌悪の返報性により、嫌いな気持ちは相手にも動きやすくなります。

デートで二時間喋りっぱなしという場合であれば、疲れているという気持ちに対しての、会話を続けることの拒絶となるために、すぐにその場を切り上げればOKですが、心から拒絶されている場合は、あなたもその人との付き合いを考え直し、無理に付き合う必要もないのです。

 

過剰にすれば、嫌われます

いかがだったでしょうか。

顔色を伺うことを過剰にすれば、相手は不愉快な気持ちとなり、うざい、めんどくさい、といった感情を抱かれてしまう原因を作りかねません。

あなたにとって良いことであることも、相手からすれば、不愉快となってしまうことがある顔色の伺いすぎは、あなたにとってもデメリットが大きく目立つ結果をもたらします。

その時にきちんと謝罪することができれば、それほど大きな問題となることもないのですから、お互い様だという気持ちで、多少失礼なことをしてしまっても気にしないくらいの気持ちで、怯える必要などないのです。

次のページでは「身振り手振りの心理〜大きいほど信頼できる3の理由」について、説明していくので、こちらの心理学も是非あなたの人生に役立ててみましょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP