綺麗なものが好きな人の心理と女性に多い理由

「女性にはキラキラしたものをあげると喜ぶ」とか、「綺麗なものを身につけていたい」、「綺麗な夜景が好きだ」など、綺麗なものが好きという人は世の中にたくさんいて、男性であっても綺麗なものが好きであるという人はいます。

なぜ綺麗なものほど人は魅了されてしまうのか?という心理を読み解くと、実は細胞や現代人の考え方が関係していることが分かりました。

スポンサードリンク

ホルモンの影響

綺麗な花や輝く宝石など、見惚れることが多かったり、思わず見とれてしまう瞬間が多いのは、間違いなく女性が多いということが分かっており、これはホルモンの作用によるものであると考えられます。

エストロゲンというホルモンが豊富にある女性は、エストロゲンが脳に働きかけることにより、嗅覚が強まった結果、穏やかな気持ちになることができます。

そして穏やかな気持ちになることができると、綺麗な花の匂いに幸福感を感じたり、宝石のような美しい光に敏感となりやすく、夢中になってしまうというわけです。

このエストロゲンには様々な働きが見られ、基礎体温を下げる、女性らしい丸みのある体を作る、妊娠に関する良い働きをするのも、このエストロゲンが深く関係していて、男性よりも女性の方が綺麗なものが好きという人が多いのは、男性にエストロゲンが少なく、女性に多いことが原因となります。

 

男らしさを追求していない

一方で、男性であっても綺麗なものが好きな人はいるわけですが、こうした人の心理を読み取っていくと、「男らしさを無理に演じない」という本音を読み取ることができます。

男らしさと女らしさの違いを考えてみると、女らしさとは、「悲しければ涙を流す、嬉しい時には笑顔ではしゃぐ、弱々しい一面が見られる」など、感情を制御せずに、ありのままの感情を表に出しています。

男らしさの場合、「嬉しくてもクールに、泣く男は女々しい、ペコペコしない強さこそ男だ」など、感情を制御する必要があるのです。

つまり男性で綺麗なものが好きだった場合、無理に男らしさを演じずに、ありのままの感情を表に出しているという可能性が考えられます。

「最近の若い男は人前で平気で泣く…とか、女々しい男が多くなったもんだ!」なんてことを口にするお年寄りが多いのは、男らしさを追求しない男性が増えている証拠であり、これから先、綺麗なものが好きな男性が増えてくる傾向にあるとも考えることができます。

 

相手の色に染まってしまった

特に女性は彼氏や好きな人の色に染まりやすく、好意的な相手の趣味や意見に合わせることで、自分の印象を良い方向に変えようと、印象操作することが上手です。

例えば女性の場合、「○○君は女性らしい性格が好みで、女っぽさを求めている。ここは綺麗なもの好きアピールをして、女らしさを前面に出そう!」という考え方から、綺麗なものを好きになってしまったり、綺麗なものが好きなという考えを合わせるために、自分を演じているのかもしれません。

これは様々な心理学の実験でも明らかになっていて、長期間の片思いを続けている人や、恋人が綺麗なものが好きであるという場合は、こちらの可能性を疑うのがいいでしょう。

また、これは当然男性であっても見られる心理傾向であるために、好意的な女性に合わせているという可能性も考えられます。

 

細胞が大きく影響

解剖学者が発見した男女の網膜に関する違いにて、男性は網膜が厚い、女性は網膜が薄いに加えて、男性はM細胞が多く、女性はP細胞が多いということが分かっています。

男性に見れるM細胞とは、動きや方向などの情報を集める役割があり、女性に見られるP細胞とは、質感や色に関する情報を集める役割があります。

つまり、女性の方が花や宝石などの質感や色に惹かれてしまうのは、P細胞が多いことも原因であり、男性の方が鉄道マニアが多いのも、M細胞が多いことが関係しているのです。

また、ケンブリッジ大学がおこなった研究によれば、102人の赤ちゃんを対象に、見るものに関しての性差の実験をしたところ、男の子は揺れて動くものに強く興味を示し、女の子は人の顔に強く興味を示したことからも、視神細胞の違いにより、綺麗なものが好きな割合が女性に多いということが言えるのです。

 

美しさやステータスの可能性も

綺麗なものは美しさの象徴であり、インテリアなどでも綺麗なものをたくさん揃えると、それは自分にとってのステータスとなることがあります。

例えば、シャンデリアは美しくてお金持ちの象徴でありますが、そうしたステータスの高い綺麗なものを手に入れたり、ピカピカと光り輝くダイヤなどは、自分のステータスとなるのです。

また、こうした綺麗なものをプレゼントしてもらうことも、自分にとっては大きなステータスであると考える人も多いことでしょう。

 

汚いより、綺麗がいいに決まってる

いかがだったでしょうか。

綺麗なものが好きであることは決しておかしなことではなく、逆に汚いものをもらって喜ぶ方がおかしいので、綺麗なものが好きなことは、当然と言えば当然です。

このページを最初から最後まで読んだあなたは、相手が喜ぶツボを知ったことは間違いなく、女性にプレゼントする際には綺麗なものを選ぶと、同性であっても女心をくすぐることができるはずです。

次のページでは、「顔色を伺う心理【癖や疲れがある人は見てください】」について、原因と超簡単な対処法をお伝えしていきます。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP