迷惑な人の心理と撃退方法7選

「足を広げて座るせいで、不快な思いをさせられた!」とか、「ゴミをポイ捨てするな!夜中にうるさい!」など、他人に不快な思いをさせる迷惑な人は後を絶たず、ルールを守ろうとしない人が世の中にはあふれています。

まずはそうした人の心理を知ることで、”なぜ平気でそのようなことができるのか?”という謎が解け、そして相手の心理を逆手に取ることで、最も効果的な撃退方法が導き出されるはずです。

スポンサードリンク

罰に怯えていない

迷惑な人を簡単に言い換えると、ルールを守らない人でありますが、こうした人の多くは罰に対しての恐怖心がなく、「ルール違反をして迷惑行為を繰り返したところで、どうせ自分は罪に問われない」という本音が隠れています。

これは信号無視を例に挙げるとわかりやすく、「信号無視をしたところで警察官に注意されるだけであり、罰金や逮捕されることはないだろう」という感覚から、迷惑行為に出てしまいます。

逆に、車となれば多くの人が信号を守り、ルール違反はしないように心がけることとなりますが、これはルール違反をした時の罰則が厳しく、人を引いてしまえば人生が終わってしまう可能性も考えられるために、罰則が厳しい車の運転手は迷惑行為をしにくいというわけです。

こうした心理は、心理学の実験でも明らかになっており、スピード調査に関する実験で、警察が視野に入っている場合は、スピード超過をする人が2%だったのに対し、警察が視野に入らない場合、同じ道でもスピード超過の割合は15〜20%まで上がってしまったのです。

ここからも、人は罪に怯える状態であればあるほど、迷惑行為を避けるように心がけ、怯える対象がなければ迷惑行為を平気でしてしまうということがわかります。

 

バレなければ問題なし?

迷惑行為に関する実験には、衝撃的な結果も報告されており、「人はバレなければ7割が迷惑行為ともとれるルール違反をする」という報告がされています。

これは心理学者であるデナースおこなった実験であり、学生を対象にテストを受けさせ、終わりのベルが鳴るとテストをやめて部屋を出るようにと言い残し、彼は部屋を出ました。

その結果は、なんと71%もの学生がベルを無視してテストを続け、自分の納得のいくところまでテストを続けたのです。

なぜこのような結果となったのかと言えば、罰を決めれる監視役がいなかったことが大きく、バレなければ人は平気でルール違反をし、そして迷惑行為もできてしまうことが、この実験からもわかります。

つまり迷惑な人の心理というのは、「どうせバレない」とか「罰せられることはない」という気持ちから、他人に不快な思いを与えたり、ルール違反をしてしまうということとなります。

 

リスキーシフト〜みんなで渡れば怖くない

赤信号だってみんなで渡れば怖くない!なんて言葉がありますが、これこそリスキーシフトであり、人は大勢ともなれば危険な行動をとったり、普段ではありえないような行動に出てしまいやすくなります。

例えば暴走族がいい例であり、彼らは集団で暴走することで、「爆音で迷惑をかけるかもしれないけど、自分たちが楽しめたり、社会に反抗できる」という考えが強くなり、悪い面には目をつぶって、いい面だけを見ましょうという考えになってしまいがちです。

集団行動の恐ろしい部分がここに隠されており、集団になれば平気で迷惑行為をする人の心理には、リスクが高い方向に言動がいってしまう傾向が見られるため、デモや熱狂的なファンが多数集まった時ほど、過激になってしまうのもこのためなのです。

一人であれば善悪の判断がつき、絶対にしないであろうことであっても、集団となれば迷惑な人に変わってしまうのは、人間ならば誰でも当てはまる心理なのです。

 

自己中心性

モンスタークレーマーと呼ばれる人がいますが、こうした度を越したクレームをつけてくる人の場合、自己中心性という特徴が見られます。

自己中心性とは、自分視点でしか周囲を見ることができずに、他人視線から物事を考えることができない傾向のことであり、迷惑行為を繰り返したとしても、自分が正しいと思い込んでいる心理が特徴的です。

さらにこのタイプは、自分が完璧主義なので、他人にも同じことを求めている可能性や、日頃の鬱憤を晴らすためにクレームをつけるなど、様々な心理が見られます。

いずれにしてもこのタイプは、体は大人、考え方は幼児であるため、迷惑なことを迷惑だと感じることができないのです。

 

合理的な選択

迷惑な人と呼ばれる人には、集団行動ができない人も代表例としてよく挙げられますが、こうした非協力的な行動をとる人の心理には、「自分は利益を得ることができる」という、自分の利益を最優先している心理が見られます。

例えば、公園の掃除に全く参加しない迷惑な人の場合、「掃除に参加しないことで楽をし、自分の時間をたくさん作れる」という利益を優先しています。

さらに、参加する人が自分だけだった場合、自分だけが損をしてしまうという考えにも繋がることから、自分を正当化してしまうのです。

こうした迷惑な人は、非常識であるという考え方もできる一方で、自分のことだけを考える「合理的な人である」とも言えます。

しかしながら、このような他人に迷惑がかかる行為ばかりをしていては、当然自分に全てが返ってくることになるのは間違いありません。

 

風景化

こちらは電車内で化粧をする人が当てはまり、電車内で化粧をする他にも、臭いがきつい食べ物を口にしたり、イチャイチャするカップルなどの心理にも当てはまります。

こうした迷惑行為を平気でする人は、「人ではなく、ただの風景である」という認識のもと、行動に出ているものだと考えられます。

例えばあなたも、人目がないような場所ではイチャつけたり、臭いのきつい食べ物を口にすることができますよね?

これと同じく、電車内の人を風景化してしまうことによって、罪悪感や羞恥心は薄れていきます。

電車内で迷惑行為を繰り返す人の場合は、周りの人が風景化していて、人として認識していないという可能性を考えるといいでしょう。

 

最も効果的な撃退方法

迷惑な人を撃退するための最も効果的な方法は、やはり相手に罪の意識を植え付ける、または恐怖心を抱かせることが重要となります。

例えば、迷惑行為をしている人は自分に非がないのか?と言われると、100%非がないとは言えないため、”警察を呼ぶ”の一言で急に態度が小さくなる人は多いです。

他にも、集団で迷惑行為をしている場合も、”それは犯罪になる”などの一言を発するだけで、相手に罪の意識を植え付けることができるはずです。

もしも何の罪にも当てはまらないという場合は、あなたがその場から潔く立ち去ることが、最も賢い対処法となるでしょう。

なぜなら、「何の罪にも当てはまらないから、自分が正しい」と主張されてしまうと、余計なストレスやイラつきの原因を作ってしまうだけなので、相手にしないのが一番賢い方法となるはずです。

 

馬鹿に付ける薬はない

いかがだったでしょうか。

馬鹿に付ける薬はないと言われるように、迷惑な人につける薬はごくわずかで、その薬を探し出すのは困難です。

だからこそ、ムキになったりするのではなく、警察に任せれるときは警察に、無視で済む場合は無視をする、上司に任せれるときは上司に任せましょう。

どうしても納得いかず、相手に一発かましてやりたいという場合は、今後の付き合いを考えないのであれば、”迷惑だ!”と相手に告げ、付き合いを避けていけばいいのです。

次のページでは、「電車で寄りかかる人の心理〜故意的かどうかの見分け方」について、全て暴露していきます。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP