カナダ人の性格の特徴9選

カナダといえば、アメリカ人と性格が似ているという認識をしている人が多く、実際にアメリカとカナダは性格が非常に似ている部分があると言われます。

一方で、カナダに在住してみると、様々なカナダ人の性格の傾向が見えてくるものであり、さらには日本人にはあまり見られない、良い部分もたくさん見えてくるものです。

今回の記事では、そんなカナダに1年間留学していた元留学生がお伝えする、カナダ人の性格の特徴9選についてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

心が広くて大らか

国土が広いことも影響してか、カナダ人は心がとても広くて大らかな性格をしています。

細かいことにこだわらず、どんなものにも寛容になることができ、過去をひきずるということもあまりありません。

その心の広さは、まさにカナダが持つ広大な土地のようですが、その影響を受けているのは確実でしょう。

ただし大らかな一方で、大雑把でもあるので、小さな配慮に欠けるところもあります。

 

男女平等

カナダは日本に比べて男女平等意識が強く、それは女性の強さに現れています。

その証拠に、男性が家事をするのは当たり前であり、日本よりも家事育児に対しての意識が全く違うといっても過言ではありません。

また、男女平等意識の強さは仕事面でも多々見られ、女性も外で働くことは普通だという考え方を男性がしますので、女性であっても力仕事をしているケースもよく目にします。

これは恋愛でも同じであり、女性だから〇〇してあげなきゃ…という考え方ばかりをしていると、「馬鹿にしないで!」と、カナダ人女性を怒らせてしまうかもしれません。

 

自然を愛する気持ちがある

広大な自然に囲まれて生活していることもあり、カナダ人の性格には自然を大切にする気持ちがあります。

それは木々や植物に対してもそうですが、人間も自然の一部と考えて、誰にでも優しく接しようとします。

そして環境問題への取り組みも積極的なカナダですが、これも自然を愛するカナダ人の性格的特徴を示しています。

 

家族を大事にする

日本人は基本的に仕事優先という考え方をしがちですが、カナダ人は仕事よりも家庭優先という考え方の人も多く、出産時にはプロスポーツ選手でも、仕事を休むことは多々あります。

日本ではあまり見られない光景ですが、それほどカナダ人は仕事より家庭優先という意識が強く、そして家族を大事にします。

もっとも、日本人も日本人なりの大事にするという行動を起こしますが、カナダでは仕事を休みやすい環境づくりがしっかりと出来ている、という解釈もできるでしょう。

 

アメリカを意識してしまう

カナダ人特有の性格的特徴には、アメリカを意識する心があることです。

アメリカはカナダにとって隣国であり、とても平和な関係を築いてはいますが、相手が大国でありなおかつ世界でリーダーシップをとっている国だけに、カナダ人にとってはいろんな点で意識してしまいがちです。

それは特にスポーツの世界で顕著に表れ、カナダのスポーツ選手はアメリカの選手を強く意識している人が多いです。

 

英語が苦手な人にも優しい

カナダは広大な土地がある為、南に住んでいる人と北に住んでいる人では、常識も生活水準も天候も大きく変わってきます。

さらに多人種・多文化ということもあり、英語が苦手であり、あまり上手に英語を話せない人が相手でも、優しく対応してくれるという傾向があります。

優しい対応とは、バカにせずにしっかりと相手の話していることを理解してあげようとする気持ちや、話をしっかりと聞いてくれるといった行動のことを言います。

ですから留学でもカナダは比較的人気であり、英語が苦手な日本人にもおすすめの国の1つといえるでしょう。

 

ルーズでのんびりしてる

カナダ人の性格の特徴には、ルーズでのんびりしてることもあります。

これは特に時間の世界で現れていますが、カナダ人は時間を正確に守ろうとしません。

これは本人にとっては悪気があるわけではなく、性格がのんびりしているので、時間を厳守しなければならないという意識があまり強くないことが関係しています。

ゆえに、カナダ人と時間を決めて会う約束をしても、その時間までにやってこないことも、しばしば見られます。

 

言葉にしなければ動かない

カナダ人は日本人と同じように、空気を読める人は多いですが、そこからさらに口に出して意思表示をしなければ、日本人のように気遣いで行動を起こすことはあまりありません。

逆にしっかりと意思表示をすれば、カナダ人の多くの人がしっかりと動いてくれるでしょうが、日本のように「なんで察してくれて、口に出さなくても分かるだろう」という考え方では、カナダでは通用しませんので、日本人は要注意が必要となるでしょう。

 

差別しない

カナダ人の性格的特徴の1つには、人を差別する気持ちがありません。

昔から広大な自然に囲まれて生活してきた歴史があり、また移民も積極的に受け入れてきたこともあって、生粋のカナダ人じゃない外国人がいても、それを差別する気持ちを持つことはありません。

むしろ寛容に迎え入れて、仲良くやっていこうとします。

そしてそれは意識的なものではなく、自然にそれができるところがカナダ人の真骨頂です。

カナダ人は国家よりも人種や文化を大切にしているので、人種差別が起こることは稀といえるでしょう。

 

偏見が少ない国です

いかがだったでしょうか。

海外といえば、差別等の偏見を強く持つイメージを持つ人も多いですが、カナダは比較的そのような考え方を嫌う傾向にあります。

ですから日本人がカナダに留学しても、差別等の心配はそれほどすることもありません。

ただし、日本人でも差別するような人はたくさんいるのと同じように、カナダにも変わった人は存在しますので、そういった人々を除けばの話しとなります。

また、「アメリカ人の性格の特徴9つ」もセットで読んでみましょう。

カナダとアメリカは性格が似ている部分がたくさん見られますので、この1ページを読むことにより、よりカナダ人の性格の傾向というものが見えてくるでしょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP