赤ちゃん脳性麻痺の特徴・症状9選

赤ちゃん脳性麻痺という言葉を聞くと、あなたはどのような特徴や症状をイメージするでしょうか。

赤ちゃん脳性麻痺というのは非常に怖い障害であり、中には発見が遅れたがゆえに、症状が悪化してしまう可能性も考えられます。

今回の記事では、そんな赤ちゃん脳性麻痺について、特徴や症状を分かりやすく8選にまとめてみました。

本当に怖い障害ですので、少しでも心当たりがあるのであれば、お医者さんに相談することが大事となります。

脳性麻痺は脳障害の一種

脳が障害を受けるタイミングはお腹の中にいる頃から、生後1ヶ月くらいまでと言われています。

脳奇形など生まれつきのものもありますが、感染症などにかかった場合に、さらには難産や酸素欠乏など、色々な原因が組み合わさり、赤ちゃん脳性麻痺が起こるのです。

症状は障害を受けている脳の部分によって異なり、知能が正常であれば知能が遅れる子もいるので、一般的にこのような行動をとれば赤ちゃん脳性麻痺だ、という断言はできません。

 

生後18ヶ月まで脳性麻痺の判断は難しい

生後18ヶ月まで脳性麻痺だと診断するのは大変難しく、中学生になってから脳性麻痺だと診断を受けたという人もいます。

その赤ちゃん脳性麻痺の症状については、ポイントとしてあげられるのが、首がなかなかすわらない、そり返りがある、白目をむく、手足を突っ張る、体がぐにゃぐにゃしており安定しない、または全身が緊張しているなどがあります。

しかし、これらの現象は健康な赤ちゃんにも起こることなので、特にそり返りなどに関しては健康な赤ちゃんもよく反り返ります。

抱っこした際に反り返ることが多いのですが、健康な赤ちゃんもそのような仕種を取りますから、見分けることが難しいといえます。

 

見分けるポイントは?

※生後6ヶ月までに見られやすい症状

1.上手くミルクや母乳を飲めない

2.目を合わせてくれない

3.話しかけても無視をする

4反り返りが異常に多い

5.首がすわるのが遅い

※6ヶ月以降に見られやすい症状

1.不自然な姿勢をよくとる

2.原始反射がなくならない

3.お座りができない

4.喋らない

5.関節が固く、手足の動きが鈍い

6.はいはいがなかなかできない

 

脳性麻痺になりやすい赤ちゃんの特徴は?

まず、2,500g以下で生まれた赤ちゃんを未熟児と呼んでいますが、未熟児は脳性麻痺の可能性が高くなります。

必ずしも未熟児が赤ちゃん脳性麻痺になるかと言うと、そうではありませんが、健康な赤ちゃんと比較するとそうなる可能性が高いと言えるのです。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP