栄光浴の心理学〜特徴や性格傾向4選

栄光浴とは、「社会的に高い評価を受けている人や、自分と関わりのある人が活躍したことをアピールすることで、自己評価を高める動き」のことであり、実は厄介な欲でもあります。

この1ページを読むことによって、ある感情との繋がりや、意外と誰もが栄光浴を浴びながら生きている事実を知ることになるでしょう。

スポンサードリンク

栄光浴の働きを簡単に説明

栄光浴の働きは、他者や集団と自分との繋がりを自慢することで自己評価を高めることにあり、知り合い自慢や他人の偉業を自慢する回数が多い人ほど、栄光浴にて自分の評価を高めようとする本心が隠れています。

例えば、芸能人の知り合いがいるアピールや金持ちとの繋がりがあることを自慢する人がこれに当てはまり、自分以外の人物の自慢をすることによって、世間から価値のある存在であると認められることを求めています。

また、知り合い自慢のみで認めてもらうためには、当然それなりの社会的評価や社会的地位を築いている必要があり、超がつくほどの知名度を誇る芸能人やセレブであった場合、自己評価が上がりやすくなると考えられます。

一方でこの自慢相手の価値が低ければ低いほど、「それはあなたの実績じゃないし、それがどうしたの?」と相手が思ってしまうことからも、失敗することで”自慢大好き人間である”と思われてしまうことに繋がりかねません。

つまり場合によっては、自分は相手からの評価が高まったと感じているけれども、相手からすれば大したことない人間であると思われている可能性もあるため、ただの自己満足で終わってしまうこともしばしば。

 

嫉妬とは表裏一体である

栄光浴の厄介な部分は嫉妬心とも表裏一体なことであり、自分にとっては負けたくないと思うほどの重要なことに対して、相手が大きな結果を残した場合は嫉妬を感じやすくなることが、心理学の実験でも明らかになっています。

栄光浴か嫉妬に感じる違いは主に3つのポイントが重要であるとされており、「①相手との心理的距離②相手の業績③自分にとっての重要度」の3つが全てイエスであった際に、嫉妬心が生まれてしまいます。

例えば、Aさんと心理的距離が近く、業績が良い、自分にとってはそれが夢だった場合、全てイエスに当てはまることから、本来は自慢すべき相手に対して嫉妬心が芽生え、自分に注目がいかないことに苛立ちを感じたりもします。

一方でAさんと心理的距離が近く、業績が良い、自分にとってはそれが夢ではなかった場合、これは1と2の質問はイエスとなりますが、3はノーとなるため、こうした場合にのみ、相手と自分を比較しなくて済むため、自慢したくなる心理となった結果、他人の栄光を浴びることで自分も輝いたような気持ちに浸ることができるのです。

ちなみに、1と2の質問の時点でノーだった場合は、栄光浴も嫉妬も生じません。

 

自尊心が低い人ほど見られる

人は基本的に自尊感情を高めたいと思っていて、自分は尊敬されるべき人間であると思える感情が高いほど、それは自信にもなるため、メリットをたくさん得ることができます。

しかし、世の中には自尊感情が低い人もいて、こうした人は自分は尊敬されるべき人間ではないと思える感情が強いため、自分自身に関する自慢できる部分を見つけることができず、自慢話ができません。

そこで代わりとして使える方法こそが知り合い自慢であり、自分の代わりに自慢できる人物を語ることで、同時に自分も栄光を浴びて輝こうとします。

自尊感情を高めることは決して悪いことではありませんが、知り合い自慢も度が過ぎると自己評価が下がってしまうため、適度な自慢で終わらせることが重要です。

 

自尊心が高すぎる人も見られる

なんでも自分が一番のナルシスト人間や、自分大好き人間がいますが、こうした人は自己愛が強いために自分自身への関心が強く、自己中心的な性格の持ち主である特徴が見られます。

このタイプは有能な自分をもっと認めて欲しいとか、もっと褒めて欲しいなどの要求が強いために、自分がいかに素晴らしい人間であるかを自慢せずにはいられません。

また、自分が特別な人間であると感じている他、賞賛欲求や注目の的でいたい欲求が強いため、誇大表現することで注目を浴び、そこから賞賛されることに繋げようとします。

例えば、自分の知り合いは高級車を何台も買えるほどの収入があると誇大表現することで、注目の的となることがありますよね。

こうした理由からも、自尊心が高すぎる人にも栄光浴は比較的見られやすいと言えます。

 

誰もが他人の栄光を浴びている

いかがだったでしょうか。

栄光浴なんてものは誰にでも見られる心理現象なだけに、自慢話は言わせておけばいいのです。

あなたも出身校にスターが誕生した時や、通っている美容師にスーパースターが訪れた時などには、その話題を誰かにすることでしょう。

これも同じく栄光浴なのですから、自慢は言わせておけの精神で、寛大な精神で接しておくといいでしょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP