可愛いおばさんになりたいなら、10の特徴を知ろう!

異性にモテる可愛いおばさんになりたい!と思う人もいれば、いつまでも可愛らしく見られるおばさんになりたい!と思う人もいるわけですが、10の特徴を知ることによって、2つ同時に願いを叶えることも可能です。

可愛いおばさんと思われるための秘訣や共通点を知ることによって、あなたの今後の扱われ方もガラッと変わってくることでしょう。

スポンサードリンク

姿勢を気にすること

人は年齢を重ねるにつれ腰が曲がると言いますが、これは長い人生で姿勢が悪い日々が続くことで骨盤がずれ、おばあちゃんになると、もの凄い腰の曲がっている人がいるのもこのためです。

可愛いおばさんになりたいのであれば、まずは自分の姿勢を見直してみましょう。

例えば、若くても猫背な人は歩いてる姿もどこかパッとしませんし、何より暗いイメージで見られる確率がグッと上がってしまいます。

これがおばさんと呼ばれる年齢ともなれば、老けて見えるのに加えて暗いイメージがつくことは、人が寄りにくい雰囲気を作り出してしまいかねません。

正しい姿勢を身につける工夫をし、猫背な自分を変えてみましょう。

 

下品にならないこと

おばさんといえば、ワッハッハッハーと豪快に笑う姿がたくましくも見えますが、下品な笑い方や言葉は避けることが非常に大事です。

可愛いおばさんや美しいと評価されるおばさんは、下品なことは極力避けますし、静かにすべき環境では大声で話したり、空気が読めない言動は避けます。

人は歳をとるにつれて、印象操作を気にしないようになるため、若い頃であれば見せたい自分を他者に見せていたところ、歳をとればそんなことを気にしなくなり、無神経でがめついと評価されやすくなるため、ある程度印象操作しておくことをお忘れず。

 

こんなメイクや髪型はNG

可愛いおばさんになりたいのであれば、おばさんくさいメイクや髪型は避けることです。

特にメイクは重要であり、髪型は美容師などの助言もあり、自分に似合った髪型を選択することは可能ですが、メイクに関しては助言されることは少ないです。

よく見られるおばさんっぽいメイクが、若い頃からメイクを変えていない人であり、人は年齢を重ねるにつれて劣化するのは当たり前ですし、メイクもその時代にそった流行があるのです。

だからこそ、数年前からメイクを変えていない人や、若い頃からメイクを変えていない人は、ひと昔前の古臭いメイクをし続けている可能性が考えられ、ひと昔前=おばさんっぽいと評価されることに繋がりかねません。

おばさんくさいメイクや髪型を避ける選択をしてください。

 

大勢の前で愚痴やぶりっこもNG

女性は愚痴を言うことでストレスを解消する傾向にあり、誰だって愚痴の一つくらい言いたいでしょうが、大勢の人がいる前で愚痴をこぼすことはNGです。

これが若い頃であれば、若さという武器で周りの男性陣も許してくれますが、おばさんの年齢にもなれば男性陣の評価も厳しくなっていきます。

また、愚痴ばかりこぼす人に良いイメージはつきませんよね。

可愛いと評価されるためには、愚痴ばかりをこぼして自らの評価を下げてしまったり、若い頃に許されたぶりっこを封印することが重要であり、いつもニコニコして明るいおばさんこそが、可愛いおばさんであると評価される特徴があると覚えておいてください。

 

無表情より笑顔を見せる

先ほども少し紹介しましたが、笑顔を見せることで可愛いおばさんになれる理由は他にも存在します。

笑うことによって口角が上がりますし、筋肉を鍛えることで肌にしわができにくくなり、キュッと引き締まった顔を作ることができます。

さらに表情が豊かになることからも、おばさんという劣化が進む年齢にさしかかるほど、笑って生きることが若々しさの秘訣ともなるのです。

 

今の時代を受け入れること

嫌われてしまう憎いおばさんの代表が、今の時代を受け入れない批判的な人であり、「今の若者は〜とか、これだからゆとりは…」なんて発言をすることで、たくさんの敵を作ってしまいます。

あなたが若い頃に、自分の生きた時代を年寄りに否定されることによって、嫌な気持ちになったのと同じで、昔を美化して今を批判してしまうおばさんは嫌われてしまいます。

特に若い人に好かれたいのであれば、今の時代を受け入れ、素晴らしい部分を伝えてあげることで、良いイメージへと繋がり、可愛いおばさんであると評価されることに繋がることでしょう。

 

生き生きとした毎日を送ること

生き生きとした毎日を送る人と送らない人では、ストレスを抱える比率が大きく違うと考えられ、何事も楽しんで取り組むことができたり、自分なりの幸せを見つけることができる人は、内面から生き生きと輝くことができます。

さらに精神的健康にも繋がることから、うつ病や表情にも良い効果を与え、明るい性格へと自分を変えてくれます。

周りの価値観ばかりに合わせるのではなく、良い意味で自分の価値観で生きることができれば、自分らしく輝く人生を歩むことができるはずです。

こうした女性は素敵でもあり、老けを防止する最も有効な方法でもあるため、年齢の割には可愛く美しいと評価されることに繋がります。

 

気持ちに余裕を持つこと

例えば、リストラ危機でプライベートも上手くいかない時期には、イライラとして何もかもが上手くいかなかったり、物に当たってしまうこともあります。

また、気持ちに余裕がなければ大きなミスへと繋がってしまい、悪循環に陥ることもしばしば。

気持ちに余裕がない女性は、年齢に関係なく常にピリピリしていたり、せっかちで心に余裕が見えないため、可愛さや美しさから遠ざかってしまうのです。

一方で、毎日のようにガーデニングをする時間を設けたり、追い込まれるほど頑張らない人は、気持ちに余裕があるため笑顔も多く、様々な細かなことにも気がいきます。

こうした少しの違いがあなたの評価を大きく変え、可愛いおばさんであるか嫌いなおばさんであるかの分かれ道となる、という事実を覚えておいてください。

 

おばさん顔の予防

当たり前ではありますが、可愛いおばさんと呼ばれるためには容姿も大事であり、きちんとメイクをして外出したり、様々な老化への予防も欠かせません。

例えば、若い女性であってもおばさん顔と呼ばれる人は、可愛い若い女性と表現されにくかったり、メイクをしないで外出する若い女性が、可愛いとは評価されにくいですよね。

これと同じで、おばさんになっても自分を可愛く見せる努力を怠らない人は、可愛いおばさんと評価されやすい人であると言えます。

特に、しわ、しみ、ほうれい線、まぶたのたるみなどは、おばさん顔の特徴でもあるため、こうした老化を放置しておくことは絶対にNGであると言えそうです。

 

自分の年齢を受け入れること

自分の今の年齢を受け入れ、自分がおばさんであることを受け入れることができれば、変に若作りする必要も無くなりますし、違和感のあるおばさんになることもありません。

美魔女に憧れる人もいるかもしれませんが、年齢に抗っている姿が少し怖いと感じたり、中には痛々しい美魔女も世の中には存在します。

可愛いおばさんになるためには、無理に若作りする必要もなく、自然体で今ある魅力や美しさを最大限に活かせばいいのです。

逆に整形している女性からはナチュラルさが消え、可愛いおばさんではないのが良い例です。

 

自分に自信を持とう!

いかがだったでしょうか。

可愛いおばさんになりたいのは、女性であれば誰もが抱く願いであり、女性はいくつになっても綺麗でいたい欲求が強い傾向にあります。

女性は男の気持ちを理解しており、若さや可愛さは生きる上でメリットが多いことからも、女性は綺麗であることに強いこだわりを持つ人が多いのです。

自分は今のままでも十分に可愛いんだと自信を持ち、ポジティブ思考で生き生きとした毎日を過ごせるとすれば、自然と魅力的な女性へと変わることができ、可愛いと評価されることにも繋がることでしょう。

次のページでは、「ババア嫌いな理由8選【こんな人は絶対アウト!】」について、嫌われるおばさんの特徴を伝えていきますので、嫌われてしまう言動パターンを頭に入れておきませんか?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP