草食系女子の恋愛傾向と特徴の6つ

少し昔では考えられなかった、男性にも草食系と呼ばれる時代がやってきました。

少し昔の男らしい女らしいといえば、草食系=女性であり、肉食系=男性というイメージが強かったです。

そんな草食系といえば、控えめで大人しいと言えば聞こえは良いですが、自分からアプローチするのが苦手で人前に立つのも苦手、同性から見れば優しいし可愛いから彼氏を作ればいいのに…などと思われる女子のことです。

そんな草食系女子の恋愛傾向と特徴とは、一体どんなものがあるのでしょうか。

自分のやりたいことを優先する

草食系女子は恋愛よりも、自分のやりたいことを優先します。

しかし自分のやりたいことを優先しすぎるあまり、なかなか気になる男性ができないのが現実です。

人生の目標も無く、ただただ男遊びしている女性よりかはいいでしょうが、やはり恋愛をしたいのであれば時には恋愛を優先することも大事です。

また男性との出会いのチャンスがあっても、積極的にアタックできないのが草食系女子です。

結局気になっていても、友達に気になる男性を譲ってしまうというケースが非常に多いです。

 

アピールできないまま終わる恋愛

気になる男性ができたとしても、いつもいつもアピールできないで終わる恋愛を経験するのが、草食系女子の恋愛傾向の一番分かりやすい特徴です。

実際にこの手の相談をネットを通じてしている女性は多く、ほとんどの場合の答えは「自分でアタックするしかない」という答えです。

確かにその通りで、解消法は自分からアピールして告白するという決断をするしかありません。

また、一度そういった勇気ある行動をしてみることで、必ずこれからの恋愛に役立つことでしょう。

もやもやした気持ちだけが残るのであれば、当たって砕けろくらいの気持ちで一度積極的にアピールしてみましょう。

 

押しに弱い

非常に押しに弱く、肉食系男子のぐいぐい来る押しに惚れてしまう傾向にあります。

押しに弱いというのはデメリットも存在し、告白されたら断ることができない、体を求められたら断ることができないなど、こういったデメリットが悩み事になってしまう可能性は高いです。

時にはノーを突きつける勇気を持つことが必要です。

ぐいぐいと来られるのはいいですが、体目当てのぐいぐいは絶対に拒否することです。

好きということに気づいてくださいのサインであれば、いくらでもぐいぐいと来てもらいましょう。

 

自分からメールはしない

ほとんどの場合、草食系女子は本命の相手なら自分からメールをしません。

友達感覚の相手なら暇つぶし程度に連絡ができますが、本命になると男性からメールが来るのを待っています、ひたすらと。

男性側からすると自分は相手にされていないのかな、などと感じてしまい自分に興味がないのではと離れてしまいます。

草食系女子が恋愛において大事なことは、好意をもって待っていることを行動で示す必要があるのです。

いつまでも待っているだけでは、なかなか王子様など現れません。

 

嫌われたくない思考が強い

草食系女子は恋愛の特徴として、こんなこと言ったら嫌われるかもという思いが強くあり、自己主張を控えている部分もあります。

ページ:

1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP