薄情者、薄情な人に共通する20の特徴

こうした思いやりのなさが、がっかりされてしまう原因を作ってしまうのでしょう。

 

他人に厳しく、言い訳と決めつける

薄情者は他人に厳しく、相談や共感してほしい話でさえ言い訳と決めつけ、あなたが悪いと決めつけてしまう悪い癖が見られます。

例えば、愚痴を聞いてほしいだけの人に対して、お前はいつも◯◯で他人ばかり悪い風に発言する、などと決めつけてしまうことで、思いやりのなさを全面的に出してしまいます。

 

相談されにくい

上記でもお伝えした通り、言い訳と決めつけたり、説教じみた話を長々と聞かされるなど、他人の話を聞かないことも多い薄情な人は、相談相手には適していません。

さらに言えば、相談すると怒られると相手は感じてしまうことから、悩みや不満を打ち明けてもらえない性格であると言えるでしょう。

 

割り切りが極端な人

割り切りとは、仕事での人間関係とプライベートでの人間関係を割り切ることであり、別に今後も関わることがないし…とか、職場のみでの関係だから親切にする必要もないと考え、思いやりや人情味に欠けた言動を起こしてしまう人は、薄情者であると思われることでしょう。

あまりにも極端な割り切りはこうした最悪の事態を招いてしまうだけに、しっかりとバランスを考えて行動に出ることがベストです。

 

もらうだけで、お返しはしない

義理人情などの人情味に欠けた人は、一方的にもらうだけでお返しを考えることもなく、その時抱いた「ありがとう」や「嬉しい」という気持ちをすぐに忘れてしまいます。

または、そうした気持ちが芽生えない人もいるわけですが、このタイプは信頼関係を築くのが下手であり、権力者のみに媚びるなどの共通点が見られます。

薄情な人に加え、セコイ性格であると表現することも正しいでしょう。

 

平気で責任転嫁ができる

自分以外は無関心で、自分が良ければそれで良しという考えを持つ薄情者は、自分の立場が危うくなれば平気で責任転嫁をし、自分の立場や優位な位置に立とうと必死に行動を起こします。

これはまさに人情味に欠けた行動であり、裏切りや嘘が平気で言える人は、結局のところ自分自身の評価に大きなダメージを与えて返ってくることとなります。

 

人助けが無駄と思っている

人助けが無駄だと感じているあなたは、薄情者予備軍であると言えるでしょう。

そもそも人は助け合うことで生き延び、今の時代を築いてきましたが、こうした助け合いも大きく必要でない時代がやってきていることは事実です。

しかし、人助けが無駄だと本気で思っている人は、自分を守ることに精一杯であったり、自分が大好きであるため、無意識のうちに他人を引き離すような態度に出ることで、相手を傷つけてしまっている事実に気づく必要があります。

 

外面が良く、大事な人ほど雑に扱う

薄情な人ほど本当に大事な人には雑に扱うのに対し、それほど大事とも思えない人に対しては非常に良い顔をしがちです。

例えば、家に帰ると家族やパートナーに暴言を吐く人が、外では気前が良かったり、凄く親切なふりをするのが良い例です。

こうした内弁慶が原因で離婚を決意した人は、世の中に数え切れないほどいるはずです。

 

理屈ばかりで現実的すぎる

理屈ばかりを述べる人は正しいことを発言することもありますが、時にはこじつけの理由で自分を正当化し、相手を傷つけてしまうことがあります。

ページ:
1

2

3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP