知的障害の特徴と顔つきの違い7選

知的障害という言葉を、一度くらいは聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

知的障害になってしまう出生前の原因としては、遺伝子関連によるものと早期胚発達異常による2種類が考えられます。

そんな知的障害の中でも、ダウン症候群、脆弱X症候群、フェニルケトン尿症などは顔つきなどで見分けがつきやすい分類に入り、症状も比較的分かりやすいです。

このように、知的障害といってもたくさんの障害があるわけですが、知的障害とは具体的にどのような症状があるのでしょうか。

そして顔つきで障害の有無は分かるのでしょうか。

知的障害と発達障害の違い

知的障害と発達障害の違いをまずは知っておきましょう。

知的障害は「適応能力」を基準とし、発達障害は「適応能力」等を基準とします。

また知的障害は、知能指数(IQ)が70未満の場合が、知的障害であるとされています。

知的障害は発達障害の1つであるとも言われており、発達障害と知的障害の両方の障害を持つ人も少なくありません。

ですからここでは、知的障害とセットに発達障害の症状もご紹介しています。

 

知的障害の特徴

1.一つのことに依存であったり、時には攻撃的になったり、衝動的な行動を起こしやすい。

2.コミュニケーション機能が不足しているため、言語でのコミュニケーションではなく、行動面で暴れるなどの攻撃的な行動を起こしやすい。

3.他人からいじめられやすく、仲間外れや理解者が表れにくい。

4.知的障害者はそうでない人に比べて、精神疾患になる確率が3〜4倍高い。

5.最も一般的に伴う精神障害は、注意欠陥多動性障害、気分障害、広汎性発達障害、認知症などである。

6.ダウン症候群の人は、アルツハイマー型認知症に発展する危険性が非常に高い。

7.男性対女性の比率は1.5:1程度と言われている。

 

ダウン症候群の場合

発症頻度は1000人に1人といわれており、35歳以上の高齢出産での発症率が高いと言われて来ています。

しかし、最近は妊娠時の検査で事前にその可能性が分かるようになっています。

身体的な特徴があり、知的障害は中等度で、療育などの影響で社会適応はできると言われていますが、ダウン症候群の顔は別に他の人々と驚くほどの変わりはありません。

見分けるのであれば、以下を参考にどうぞ。

1.頭が平べったい

2.目が吊り上がっている

3.舌が大きい

4.指が短い

5.下あごが小さい

このような特徴がみられ、ダウン症の場合は一般人とは見分けがそれほどつかないのが特徴です。

 

脆弱X症候群の場合

2500人に1人の発症と言われ、X連鎖の知的障害を伴う家系の30%が症候群だと言われています。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP