ぞんざいに扱う人の特徴や扱われる原因20選

このタイプは自分の計画を邪魔されることが許せない、妙に冷めている、他人の情報を覚えようとしないなどの特徴が見られることから、冷たく他人を受け入れようとする姿勢が見られません。

自分が興味がある人以外は、ぞんざいに扱うことが普通であるのがこのタイプとなります。

 

ぞんざいに扱われる原因一覧

機能不全家族に育てられた

アダルトチルドレンのことであり、幼少期の環境が原因で負った心の傷を大人になっても癒すことができず、心に闇を抱えたまま社会で生き続けるのが、アダルトチルドレンとなります。

暴力や愛情のない家庭で育った人が典型的特徴となり、他人に攻撃的な態度を取られると自分自身を責めてしまうため、「自分は情けない」とか「自分は嫌われている」などと思い込むことで、どんどんと意地悪な人になめられてしまいます。

ぞんざいに扱われたとしても、アダルトチルドレンは自分が悪いと思い込んだり、自分は生きている価値がないと思い込んでしまうことから、自分を責めてしまうのです。

また、暴力や愛情のない家庭で育った人は、見捨てられることへの不安が強いことから、相手に合わせようとした結果、見下されてぞんざいに扱われてしまうというわけです。

診断方法としては、

  1. 両親に愛情があったか?
  2. 片親や両親の不在はなかったか?
  3. 過保護や過干渉で育ったか?
  4. DVや性的虐待はなかったか?
  5. 親が否定的で暴言が多かったか?

という上記の5つの項目を確認することで、自分がアダルトチルドレンであるかどうかの想定が可能です。

 

当たり前ができない

周りが当たり前のようにできることができなかったり、いつまでも教えられる立場である、指示待ちで自ら動こうとしない人は、職場や学校で見下される人の特徴に当てはまります。

自分よりも能力が低かったり、当たり前ができない人に対して、「内心バカにしてしまう」ことは当然と言えば当然ですし、これが人の汚い部分であるとも言えます。

ぞんざいに扱われないためには、最低限でも周りと同じくらいのことができる必要があり、ミスばかりで周りの足を引っ張ってしまうことは、仕事や人間関係に支障をきたすのです。

こちらの対処法としては、影の努力で何とか周りと同じレベルまで能力を上げるしか方法はないでしょう。

 

意見が言えない、ビクビクしてる

自分の意見がはっきりと言えなかったり、常に怒られるのではないだろうか…とビクビクしている人は、いじめのターゲットとなりやすく、弱い人間であると判断されやすいです。

ぞんざいに扱われることは見下されている証拠でありますから、自分が思う意見を相手にしっかりと伝えたり、怒られてもペコペコとせずに堂々と話を聞く姿勢など見せれば、頭越しに怒られたとしても相手の理想通りに物事を進めることができません。

また、顔色を伺いすぎる必要もないので、「相手が機嫌が悪いのは他人のせい」くらいの気持ちで、あなたがどうにかしようとする必要はないということを覚えておきましょう。

 

ネガティブ思考である

ネガティブ思考であることは、自分は弱い人間であるとアピールしていることと同じであり、ネガティブ思考な人は自分を責めてしまう、すぐに他人に頼ってしまうなどの特徴が見られがちです。

さらにぞんざいに扱われることで、ネガティブの負の連鎖に陥った結果、ぞんざいに扱われたことを相談したつもりが、これが次は嫌われる原因となるのではないか…との不安が頭をよぎり、被害妄想で自分は嫌われているとの思い込みに繋がっていきます。

捉え方を変えて、「ぞんざいに扱われる今が変われるチャンスである」とか、「違うグループでは受け入れられている」などの捉え方をすることで、ネガティブ思考でぞんざいに扱われる自分を変えていくことができます。

 

自己開示が苦手

自己開示とは、自分のありのままの情報を伝えることであり、無口で喋らない人が遠巻きの対象となったり、警戒心が強く自分の情報を伝えない人ほど好かれにくいのは、自己開示が苦手なことが原因であります。

ページ:
1 2

3

4

コメント

    • 内緒のビーナッス
    • 2017年 11月 29日

    はじめまして?になるのかな?

    ひどいー。いじめられる人の共通点のところでも読んだけど。
    他人と同じレベルにまで上げろとか言われてるけど、それ、極度にどうにも出来ない人には死ねといっているようなものですよー。
    どちらにしても、人間以外の生物にもありがちなことですが、自然界の生物は弱いものは早いうちから排除されて当たり前なので、私みたいなのが今まで、無理やり生きて残ってきたこと自体が罪なんですけどね。ほんとに生きててごめんなさいって感じ。

    まぁ努力すれば何とかぎりぎり生き残れはするということは誰よりもわかっています。しかしその努力をするにしても他人の100倍以上かかる人間からすれば、その努力の先で死ねといわれているようなものではないですか?では私がこの先、まともに働けるようになるためにはあと30年近くかかりますね。

    はい、私は何をするにも極端にドンくさくて万年いじめられっこでした。いまでもいじめられてますとも。そんで持って今は運だけで生き残って、寄生虫という立場を何とか勝ち取ってかろうじて生きている人間のお荷物が私です。(卑屈すぎる言い方で申し訳ないです。)限られた時間の中で努力すれば何とか普通のレベルに追いつける人がうらやましくて仕方ありません。もし次どうしても生まれ変わるらなきゃいけないのなら、普通なことが出来るようなまともな人間に生まれ変わりたいです。一番の望みは人生がここまでつらいなら、二度と生まれ変わりたくないというのが希望です。ちなみに一応いっておきますが、特殊学級に行かないといけないという問題は親曰く全くなかったらしいです。それでいて普通のこと同じようについていけということは周りのレベルに合わせていくのはとてもじゃないけど難しいことなんです。それにね、一度クラス全員から、総叩きにされたからにはそこから抜け出すことなんてたやすいものではありません。そうなるとまずその状況から抜け出すことが一番大切で、努力をする以前にその問題を解決しないことにはいくら努力しようとしたって、邪魔はされるものなんですよ。(あ、あと転校するのは無理でした。親の考えを変えることは難しかったし、そこまで簡単に転校が許される時代ではなかったので。)

    のろまな子に「早く!」とせかすことは本人にとって地獄でしかないということは私にはよくわかります。そういわれたところで人よりも体の動きが器用ではないので体がうまく動かないのですから、すぐに動けるはずがないのです。「早く」といわれ、あせってやれば失敗する確率だって多くなるので、どんくさい子にとって見れば適当にこなせば何とかできることなんて夢のまた夢なんです。他の人よりはるかにレベルが低いということは同世代の子供社会で生きていくには本当につらいものありましたよ。高校生になってやっと自分よりはるかにレベルの低い学校に入って追いついていけれるようになったぐらいです。

    最後に。ここのコラムにはいいこともたくさん書いてあって大変感動しながら読んでいましたが、どうしてもそこだけは引っかかりました。おそらく私の気持ちなんて、あなた自身が私と全く同じ人生を3歳までさかのぼってやり直してもらわないと気持ちは判っていただけないとは思いますので、これ以上言ってもどうにもならないということもわかってます。ただ、ここを読んでみていろいろ参考になったことも多かったので、これからも素敵なコラムをたくさん書いてほしいなとは思います。いろいろお話聞かせてくれてありがとう。そしてここまで読んでいただいてありがとう。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP