うざい客の特徴6つ

人生で一度でも接客業をしたことがある人なら、一度はうざいと思う行動や言動を体験した人は多いでしょう。

世の中にはいろんな人がいて、誰しもが気持ちのいい態度で接してくれるわけではありません。

お客さんという立場を利用して、偉そうな態度をとる人は全国に腐るほどいます。

そこで今回はうざい客の特徴をご紹介していき、もし自分が客の立場になった時に、こうなってはいけないという特徴を知っておきましょう。

お金を投げたりありがとうを言わない

ありがとうというのは、飲食店では育ちが良ければ普通に出てくるものです。

そこでありがとうと言えないのであれば、育ちが悪いか、ただ単に嫌われ者である可能性が高いです。

コンビニでもどこでもそうですが、必要以上のサービスを受けているのに対し、当然のように偉そうに接してくる客は店員がイラッとする客の1人です。

またお金をじゃらつかせて投げるように渡すのもNG行為です。

これは旗から見ていてもマナーが悪いです。

誰もが思う、うざっと思われる客ですね。

 

聞き直すとキレる客

よく声が小さかったり、滑舌が悪くて言葉が聞こえにくい人がいます。

またはただ単に聞き取れなかった場合、通常は失敗しないために聞き直すのが接客業の基本ですが、時にはそれが原因でキレる客がいます。

高校生や大学生であれば、コンビニでタバコの番号を聞き直すとキレられた。

飲食店であれば、メニュー再確認をすると早くもってこいとキレられるなど、聞き直すとキレられるあるあるは多くの人が経験することです。

聞き直したくらいでキレる人の心理というのは、ギャンブルに大負けしてイライラいていたり、仕事でストレスがたまっているなど、主に金銭的か精神的な原因がほとんどです。

そういった客にあたったのであれば、しょせんは器の小さな人間だ、あんな人間にはならないでおこう、という気持ちの入れ替えで処理してしまうのが一番です。

 

しつこく何度も聞いてくる客

〇〇はできませんと答えているのに対し、無理な理由を聞いて来たり、何度も無理なの?という質問は非常に人をイラッとさせます。

これはセールス電話や訪問も同じで、何度もしつこく電話や訪問をされても迷惑なだけです。

人から低評価を受けないためには、どんなことに対しても加減が必要です。

質問もいき過ぎると嫌われてしまいますし、メールやlineでもしつこく何度もするとストーカーという扱いを受け、嫌われてしまうのです。

 

電話しながらレジに来る客

スマホをいじりながら、電話しながらレジに進んでくる客もうざい客の特徴の1つです。

もちろんこれは人によりますが、店員が親切に質問をしても電話に夢中で無視。

またはゲームなどに夢中で無視する客。

そもそもこのような態度は失礼ですし、何より日本人がイラッとしてしまう行動でしょう。

さらに電話やスマホに夢中になってしまい、後ろに長蛇の列ができていてもマイペースを崩さないという行動は非常に迷惑です。

もう少し周りのことも見て、今自分がどういう立場にいるのか理解してからレジに進みましょう。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP