うざい客の特徴6つ

人生で一度でも接客業をしたことがある人なら、一度はうざいと思う行動や言動を体験した人は多いでしょう。

世の中にはいろんな人がいて、誰しもが気持ちのいい態度で接してくれるわけではありません。

お客さんという立場を利用して、偉そうな態度をとる人は全国に腐るほどいます。

そこで今回はうざい客の特徴をご紹介していき、もし自分が客の立場になった時に、こうなってはいけないという特徴を知っておきましょう。

スポンサードリンク

お金を投げたりありがとうを言わない

ありがとうというのは、飲食店では育ちが良ければ普通に出てくるものです。

そこでありがとうと言えないのであれば、育ちが悪いか、ただ単に嫌われ者である可能性が高いです。

コンビニでもどこでもそうですが、必要以上のサービスを受けているのに対し、当然のように偉そうに接してくる客は店員がイラッとする客の1人です。

またお金をじゃらつかせて投げるように渡すのもNG行為です。

これは旗から見ていてもマナーが悪いです。

誰もが思う、うざっと思われる客ですね。

 

聞き直すとキレる客

よく声が小さかったり、滑舌が悪くて言葉が聞こえにくい人がいます。

またはただ単に聞き取れなかった場合、通常は失敗しないために聞き直すのが接客業の基本ですが、時にはそれが原因でキレる客がいます。

高校生や大学生であれば、コンビニでタバコの番号を聞き直すとキレられた。

飲食店であれば、メニュー再確認をすると早くもってこいとキレられるなど、聞き直すとキレられるあるあるは多くの人が経験することです。

聞き直したくらいでキレる人の心理というのは、ギャンブルに大負けしてイライラいていたり、仕事でストレスがたまっているなど、主に金銭的か精神的な原因がほとんどです。

そういった客にあたったのであれば、しょせんは器の小さな人間だ、あんな人間にはならないでおこう、という気持ちの入れ替えで処理してしまうのが一番です。

 

しつこく何度も聞いてくる客

〇〇はできませんと答えているのに対し、無理な理由を聞いて来たり、何度も無理なの?という質問は非常に人をイラッとさせます。

これはセールス電話や訪問も同じで、何度もしつこく電話や訪問をされても迷惑なだけです。

人から低評価を受けないためには、どんなことに対しても加減が必要です。

質問もいき過ぎると嫌われてしまいますし、メールやlineでもしつこく何度もするとストーカーという扱いを受け、嫌われてしまうのです。

 

電話しながらレジに来る客

スマホをいじりながら、電話しながらレジに進んでくる客もうざい客の特徴の1つです。

もちろんこれは人によりますが、店員が親切に質問をしても電話に夢中で無視。

またはゲームなどに夢中で無視する客。

そもそもこのような態度は失礼ですし、何より日本人がイラッとしてしまう行動でしょう。

さらに電話やスマホに夢中になってしまい、後ろに長蛇の列ができていてもマイペースを崩さないという行動は非常に迷惑です。

もう少し周りのことも見て、今自分がどういう立場にいるのか理解してからレジに進みましょう。

 

トイレを荒らす、嘔吐を処理しない

トイレの便器を汚したり、時には男性の小便の便器に大きい方をする人もいたりします。

このような非常識な行動を起こした場合、処理するのは店員なのです。

さらにトイレを汚されていると、次に利用した人さえもイラッとしてしまうでしょう。

また床に嘔吐をしたのにもかかわらず、自分で処理せずに店員に処理させる人も最悪な客です。

人の嘔吐を気持ちよく掃除した、なんて人はこの世の中に存在するでしょうか?

お客様という立場ですが、自分でしてしまった失敗は自分で処理しましょう。

 

割り込みする客

これはコンビニではほとんどありませんが、和菓子屋や百貨店などでよく見られる光景です。

確かに進物を包むのは時間がかかりますが、先にお会計を行うのは最初に来た人であり、後からやってきた人は後からが常識です。

しかし後からやってきたのに「早くして」とせかしたり、「先払うから」と言い出す人は間違いなく店員を困らせますし、自己中な人でしょう。

内心は「もう少し待てよ!」と思っていても、お客様ですからうざい客でもにっこり笑って「あちらさまが先なので…」というしかないのです。

また、割り込みのような非常識な行動を平気でする人は、店員に対しても強気で自分の非を認めようとしない人が圧倒的に多いです。

非常に自己中心的な性格の持ち主といえるでしょう。

 

飲食店の店長が語る【こんなうざい客】

36歳コンビニ店長

コンビニにはクレーマーがつきものですが、今までで一番悪質でイラッとしたのは「万引きする大人」です。万引きの常習犯でやっと捕まえることができたのですが、自分はしていないの一点張り+お前殺したろか、俺様は客だぞ?底辺の仕事は大変だな、などの悪口ばかり。しまいには自分は悪い関係の仕事をしているなどと脅してきて、謝罪は一切しませんでした。警察に突き出しましたが、後日謝りにくるどころか再び皮肉を言いに来たときは、少し殺意さえ芽生えました。

37歳寿司職人

お寿司屋さんというのは大人のお客さんが多く、子供が少ないのでイラッとすることは少ないです。私が一番イラッとした瞬間ですが、「嘔吐をしたのにもかかわらず、被害者ぶる大人」です。まずトイレでは無くて人前で嘔吐するということは非常に迷惑でしたが、それに加えて嘔吐を自分で処理せずに「口が気持ち悪い、水下さい」という発言にイラッとしました。周りにも迷惑をかけておいて、一番最初に語った言葉が水下さい。そして次の取った行動は、自分の汚れた服のみを綺麗に掃除するという行動でした。マナーとしては最悪であり、あり得ません。さらに気分を害されたお客さんが返金を求めてくるなど、つくづく最悪な一日でした。

44歳レストラン店長

レストランではクレームや嘔吐など、嫌なことは毎週のように起こります。中でも一番のうざいは「食べ終わりにクレーム」をつけてくる人です。髪の毛が混じっていたとか、料理が不味いから変えてくれとか、返金を求めてくる人など、とにかくうざさを覚えます。基本的には口答えせずに上手に対応しますが、中には調子に乗ってさらに要求をしてくる人もいました。次の日に腹痛になったから病院代をよこせとか、店の料理が原因で体調を崩したから3日分の給料を渡せなど。本当に事実なのであればもちろん迅速に対応しますが、ほとんどは嘘です。この手のクレーマーとの戦いは精神的にも疲れるので、ほんと勘弁。

 

うざい客にあなた自身がならない自覚を持ちましょう

ここまでうざい客の特徴7つと、店長が語る【こんなうざい客】をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

こう考えてみるとうざい客というのはかなり多いようにも思えます。

中にはプライドが高いがゆえに、お客さんにイラッとしてしまうこともあるでしょう。

そういった人は、自分のプライドが高いことが原因なんだということを理解する必要があります。

うざいと思ったからイライラするのではなくて、時には自分にも非が無いのか?原因を追究してみることも大事ですよ。

また、「うざい先輩の特徴」もセットで読んでみましょう。

なぜこの記事をオススメするのかといえば、後輩は先輩に対してあまり思ったことが言えません。

つまりあなたが気づいていないだけであり、あなたはうざい先輩と思われている可能性があるからです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP