晴れ女になる方法5選〜克服するにはコツが必要!

「習慣を変えると言っても、それがなかなか難しいんじゃ…」と思う方もいるでしょうが、これは小さな変化で構いませんので、何か1つ小さな習慣を変えてみましょう。

例えば、嫌いな物をあえて食べてみることはいつもと逆のことをすることになりますが、この時に同時に「これで悪い流れを断ち切ることができる」とか「晴れ女になることができる」と強く思い込んでみましょう。

こうして強く思い込むことで、古い気を外に出して新たな気を取り入れることができるため、悪い流れがいとも簡単にガラリと変わってしまうのです。

他にも、部屋の掃除をしてみるとか、自分磨きをしてみるなどでもいいので、とにかく日常の習慣を変えて強く思い込みましょう。

晴れた日に積極的に外に出てみるなどの方法も、晴れ率が高くなる=自分は晴れ女であると思い込めるため、おすすめです。

ちなみに心理学者の植木先生も同じことを発言していて、運がいい人や成功者ほど思い込む力が強く、運がいいと思い込むことで成長に繋がったり、楽観主義になれることができるそうです。

 

過去の傾向から決めてみる

ここからは現実的な話となりますが、数ヶ月先の旅行や大事な用事の日にちを決める際には、天気予報の過去10年や30年の傾向から晴れる確率が最も高い人を選んでみたり、台風が最も来ない確率が高い日を選んでみましょう。

大事な日には雨や曇りが多いと思うあなたは、過去の傾向や台風の傾向などのデータを重視したことがあるでしょうか?

例えば沖縄であれば、12月が最も洪水量が少ないのに対して、9月は約1.5倍物洪水量が観測されているため、9月に沖縄旅行を選択することは自ら雨女を選択しているようなものです。

晴れる確率が高い日ばかりを選ぶことができれば、自ずと晴れ女であると思い込めるほどの晴れ日に遭遇するはずです。

 

3回以上晴天予想日に外出

3回以上当てはまることは、人の脳を錯覚させる魔法の数字となり、あなたも晴天日に3日連続旅行などに出かけることで、「自分は雨女ではない」とか「晴れ女かもしれない」という気持ちに浸ることができます。

人の脳は自分の仮説があった時に衝撃的な出来事や、重要なことのみが記憶されていき、「自分は雨女だから雨かもしれない…」という不安が的中した時には、長期的に脳に残ってしまうのです。

こうした心理を「確証バイアス」と呼びます。

また、他人から雨女であると断言されると信じ込んでしまい、雨を経験するという誰でも当てはまることを指摘されることは、「バーナム効果」によって信じ込んでしまうのです。

これを覆して自分は晴れ女であると思い込ませるためには、3回以上晴天日に旅行に出かけるなどの手段が最も手っ取り早いです。

例え過去5回連続で雨を経験したとしても、最も新しい記憶が3回連続で晴天であったとすれば、誰もが自分は雨女を卒業できたと思い込むことができるのです。

故に、晴れ女になるためには晴天日を3回連続かそれ以上を経験してみましょう。

 

ちょっと待った!雨女は浄化の神様がいる証拠かも?

邪気を浄化する龍神様

スピリチュアルな世界では、自然霊が4つのタイプに分けられ、雨をもたらす神様は龍神様に当てはまります。

龍神様は雨や嵐を操る自然霊であり、雨をもたらすことであなたの邪気を浄化してくれることに加え、病気などの悪いものから守ってくれると言われています。

ちなみに雨や嵐を操るほどの力を持つ神龍様は、自然霊の中でも最高級に位置する神様であり、雨女かもしれないという人は、神龍様が守ってくれている可能性を考えると、むしろ雨女であることは誇りであると考えることもできます。

もしも虹を見る確率が周りよりも高かったり、頻繁に虹を目撃するのであれば、それはあなたに神龍様が付いているサインかもしれません。

神龍様はひっそりと隠れることもなく、虹を見せることで自分に存在をアピールするとされているからです。

「自分は雨女だからダメ女だ…」と思い込んでしまうよりは、神龍様に守られている特別な存在であるなどと思い込む方が、心理的メリットもたくさん見られることは間違いないので、捉え方を変えてみるのも自分のためになると断言しておきます。

 

変化を起こさなければ、何も変わらない

いかがだったでしょうか。

ページ:
1

2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP