危なっかしい女性の特徴10選〜恋愛傾向とは?

こうしたドジでおっちょこちょいな性格の女性の中でも、対処した後に「面倒に感じさせないこと」が危なっかしい女性の重点となり、かわいげがあり守ってあげたいと思われることは、その後の対処や普段の態度が良いことが関係しているのでしょう。

普段からニコニコ笑って返事をしたり、ミス後に素直にきちんと謝ることができたり、一生懸命取り組む女性は、ミスをしても許されやすいという傾向が見られます。

それもそのはずであり、普段から愛想なしで真顔の女性か上記のような女性であれば、かわいげがある女性の方が許してあげようと思えることは、当たり前でありますし、危なっかしいけれどかわいげがある女性は、相手を笑顔や元気にすることが得意な女性であるのです。

 

頼まれたことをすぐ忘れる

頼まれたことをすぐに忘れてしまうのも、おっちょこちょいな女性の特徴に当てはまり、悪気なく本当に忘れてしまっている女性に対して、呆れてしまう人もいれば、それが可愛いと感じる人もいます。

例えば普段女性からチヤホヤされなかったり、頼ってもらうことがない男性は、すぐ忘れる女性であれば要件を再確認するなどの手間がかかるため、これが自分は頼られているという錯覚に陥ることがあります。

危なっかしいけれど手間が迷惑だと感じず、むしろ頼られることで喜びを感じるのは、危なっかしい女性特有の魅力であるとも言えるでしょう。

頼られたいとか自分の存在を認められたいという欲求が溜まっている男性ほど、こうした女性に男心をくすぐられ、すぐに落ちてしまうことも。

 

メンヘラ女である

メンヘラ女はかまってちゃんであるため、何か事件が起こるたびにSNS等で自分の存在をアピールすることで、多くの男性から気遣うコメントをたくさんもらうことができます。

このタイプは寂しがりでたくさんの人にかまってほしいという気持ちが強いので、例えばブサイクであっても返事を返すこともありますし、知らない人でも返事を返すことがあるため、メンヘラ女に恋心を抱いている男からすれば、まさに危なっかしい女であるのです。

もしもあなたにとって高嶺の花である女性が悩んでいて、遊び人と評判な男とSNS上でやり取りをしあっていたとすれば?

それはまさに放って置けない女性となり、あなたは何らかの方法で高嶺の花に警告したり、守ってあげないとという気持ちが芽生えることでしょう。

 

キャパオーバーしがち

危なっかしい女性は真面目で一生懸命である一方で、一人で頑張ろうとキャパオーバーをしてしまうため、周りに迷惑をかけたり、一人で何とかしようとする姿が好評を得ます。

この一生懸命な姿ことが、どこか放って置けない女性であるとの評価を高める一方で、キャパオーバーはミスやパニックを起こす原因としても有名です。

つまり一人で頑張りすぎることは、おっちょこちょいやドジである性格と結びつきやすくなるため、キャパオーバーしがちな女性ほど危なっかしい女性である確率は高くなります。

 

子供っぽくて小さなことは気にしない

子供っぽくて小さなことは気にせず、常にポジティブでいられる女性ほど危なっかしい女性と評価されやすく、大人は子供に対して冷静に器が大きい一面を見せようとする心理傾向が見られますが、これと同じような心理が女性にも働きます。

子供は無邪気で可愛らしいものですが、子供っぽい女性も無邪気であるという共通点が見られ、さらに自分の方が上の存在だと確認しやすいことから、男のプライドをくすぐる他、自分が常に優位でい続けれるような気持ちに浸ることができるため、このタイプは大人の男性からモテやすいです。

逆を言えば、子供っぽい女性は大人の男性を狙うべきであり、パパ活をする女性が10代の若い女性である理由は、こうした男心をくすぐる子供っぽさが残っていることも関係しているのです。

子供っぽい一面が残る危なっかしい女性ほど、恋人が保護者のようになってしまったり、周りが保護者のようになってしまいやすい特徴が見られます。

 

このタイプは3つの恋愛傾向がある!

本音を話し合える関係

天然な女性は危なっかしい女性の特徴であるわけですが、このタイプは裏表がない性格であるため、しっかりと本音を話し合えたり、誰にでも同じ態度で接することができるため、疑うことなく信頼できる関係を築き毛やすいです。

一方で天然すぎることで相手をイラッとさせたり、心の狭い男性には笑えないと酷評されることもあるので、こうした人とは相性が悪くなると考えられます。

 

保護者と子供のような関係

危なっかしい女性の恋愛は、年の差恋愛をしているカップルによく見られるような傾向が見られやすく、年上の男性がまるで父親のような注意をたくさんして、年下の女性がそれを嫌うケースです。

ページ:
1

2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP