パワハラ上司の特徴10選

しかしここまでならいい上司ですが、その後、「こんなに言っても分からないのか、お前馬鹿か!」などという罵声を浴びせるようになれば、ただのパワハラ上司になってしまいます。

指導なのか、罵倒なのか判断できなくなった時点で上司はパワハラ上司になってしまうのです。

 

とにかく休みを嫌う

パワハラ上司はとにかく休みを嫌い、例え育休であろうが、持病の悪化であろうが、休むということに関しては酷く嫌います。

ですから休むということが分かった瞬間に、態度を激変させていじめの対象にしたり、過酷な仕事しか与えられなくなるのも、パワハラ上司の特徴の1つです。

どんな状況でも働くことが正義だと勘違いしている、古い人間であるともいえそうです。

 

はだかの王様

パワハラ上司は、まさにはだかの王様状態です。

オレが一番偉いんだ!とカン違いしている上司という特徴があります。

酷い上司である場合は、相手を怒鳴ったりするのは日常茶飯事であり、暴力や無理な量の仕事を押し付けたりする上司も過去にはいました。

ここで肝心なのは、これが悪意があるかどうかという点です。

逆にその人はもしかすると不器用なだけで、そうでしか部下にあたることができないだけかもしれません。

もしも悪意があるのであれば、それは立派なパワハラであり、訴えることも可能といえます。

パワハラ上司にあたってしまったら、会社の組み合いなどに相談すると良いでしょう。

 

上司の機嫌で発言が変わる

上司の機嫌で発言が変わるといった行動は、立派なパワハラです。

もしもそのような上司に困っているのでしたら、はいはいと弱い自分を演じる必要はありません。

時と場合によっては、機嫌が直るまで我慢するのではなく、無視するくらいの対応をとってもいいのかもしれません。

 

自分の意見が言えない

自分の意見がいえない上司が、外部から大量の仕事をもらってきてしまうというのも一部、パワハラ上司と言えます。

その負担は部下にのしかかってきますし、上司は上司で何もしない、見ない、聞かない状態…

これは無言のパワハラと判断する弁護士もいます。

さらに、部下の残業が重なっても何も言わないというのは、まさにパワハラを極めた上司といえそうです。

そんな上司を持つ部署はまとまりがなく、チームワークに欠けてしまっているという特徴や共通点が見られます。

 

被害者のリアルな声も参考にする

26歳最悪だったさん

パワハラ上司と二年間共に仕事をしてきましたが、我慢の限界で辞めてしまいました。理由は、上司の「都合のいい押し付け」や「自分を馬鹿にするような発言の日々」、「偉そうな態度」に殺意を感じたからです。最後に会社のお偉いさんに相談をし、【お前が嫌いだからやめる】とパワハラ上司に伝えたところ、喧嘩になりましたが、すっきりして退社することができました。

28歳頭おかしいのかな?さん

ページ:
1

2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP