ドタキャン癖は病気か?心理的特徴が酷すぎる。

見分け方としては、片付けが苦手で汚部屋である事の他、計画を立てることが苦手である、長時間座ることができない、注意不足でミスやドジが多いなどの特徴が見られた場合は、ADHDかもしれないと疑ってみるべきです。

はっきり言って、本当にADHDかどうかを見分ける方法は専門家でないと難しく、素人が日々の細かな言動のみで確実に断定することは難しいですが、「そうした障害があるかもしれない」と頭の片隅に置いておくだけでも、ドタキャンされたり遅刻された時に「まぁ仕方ないか。」と思えるきっかけと作ることができます。

長い期間付き合いを続けた友人であれば、少しおかしいという部分に気づくことができるでしょうが、付き合いを始めてまだ期間が浅い人の場合、これを見抜くことは非常に困難であるため、頭の片隅に入れておくだけでもイライラを回避できたり、ストレスを抑える対処法として使うことができます。

 

毎回許したり、優しくする必要はない。

ドタキャン癖がある人やドタキャンが多い人に対して、毎回のように優しくする必要はありませんし、あなた自身も付き合いを変えてみるべきかどうかを真剣に悩む必要があります。

ドタキャンを平気でできるような人は、優しくすればするほどに甘えてきますし、つけあがることでどんどんと対応が酷くなっていきます。

そんな人と付き合いを続けたところで、有限である時間がどんどん減っていくだけですし、あなたの身体に悪影響を及ぼすストレスを溜めるだけです。

あなたが最も有意義に時間を使ったり、楽しい1日を終えるためには、我慢ばかりが必要な相手とは必要以上に約束する必要もないですし、こうしたいい加減な性格との関係を続けることは、あなたが悪影響をもろに受けてしまう立場となるだけです。

そんなあなたは、「ぞんざいに扱う人の特徴や扱われる原因20選」を読み進めることで、ぞんざいに扱われてしまう原因がはっきりと分かることでしょう。

ページ:
1 2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP