深酒の心理と対策方法7選〜多幸感に逃げない方法とは?

例えば、一週間でビールは7本以上飲まないこと。深酒は金曜日と土曜日のみOKとすること。などの目標が明確になれば、あとはそれに向けて行動を起こすのみです。

と言いたいところですが、それだけでは実際に目標を達成できる人は少ないことでしょう。

目標を確実に達成するためには、「自分がどうなりたいのか?」「目標達成することで、何か得るものがあるのか?」という先の部分を見ることが大事であり、深酒しないことであなたがどう変わるのか?または幸せになれるのかどうか?という未来をリアルに想像することが重要となります。

深酒が続くことでアルコール依存症や、仕事に支障が出るかもしれないという不安がある人は、自分がこの生活を続けることの未来をリアルに想像できている証拠であり、「あなたが明るい未来を歩むためにはどのような未来が明るいのか?」ということを一度リアルに想像してみてください。

また、目標が明確にできたのであれば、それを完璧にこなすことばかりにこだわるのではなく、8割達成できればOKくらいの気持ちで取り組むことで、自分自身を楽にする環境作りが可能となります。

 

お酒以外の付き合いを考える

深酒してしまう人は「自分がコントロールできていない」現状があるわけですから、お酒以外の付き合いを考えてみる必要があります。

例えば、ジムに通ってみる、ランニングを始めてみる、お酒を飲まない人との付き合いを深めるなど、お酒以外の付き合いを一度真剣に考えてみることで、深酒してしまう生活習慣を変えることができます。

深酒を繰り返すことは、人間関係や身体的健康、精神的健康に害が及びやすいことは明らかなので、自分のためにも付き合いを考え直し、他の楽しみも知ることで深酒の回数を減らすことができるはずです。

 

他の現実逃避を実行する

深酒は現実逃避の一種なわけですから、他の現実逃避を行い、不安や緊張から逃れれば良いのです。

簡単に誰でもできる現実逃避としては、以下の方法を参考にしてください。

  1. 旅行に出かけてみる
  2. 派手に遊ぶ日を週の間に1日だけ決める
  3. 体を動かす。スポーツなどがおすすめ
  4. カラオケやナイトクラブに通う
  5. 映画鑑賞やアニメ鑑賞で別世界を楽しむ
  6. お酒以外にお金を使う

基本的に現実逃避は一人で行うものであり、一人で別世界に入り込むことがポイントとなります。

最初は誰でも不安が伴うものですから、慣れるまで知人と行動を共にするのも良いですし、知人の趣味に誘ってもらうのもありです。

マイペースに現実逃避ができる何かを見つけることができれば、あなたは深酒だけに依存することなく、頼れる逃避方法を選択することができるわけですから、自然とアルコール摂取量を減らす結果が得られるのです。

 

無理に止めない、自分を責めないこと

「お酒をキッパリやめよう!」という、出来もしない目標を立てることはNGであり、今まで頼ってきたお酒をキッパリやめることはリスクが伴いますし、何よりそう簡単に止められるわけがないのです。

上記でお伝えした3つの対処法を実行することで、自然とお酒に依存する自分を変えていくことができるので、お酒をいきなり止めようなんて無謀なチャレンジはおすすめできません。

そしてもう1つ重要なことは、「深酒してしまう自分を責めないこと」であり、目標を明確にして7割クリアできた週があったとしても、「自分は情けない人間だ」なんてネガティブ思考になってはいけません。

そんなことよりも、「どこがいけなかったのか?」という反省をしっかりとすることが重要であり、「なぜ自分は目標をクリアできなかったのか?」という原因をしっかりと追求してください。

何度も同じミスをしてしまう人や、計画性がない人の特徴でもある「反省をしないこと」は、同じミスを犯してして成長できない人であります。

ネガティブ思考に陥ることは、自己嫌悪が強くなる原因であるため、自己嫌悪が強くなると深酒が止められなくなったり、止めようと思えなくなる悪循環に陥ってしまいやすくなるリスクを上げるので、何事も良い方向に捉える意識を持ちましょう。

 

アルコール依存症のヤバさを知る

ここでは、アルコール依存症により家庭が崩壊した人のリアルな声や、1000人以上の患者を見てきた医師の声を届けていきます。

ページ:
1 2

3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP