動物好きな人の心理と性格傾向まとめ

もちろん、野生の動物が人間を襲うこともありますし、ペットの本能が目覚めて人を殺してしまうケースも稀にはありますが、これは弱肉強食の世界であったり、本能であるため仕方がない部分もあります。

基本的に動物は、どれだけ醜い人間であっても優しく接してくれますし、自分が心を開けば動物も心を開いてくれるものです。

人間の場合、いじめや仲間外れなど、酷いことを平気でしでかすのに対して、動物はそのようなこともしませんし、ペットに関しては常に自分の味方でい続ける存在となってくれます。

傷ついたり落ち込んだりした時に、そっと優しく側にいてくれる動物の優しさなどを経験した時に、動物が大好きになったり、動物は自分の味方でいてくれることに気づかされる瞬間となることでしょう。

また、人間に裏切られて動物に癒された人にとっては、人間嫌いで動物好きである人もいるほどです。

 

動物好きな人の性格傾向とは?

動物=家族と捉えることができる

動物好きな人の家にペットが来たとすれば、動物=家族と捉えることができたり、恋人のようなパートナーとして動物を可愛がることができ、しっかりと愛情を注ぐことができます。

逆に動物嫌いな人の場合は、動物=怖いとか、動物=汚いという感情を抱いていることからも、なかなか動物と接触することができなかったり、家族どころか厄介者として捉える傾向にあります。

こうした捉え方の違いから、動物好きな人ほど優しいと思われやすく、動物嫌いな人ほど冷たいと思われることに繋がっていくのでしょう。

動物好きだから必ず優しいとか、動物嫌いだから必ず冷たいということは有りえないですが、世の中には動物好き=良い人という風潮が強いために、計算高く動物好きをアピールする人もいるほどです。

動物好きな人の家にペットが来たとすれば、どんな動物であってもまずは興味を持ち、喜びが込み上げてくる気持ちになれることこそが、動物好きに見られる性格と言えるでしょう。

 

動物に懐かれやすい

動物好きな人は動物に好かれやすい性格にあり、動物が警戒心を持たない方法や、警戒心を強めてはいけないことを理解しているため、自然とリラックスした状態で動物と接することができます。

逆に動物嫌いな人の場合は、警戒心を持つことでその気持ちが動物に伝わり、嫌われたり威嚇されやすいのですが、こうした人は動物に好かれない原因を理解していないのか、または改善することができないために、いつまでたっても動物嫌いを払拭することができません。

動物も自分を守る能力が発達していることから、自分に対して優しくしてくれる人や、冷たくされる人の違いが何となく分かってしまうために、動物好きな人ほど動物に好かれやすい性格であると言えます。

経験がものを言うと例えられますが、まさにこれが良い例となるでしょう。

 

動物は自分の味方だと思える

動物好きな人の多くは、ペットを飼っていたり、動物に救われた経験があることから、動物は味方になってくれる存在であると思える性格の可能性が高いです。

例えば、ペットに感情移入したことで寂しい毎日が劇的に変わったとか、人間ではうまくいかない関係もペットならうまくいくなど、過去の経験から動物は人間の敵になる心配はないと考え、可愛いものや癒されるものであるというポジティブな捉え方ができます。

これが動物嫌いな人の場合は、動物=害を与える存在だとか、襲われるかもしれないなどのネガティブな捉え方をするため、遠くで見つめるのが精一杯となってしまいがちです。

野生の動物は危険であることに間違いない一方で、動物園や人の買うペットにまでこうした感情を抱かれることは、動物好きも良い思いはしませんよね。

 

感情移入できるかどうか

動物好きな人は動物に対して感情移入することができ、動物が喜ぶと自分も嬉しくなったり、動物が悲しむと自分も悲しくなってしまいます。

これは動物が怯えた時に見せる仕草を知っていたり、動物に愛くるしい感情を持っていることが理由と考えられ、どんな動物であってもふとした仕草が可愛いと感じたり、悲しむ仕草を見ることで涙もろくなるのは、まさに動物好きな人が感情移入している証拠です。

感情移入とは、自分は経験したことがないから分からなくとも、自分の身になって考えた結果生まれる感情なので、「〇〇な理由があって辛いのだろう」などの様々な感情が生まれるのは、動物に対して感情移入していることになります。

これが動物嫌いな人の場合は、そもそも動物の立場に立って考えようとも思えなかったり、興味がそれほどないことからも、感情移入ができにくいのです。

こうした感情移入の違いからも、動物嫌いな人ほど冷たいと言われる原因を作っているのかもしれません。

 

恐怖心に打ち勝つことができる

動物好きな人の中にも、ある一定の動物だけに恐怖心を持っていたり、あまり得意ではないという感情を抱く人もいます。

ページ:
1

2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP