一緒にいて落ち着く人の特徴や魅力15選【完全版】

感受性が高い人は、相手の気持ちを読み取る能力に優れているわけですから、あなたが落ち着きたい時には、そうなるようにしっかりと対応できる力があるはずです。

故に、自分の気持ちばかりを押し付ける無神経な人とは違い、ホッと相手を安心させ、無言でも大丈夫だと思わせる力が見られやすいです。

 

高く評価してくれたり、褒めてくれる存在

自分のことを高く評価してくれたり、褒めてくれる存在はとても貴重であり、人は自分という人間を認めてくれる人を好きになりやすく、好意を抱きやすいことが分かっています。

誰でも自分を認めて欲しいという欲求が存在し、その欲求を満たしてくれる人を求めている良い例が、あなた自身が他人に褒められたいと強く思っていることにあります。

高く評価してくれたり、褒めてくれる存在は決してあなたの敵ではないわけですから、ありのままの自分を見せることができたり、安心感を得ることができることからも、一緒にいて落ち着く人だと感じやすいのです。

特に普段から不安を抱えがちな人ほど、褒めてもらったり一緒にいることでその不安を解消し、安心したいと思う気持ちが強いです。

その結果、いつも側にいてくれる人ほど落ち着きを感じたり、支えてもらえる恋人として恋心が芽生えやすい傾向が見られ、恋人依存してしまうのがこのタイプの特徴です。

 

聞き上手で話しやすい雰囲気を作れる

聞き上手な人ほどモテやすく、人気者となりやすい特徴がありますが、実は聞き上手で話しやすい雰囲気を作れる人ほど、一緒にいて落ち着く人であるとも言えるのです。

なぜなら、話しやすい雰囲気を作れる人は相手が心を開きやすく、様々な不安や悩み事を聞くことができます。

その結果、どんどんと心を開くようになっていき、一緒にいたいと思える存在に認められることで、二人の距離感は急速に縮まります。

いつでも不安や不満を聞いてくれる人は、話す側にとって心の拠り所の1つとなるため、つい頼ってしまう魅力的な人であるのです。

誰にも話せないような不安や不満も相談できる相手ともなれば、一緒にいて落ち着く存在として、あなたが全面的に心を許していることでしょう。

 

心と体の距離が近い人ほど安心しやすい

あなたが一緒にいて安心できる人は、車の助手席に乗っても全く違和感を感じない人であったり、横に座られても嫌な思いはしない相手なのではないでしょうか。

そう質問した理由は、一緒にいて落ち着く人ほど親密な人であることが関係しており、人は親密な人ほど物理的距離も近くなり、むしろ近くにいたい存在であると感じやすいことにあります。

カップルが良い例であり、カップルは街中でも手を繋いで物理的距離をわざわざ縮めますが、これは不愉快に思う距離感(パーソナルスペース)が小さいことにより、真横にいても不愉快に感じないことが原因です。

一緒にいて落ち着く人も同じく、あなたにとって不愉快に感じる範囲が小さいために、比較的近くにいても不愉快に感じず、むしろ落ち着いてしまうことになります。

嫌いな人を思い出してみると、物理的距離が近づくごとに、あなたはとても嫌な気持ちになるはずです。

 

嘘や裏切りの心配がない

一緒にいて落ち着くということは、あなたの秘密やありのままのあなたを知っても、裏切ったり逃げたりする人物ではないと捉えている証拠であり、嘘をつかれる心配なども比較的低い人が、不安や不満を強めない人であるはずです。

こうした人は包容力がある人とも表現され、嘘や裏切りはないと安心感を与えることができるからこそ、人は包容力があるとの判断に繋がります。

逆に口が軽く噂話が好きな人ともなれば、怖くて怖くて自分の情報を口にできなかったり、そもそもありのままの自分を見せることは難しくなります。

誰でもそうですが、裏の顔が怖い腹黒い人に対して、安心感なんて抱くことはできないのです。

 

非言語コミュニケーションの活用が上手い

人と関わるのが上手だったり、相手に心開かれやすい人の特徴は、3つのスキルが高い人であるとされており、これを社会的スキルと言います。

社会的スキルの3つには傾聴スキル(相手の思いを的確に受け止めるスキル)、自己主張スキル(自分の思いを的確に伝えるスキル)、対人葛藤処理スキル(感情的にならないスキル)であり、3つ全てが合わさった人は、他人から信頼されやすく、話を的確に受け止めてくれるに加えて感情的にらない態度などからも、一緒にいて落ち着きやすい人の特徴に当てはまります。

ページ:
1

2

3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP