【酷い】非協力的な人のゲス過ぎる心理と対処法について

さらに相手が何か頼みごとをしてきた時にでも、キッパリと断ってしまうことが必要で、相手に嫌われてしまう不安を抱くよりも、そもそも付き合いを続ける必要がない人物であると言い聞かせ、前向きに捉えてみましょう。

例えば、「非協力的な人と付き合わないことで、自分のストレスは軽減される」、「付き合わないことで、面倒を避けることができる」など、自分にとって前向きになれる捉え方ができれば、断ることに罪悪感を覚えることもありません。

嫌なことは嫌だと伝えることは、これから先の人生でも絶対に必要となるスキルでありますし、今からその度胸を鍛えておくと考えるのも、ポジティブな捉え方ですね。

あまり好きでなかったり、諦めてしまっている相手に対しては、諦めることによるメリットを探し出すだけでなく、捉え方を変えることを忘れないように。

 

【結論】自分の利益に夢中なことは、孤立の始まり

いかがだったでしょうか。

嫌われる人の性格面での特徴には、自分の利益ばかりを追求するような人が当てはまり、ケチであったり、打算的な性格、自己中心的な性格などが共通点です。

自分一人の力で稼ぐことができたり、人間嫌いな人であれば、孤立することもデメリットは少なくなりますが、人生はどこで何があるか分かりません。

だからこそ、周りに協力するという協調性は大事であり、協調性がない人はどんどんと孤立していきます。

そもそも周りの迷惑を考えないで行動する人は、自分はよくとも他人を不愉快にしてしまう人であるだけに、注意してくれる人がいなければ、いつまでも自分が難ありの性格である事実に気づけないことでしょう。

これは他人事ではなく、あなた自身も注意しなければいけない悪循環で、人は誰しも自分を客観的に見ることを忘れがちです。

人のふり見て我がふり直せという言葉があるように、悪いことは素直に改めることは、誰しも必要な意識であると言えるでしょう。

また、「常識のある人と常識のない人の違い16選」もセットで読むことで、あなたがいかに常識人で、非協力な人がいかに非常識な人であるかを理解でき、怒りを共感することですっきりとした気分に浸ることができるので、是非読んでおきたいおすすめページとなります。

ページ:
1 2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP