クズ人間の特徴と意味15選〜性格傾向とは?

こうした人が、会社内でクズ人間だと噂となることは何も珍しいことではなく、実際の日本社会でも利益を横取りする人や、楽をしてより多くの実績を奪い取ろうとする人は存在します。

このタイプの心理には、「自分が第一優先である」という本音が隠れており、自分にとって最も合理的で得する選択をすることで、自分だけが良い思いをすればいいと本気で思っているタイプです。

だからこそ、小さな労働で大きな利益を求める人には近寄るべきではなく、あなたの努力が全て無駄になったり、良い結果を半分横取りされてしまうことに、繋がりかねない性格の持ち主です。

他人が見えない部分で努力したことを横取りするようなものですから、まさにろくでもないカス人間とも言えそうです。

 

弱い者に強く、力で支配する

弱い者に強い人は、DVやパワハラを繰り返す人以外にも、何もできない赤ちゃんに対して虐待を繰り返したり、子供に対して八つ当たりを繰り返すなど、自分に反抗できない弱い者をターゲットとすることで、やりたい放題な日々を送ります。

こうした人が虐待の末に子供を殺したともなれば、大型掲示板まとめサイトなどで一斉に「クズ」と表現した記事を作り、多くの人が怒りをコメント欄等に書き込む光景をよく目にします。

弱い者に強く出る人は、日々の生活で強者に対してペコペコと頭を下げたり、無職で何もできないカス人間が多く、これは過去に起こった子供を虐待死させたニュースを振り返れば、一目瞭然です。

こうした人はサイコパスと表現されることも多く、サイコパスは実際に様々な凶悪事件を起こしてきた、カス人間と呼ばれるにふさわしい人物でもあります。

目下の者に威張る人は、権威主義的パーソナリティとも考えられ、内面の弱さを隠すために支配できそうな弱い人を選び、都合のいいように威張ることで相手を服従させ、常に自分が優位に立とうとする凶暴な一面を持ちます。

 

弱い人に近づき、騙す典型的クズ

弱い人に近づく人の良い例が、詐欺師や悪徳商売をする人にあり、こうした人は騙せそうな相手や気の弱い相手を厳選して、自分たちのいいように話を持ちかけ、相手が断ろうが強引に契約書にハンコを求めます。

こうした人が怖いのは、イエスと言わせるまで帰さないことや、恐怖で支配することで洗脳してしまうことにあり、洗脳されることで大金を失った芸能人は後を絶ちません。

また、立場が弱い人に最低とも取れる契約を持ちかける人もたくさんいて、売れないモデルに対してアダルトビデオの出演を強制的にさせたり、出演したにもかかわらず出演料がもらえないなど、こちらも絶えることのない芸能界の闇として有名です。

このタイプは、自分の利益のためなら非常になれることや、相手が可哀想に思う気持ちなど少しも感じない情の薄い人に多く見られ、相手の気持ちに鈍感だからこそ、こうしたクズ行為が平気でできてしまうわけです。

自分に楯突くものは許さない支配者タイプで、権力をいいことに圧力をかけ、精神的に弱らせてしまうこともしばし見られます。

 

非を認めず正当化する

自分の非を認めることができない人は、言い訳ばかりすることで自分を正当化し、自分が悪くないことを必死に証明する人でありますが、こうした人が嫌われる理由は、これだけにありません。

自分の非を認めない人は、そもそも失敗した原因を自分にあるとは感じておらず、むしろ環境やその場の状況のせいにしてしまうことから、責任転嫁することで他人に責任をなすりつける、卑怯な人間です。

こうした人は、プライドが高すぎたり防衛本能が強い、素直に謝罪できないなどの特徴が見られますが、どれも小さい人にありがちな愚かな行動であり、失望されるきっかけを作ってしまいかねません。

もっと酷いクズ人間ともなれば、非を認めず悲劇のヒロインを演じることで、多くの見方をつけて自分が正しいことを押し通そうとしたり、権力者に頼るなど、タチが悪い行動を起こすことで、相手を困らせてしまいます。

素直に非を認めればいいものの、大勢で一人の人間を潰そうとする考えには、まさにクズがお似合いといっても過言ではありません。

非常識バカの見分け方こちら→「常識のある人と常識のない人の違い16選

 

理不尽なことで怒り、要求を通す

自分の要求が通らないと怒り、怒りをぶちまけることで自分の要求を通そうとする人は、悪質クレーマーによく見られる心理です。

性格面での特徴としては、自己中心的であったり、我が強い人に見られやすく、甘やかされて育った人にもよく見られる困った性格です。

このタイプがクズと呼ばれる理由は、自分のわがままを通したいがために相手にキレることで、自分の意見を無理矢理にでも通そうとし、自分にとって最も都合がいい案件を通すことで、他人に大きな不利益や負担となることです。

一人っ子でわがままな子供を例に挙げると分かりやすく、こうした子供はキレることや駄々をこねることで、自分の要求を通そうとする狙いがあり、噓泣きをすれば意見が通ることを理解しています。

子供であればまだしも、大人になってもこのような手段をとっているようでは、周りを不愉快にさせてしまう一方なのです。

ページ:
1

2

3 4 5

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP