クズ人間の特徴と意味15選〜性格傾向とは?

世の中には動物嫌いな人もたくさんいますが、だからと言って虐待する必要はありませんし、動物が苦しむ姿に心を痛めない人は、まさに冷酷者で情が薄い証拠とも言えるでしょう。

ペットを虐待する人は苦しむ姿に何とも思わないわけですから、人に対しても同じ感情を持ち、あなたの苦しみを理解できない危険な人物であるかもしれません。

 

クズ人間は逆ギレが多い

「理不尽なことで怒り、要求を通す」では、キレることで意見を通すと述べましたが、逆ギレが多い人は事実との矛盾を解消するために、怒りをぶつけることで自分を正当化しようとする人です。

例えば、浮気の常習犯であるクズ人間がいたとして、こうした人は浮気は悪いことだと理解している一方で、自分を正当化したい気持ちが強く、モヤモヤした気持ちになってしまうわけですが、このモヤモヤを吹き飛ばすために、逆ギレを選択します。

他にも、脱税した人が取り押さえられる瞬間を捉えた映像では、よく脱税者がキレることで自分を正当化し、払えないなどとバカな主張を通そうとする光景を目にしますが、これも同じく逆ギレするしか本人には逃げ道がないのです。

こうした逆ギレする人のタチが悪い一面は、本人も逃げきれないことを理解しており、相手を納得させれないことに薄々気づいていることにあり、全ては自分を守るための行動こそが、逆ギレとなります。

反省するどころか反撃してくるんですから、クズ人間ほど逆ギレしてしまうような、小さな人間が多いのも納得です。

 

揚げ足を取ることで、優位に立つ

クズ人間は揚げ足を取ることで自分を優位な位置に立ち、相手の弱さを攻撃することで自分が有能であることをアピールしたり、相手よりも能力が高いことをアピールします。

こうした人の厄介な一面は、相手の評価を落とすためには手段を選ばないことにあり、例えば嘘で固められた噂話を流してしまったり、影でバカにすることで有能さをアピールするなど、あなたにとって有害な人物となることは間違いありません。

また、性格傾向としては基本的に他人を見下し、見下すことで自分の有能さを証明するので、自分よりも有能な人物に対して敵対心を持ち、自分の負けを認めれない情けない一面も見られます。

これらは小心者や劣等感が強い人に見られる特徴であり、他人が共感していないことに気づけないのは、自分をアピールすることで精一杯となっている証拠です。

こんな人と一緒にいても楽しいはずもなく、少しのミスも見逃さない面倒な一面は、時としてクズ人間と評価されるのです。

 

自分に甘く他人に厳しいクズ人間

クズ人間は必ず自分に甘く、他人に厳しい人物であるはずです。

なぜなら、自分が大好きで自分に甘いにもかかわらず、他人には厳しいという、非常に都合がいい人間であるからこそ、クズ人間だと表現されるほどバカにされてしまうわけです。

このタイプは自己愛が強すぎる人に多く見られ、成功すると自分の力が優れているけど、失敗すると他人のせいにしてしまう傾向があるため、絶対に近寄るべき人物ではありません。

日頃から自分の能力を過大評価しがちな、うぬぼれ人間に多く見られるタイプと言えるでしょう。

また、「自分大好き人間なんだ」くらいに思っておけば、真剣に相手にする必要もなくなります。

 

【まとめ】クズとカスには近寄らない徹底を

いかがだったでしょうか。

クズ人間が厄介者で近寄るべき人物でない理由が、特徴を理解することで明確になったかと思います。

これは他人事ではなく、あなたが反面教師として捉えるべき人物であると覚えておいてください。

火の無い所に煙は立たぬと言われるように、クズ人間やカス人間と呼ばれる人は、それなりにヤバい一面を持っている確率が高いです。

だからこそ、評判の悪い人はどんな人であっても、警戒心を持って接することで自分自身を守り、人を見極める能力ともなり得ます。

相手をクズだとあなたが思った場合も同じで、そんな人物は相手にしないことが、あなたにとって最もメリットが多い対処法となることは間違いありません。

また、「関わってはいけない人の特徴20選〜これには絶対近づくな!」もセットで読んでみませんか?

こちらは色々な意味で”ヤバい”と評価されがちな人物像をピックアップした、危険人物特集となっています。

ページ:
1 2 3

4

5

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP