夫婦円満な人によく見られる特徴

実は離婚する人の割合は2組に1組と言われている現在、どんな夫婦でも夫婦円満でいるのは並大抵の苦労ではないと思います。

実際に、結婚1に対して離婚は0.35という数値が出ています。

これにバツイチやバツ二も合わせていけば、結果的に半分近い割合で離婚するそうです。

タイトルの通り、夫婦円満な人の特徴とは一体どこにあるのでしょうか。

しっかり学んでこれからの人生の役に立てたいものですね。

スポンサードリンク

相手の話をしっかり聞く

第一にこれがしっかりできていなければ、夫婦円満とは言えません。

一方的に話をするばかりで、相手が親身になって聞いてくれなければその話はそこで終わってしまいます。

次に話す時も、話す気にもなりませんよね。

そして無言の仮面夫婦状態になって、いずれ離婚ということになりかねないのです。

聞くではなく、相手の心の声に寄り添って聴くことが大切だと言われています。

 

その場で怒りをぶつけない

その場で怒りをぶつけてしまう人は、よく口喧嘩をしてしまう人です。

お互いがイラッとしても、その場で怒りをぶつけるのではなくていったん時間を置くようにする夫婦は、衝突も少なくて夫婦円満だと言われています。

もちろんこのような夫婦は不満を普段から言い合っているので、我慢しているのではありません。

我慢してばかりの夫婦の場合は、いずれ我慢の限界がきて爆発してしまいますし、何より身体的な健康に悪影響を及ぼします。

嫌な事はしっかりと相手に伝え、イラッとしても少し時間をおいて話し合える関係を築いていけるとベストです。

 

二人だけのスキンシップを続ける

スキンシップがない夫婦は、冷め切った夫婦であり、離婚率が非常に高いというデータが出ています。

例えば、付き合っていたころから耳かきをしてもらっていたのであれば、結婚後もそれを定期的に続けましょう。

月に1度は一緒にお風呂に入る約束をしていたのであれば、結婚後も必ず月に1度はお風呂にいる。

他にも彼女の眉毛を抜いてあげるや、彼氏にマッサージしてあげるなど、カップルによっていろんなスキンシップがあるかと思います。

あなた方もカップルのころにしていたスキンシップ、またはこれから新たに二人で作ったスキンシップを定期的に続けてみましょう。

スキンシップが無くなると、仮面夫婦の始まりと思っていいでしょう。

 

家事の分担をする

共働き夫婦が多い時代で、家事分担をしていない家庭はかなり少なくなっており、円満な家庭を築いていくためには、これをして欲しいと思うことをまず旦那さんに伝えましょう。

手伝いたいけど何をしたらいいか分からないという男性も多いですし、手伝おうと行動に出て邪魔者扱いされるパターンも非常に多いです。

そういう場合は女性からこれをして欲しいと頼むと、旦那さんはきっと手伝ってくれますから、そうなることで共同作業ということで夫婦円満な人の特徴と繋がります。

共同作業を意識的に増やしてみるのも夫婦円満で過ごしていける、大事なコツの1つなのです。

 

異性として見てもらえる努力

夫婦になった途端に男女ともに見た目に手を抜いてしまい、魅力的に見えなくなってしまうことはよくあることです。

例えば女性の場合なら、脇毛の処理をしない、外出で化粧を全くしなくなった、体型がまるっきり変わってしまったなど。

やはりいつまでも女として見てもらわなければ、夫婦円満で一生を終えることは難しいでしょう。

逆に男性の場合でも、急激にお腹が出たり、髪型がおっさん化してしまったり、ファッションがおっさん化してしまったり。

こういった結婚後の急激な変化は、お互いに異性としての魅力を感じなくしてしまう原因の1つとなっています。

お金をかけなくてもお洒落をすることはできますし、髪型だって年相応のお洒落さんが必ず存在します。

その人のマネをしてみるなりの少しの工夫で、同じ料金でも魅力的に見せることは可能ですから、こういった少しの工夫が大事になります。

 

寝室は一緒に

夫婦円満な人の特徴と言えば、寝る時は一緒というのはもう有名ですね。

寝る時に一緒であれば、ケンカした日の夜も寝る場所は同じです。

どちらかが必然的に謝ることができる可能性があります。

もちろん、そのままふてくされて寝てしまうこともあるでしょうが、朝起きた時隣にいるのですっかり怒りを忘れてしまった、ということも夫婦間ではよくあることです。

 

お高いに尊敬し合っている関係

女性の場合は特にですが、尊敬できる部分が無いと好きになれないという人は多いです。

結婚後もやはり尊敬できるかできないかの部分は重要であり、尊敬できないと感じた瞬間に熱が冷めてしまうことはよくあることです。

男性の場合も同じで、やはり尊敬できるパートナーを持った方が相手をいつまでも好きでいれる可能性は高まるのです。

あなたはどうでしょうか?

尊敬される自分で入れていますか?

もし尊敬される自分でなかった場合は、それは異性としての魅力がなくなってしまっている証拠です。

 

上手に束縛をすること

束縛が激しい場合は、間違いなく仮面夫婦になってしまう原因に繋がりますが、全く束縛が無い場合も同じです。

そこで大事になるのが上手に束縛をすることです。

上手に束縛をするというのは、時には嫉妬心を相手に見せてみるのもそうですし、誰と一緒にいたかをたまに聞くのもいいでしょう。

そうすることで自分が相手に対して「愛がある」ことを伝えている証拠になり、日々の会話を増やすことにもつながります。

大事なことはやりすぎない事です。

上手に束縛をすることで、必ず相手に愛があるということを伝えれるはずです。

 

非日常を取り入れてリフレッシュ

また、非日常を取り入れてリフレッシュすることも夫婦円満な人の特徴です。

それは大きなことでなくても良いのです。

ただどちらかの実家に帰って、義理の父母と過ごす時間を持つだけでも非日常となります。

もしかすると義母や義父に会うのは気兼ねしてイヤだという女性もいるかもしれませんから、その場合はデートとして2人きりで出かけてみるようにしましょう。

恋人同士だった若い頃の時間を取り戻すこともできますから、一層夫婦円満な時間を過ごすことができます。

子供がいる場合はおばあちゃんなどに預けて、2人きりでデートするのが非日常で刺激的なので、夫婦円満な人であると言えますね。

またプレゼントの贈りあいもサプライズで行うなど、色々チャレンジしてみたいことはあります。

どれも非日常的なことなので、新しい自分や相手を見つめなおす機会となります。

 

夫婦円満で居続ける努力をしよう

円満な夫婦というのは必ずなにか1つは秘訣が存在するはずです。

結婚相手は育ってきた環境も違いますし、見てきた景色もあなたと違います。

ですから考え方も違いますし、価値観も違うはずなのです。

何もせずに円満で居続けることは、不可能といっても過言では無いくらいに難しいことなのです。

本当に夫婦円満を夢見るのであれば、少しの努力を続けるということが大事です。

継続は力なりですよ。

また、「モラハラ妻の特徴と対処法」もセットで読んでみましょう。

最近ではモラハラ夫よりもモラハラ妻が増加傾向にあり、夫が精神的苦痛を訴えて裁判を起こすケースが増加傾向にあります。

あなたの家庭はどうでしょうか?

知らず知らずのうちにモラハラ妻になってしまっていた、というケースは非常に多いので気をつけておきたいものです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP