レベルが低い人と高い人との決定的違い16選

 

目標が明確か無計画か

きちんとした目標を持ってそれに全力疾走ができる人は、目標を達成するまでに襲いかかる様々な問題を乗り越え、そうした経験からどんどんと自信がついたり、実力をつけることができるため、レベルが高い人になりやすいです。

逆に無計画であったり目標がない人は、今が楽しければそれでいい人であるため、今はよくとも将来的に生活に困ってしまったり、いい職が決まらないなど、なかなか私生活でも変化を見せることはありません。

本気でプロ野球選手を目指す人か、適当に野球をして過ごしている人かを比べてみても、本気でプロ野球を目指す人は自分にも厳しく、様々な苦労と困難を超えなければならないことは、誰にでも想像できることでしょう。

何か一つに夢中で目標を持ったり、それに向かって本気で立ち向かうことができる人は、自然とレベルが高いと評価される能力を身につけ、それが自信にも繋がりやすいのです。

 

楽な道を選ぶか辛い道を選ぶか

レベルが低い人は常に楽な道ばかりを選択してしまうために、小さな労力で大きな利益を得ようとしたり、楽な道を選ぶことで抜け出せなくなり、無職でい続ける人もいるほどです。

基本的に楽な道ばかりを選ぶ人は、他人の力で自分をどうにかしてもらおうとする気持ちが強く、ヒモ男やヒモ女、不正な生活保護を受けている人など、辛い道を選択しないことで楽ばかりしようとします。

人は面白いことに、一度楽を覚えるとそちらばかりを優先して、辛い道を選択しにくい心理が働きやすく、楽な道ばかりを歩むことは成長を止めてしまう原因そのものです。

もちろん厳しい道を行けとか、現実逃避をするなどと言うつもりはありませんが、辛い道を選択したからこそリスクが伴い、その代わりに大きな成長や経済力を手にすることができるのです。

 

劣等感を力に変えるか嫉妬のままか

劣等感には大きな力があり、その力を良い方向に活かせる人が大きく成長することは、アドラーの心理学で有名な話ですが、劣等感は大きなモチベーションと変わったり、自分を魅力的にさせるきっかけとなることが多いです。

劣等感を良い方向に変えることができる人は、仕事でライバルに負けないようにエネルギッシュになれたり、魅力的になるために大きなダイエットに成功するなど、劣等感が大きなパワーに変わることは、あなたの日常生活でもしばし見られることでしょう。

しかしながら、この劣等感を負の力に変えてしまう人もいて、暴力や見栄っ張りなど、負の方向に変えてばかりではレベルが低く、こうした人は強い劣等感を抱えたままであるために、自分の成長に繋げることがなかなかできません。

また、劣等感を負の力に変える人は、暴力など社会貢献しないことに変わる力となりやすく、正の力に変えれる人は社会貢献に繋がるともアドラーは述べています。

※関連記事「立派な人や素晴らしい人の特徴20選

 

継続する力があるかないか

自分のレベルを上げるためには継続する力があるかどうかも重要で、成功者は継続することで実力をつけていき、大きな利益を生むことに成功します。

筋トレが分かりやすい例で、筋トレを一週間本気で取り組むよりも、一定量を週に数回コツコツとトレーニングできる人の方が、長い目で見ると大きな差が生まれます。

継続することで自分をコツコツと成長させることで、それが高いレベルのステージへと導き、継続できない人ほど器用貧乏と呼ばれたり、結局はライバルに大きな差をつけられてしまうレベルの低い人となってしまうのは、あなたの周りを見ても一目瞭然であるはずです。

 

良い環境に身を置くかそのままか

ぬるま湯に浸かるとも表現されますが、ダメな甘い環境に身をいつまでも置いていても、人間レベルが上がるわけでもなく、むしろダメな部分を認め合ってしまうレベルが低い原因となりかねません。

類は友を呼ぶと言いますが、ダメな環境にい続けることはダメ人間にとってはとても居心地がよく、自分の悪い部分を全く指摘しないどころか、むしろ褒めたり共感してくれるグループ内にいることは、ストレスがたまりません。

レベルが高い人は自らそうした環境を捨て、レベルが高い環境で自分を高める気持ちを持つことで、どんどんと高いレベルの良い部分を吸収することができます。

さらにレベルが高い環境に身を置くことは、自然と意識も変わっていくために、それが当たり前な環境に変わることで、嫌でもレベルが高い人間に近づいていくことは、心理学の実験などでも実証されている、自分のレベルを上げる最も簡単な方法の1つです。

 

すぐ行動するか口だけか

いつも口だけ人間は、口にしたことと実力や実績が伴わず、立派なことは口にするけど何もできない無能な人など、とにかく何の役にも立たない人のことを言います。

ページ:
1 2

3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP