ブラック企業の特徴と実態

ブラック企業というものを耳にしたことはあるでしょうか。

休めない、帰れない、仕事が膨大でプレッシャーがかかりすぎている…など。

ブラック企業の特徴は、社員を使い捨てのように扱っているという点でしょう。

自殺や過労死したケースも少なくないのが実態ですが、世間知らずな人はブラック企業だとは知らずに就職して、うつ病になってしまうケースも多いようです。

そんなブラック企業の実態について調査してみましょう。

ブラック企業の実態とは?

日本人は真面目で勤勉なので、多少のブラックなら我慢する人も多いようですが、それが原因でどんどんとブラック企業へと会社は発展していってしまうようです。

あまり自分の意見を言わずに、黙々と働く日本人はブラック企業の対象にされやすいのでしょう。

そんなブラック企業の実態ですが、ハローワークで紹介された企業が実はブラック企業だったということは珍しくありません。

生産工場のノルマが必要な会社や、営業職など、いろんな職種でブラック企業は存在するのです。

 

ブラック企業大賞を参考にしてみる

ブラック企業大賞という大賞が毎年8月に行われており、結果は以下の通りです。

2012年大賞・東京電力株式会社

2013年大賞・ワタミフードサービス

2014年大賞・株式会社ヤマダ電機

参照:ブラック企業大賞

このように、一見大企業と思われる企業でもブラック企業というのは存在し、このような企業は人の入れ替えが激しいというのも特徴的です。

いつでも求人を出しているような企業は、ブラック企業の可能性を視野に入れておきましょう。

あなたは両親から大企業大企業と言われ、安定を求められてきたかもしれませんが、もうそんな時代はとっくに終わりました。

大企業でもブラック企業は存在し、さらに大企業でも大幅な人件費削減が行われる時代です。

そんな時代ということをしっかりと頭に入れておき、何も大企業にこだわらなくてもいいんだということを知っておきましょう。

 

この会社はブラック企業かもと感じた人の割合

一度でもこの会社はブラック企業かも…という風に感じた人の割合はどれくらいの割合だと思いますか?

意外と多くの人がブラック企業だと感じており、多くの人が辞めている傾向にあるようです。

※一般人500人を対象にした、「ブラック企業で働いたことがある人の割合」

・働いたことがある(301人)

・働いたことが無い(199人)

働いたことがあると答えた人の方が多く、中でもこんな声が最も多く聞かれました。

【働いている時はブラック企業だとは感じなかった】

なぜ感じなかったのかといえば、昔のマクドナルドはブラック企業と言われており、内部告発により大きなニュース沙汰となりました。

今では改善されましたが、このように一部の人が過酷な扱いをされていた会社で働き、自分は過酷な扱いをされていなかったので、気づかなかったという人が多いようです。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP