末っ子の性格面での特徴10選

 

甘えることに抵抗がない

末っ子は甘え上手な部分があります。

長男、長女が生まれてしばらくしてからの子供なので、その時期から長女や長男より下の子の面倒を両親が見るのが当たり前になります。

長男や長女は、妹や弟ができたことに嬉しさを感じて、色々と(余計な)お世話を焼いてくれるのですが、末っ子にはそのような体験をすることができません。

ですから甘え上手になるのも分かりますね。

人に頼ったりして甘えるのが上手で、もっと具体的に言えば、自分でできないからお願いと頼むのが上手なのです。

社会に出てもアドバイスをもらったり、書類のチェックをお願いしたりするところも末っ子の特徴の1つです。

自分で調べるというよりは、教えて下さいと直接上司に言う傾向が強いようです。

 

めんどくさがり

末っ子は可愛がられるがゆえに、周りがなんでも動いてくれるので、結果的にめんどくさがりとなってしまう傾向が強いです。

というよりも、家ではなんでも家族が動いてくれると勘違いしているケースもあり、これは育て方に問題があります。

長男・長女がしっかり者であればあるほど、末っ子がめんどくさがりになる可能性が高いようです。

また親がほいほいと動いてしまう家庭ほど、めんどくさがりな子供に育つ傾向にあります。

 

末っ子はわがまま

そもそも末っ子は何故わがままと言われるのでしょう?

それは両親の子育てに原因があります。

一番初めに生まれた子は両親からすれば貴重な勉強の材料となりますし、一人目ということで大変重宝もされます。

一番丁寧に育てられるのは第一子なのです。

しかし二番目、三番目となってくるとやり方がある程度分かってきますから、手の抜きどころというものを知ってしまいます。

つまりいい意味で雑に育てることができ、ある程度のことではビックリしたり病院に駆け込んだりしません。

そんな風に育てられた末っ子は自由にのびのび成長し、いつも可愛がられて育ったので、わがままになってしまう傾向が強いです。

 

負けず嫌い

末っ子は負けず嫌いとしても有名ですね。

うまく歩けなかったり、自転車に乗れないという頃から負けず嫌いの性格が現れて、すぐにお姉ちゃんやお兄ちゃんに追いつこうとします。

また遊びの場面でも負けると悔しがる姿がよく見られます。

母親のメイクの真似をしたがるのも、何かを真似るということが末っ子には特徴としてあげられます。

仕事でも同僚には負けたくないという意識が強く、闘志を燃やして仕事に熱中するという末っ子も多いようですね。

 

いくつになっても甘えん坊

たとえ結婚をしても親の前では甘えん坊で、上手に甘えます。

ページ:
1

2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP