【若いママが羨ましい…】その心理や理由とは?

職場でも同じで、若い女性であれば多少のミスは目をつぶってもらいやすいですが、歳をとれば厄介者扱いされたり、仕事ができない人であるなどのレッテルを貼られることも、現代社会ではよくあることです。

もちろんこれは男性でも同じですが、若いママである方が周りは寛容に受け入れやすく、多少のドジやミスであっても許してもらえたりすることは、とても羨ましいことです。

よくネットなどでは、「私はブサイクだから関係なかった…」と嘆く人もいますが、それでも若いことを理由に、優しくされやすいことは間違いのない事実と言えます。

 

若いママの輪に入れない

これは高齢出産したママさんに見られる悩みの1つで、近所のママが若いママばかりであったり、幼稚園の同級生が若いママばかりであった時などは、やはりその話に入り込むことは非常に難しく、女性は年齢にシビアになりがちです。

若いママ集団からすれば、「そんなの気にしないよ」という答えが出がちですが、そうした人の気持ちは同じ環境に立たないと理解が難しいために、無駄に悩んでしまう人が多くなります。

こうした人が、若いママが羨ましいと思うことは当然ですし、「そんなの気にしないよ」と言われても話に入り込むことは、なかなか勇気がいるものです。

また、時代が違うので話が噛み合わなかったり、気を使いすぎることで相手に気を遣わせてしまうことになるため、漠然とした不安が心の中に残り、ママ友付き合いが消極的になる人もいるほどです。

 

女を武器にできる若さ

若いママは子持ちであっても、女を武器にできることは大きなメリットであり、周りの男性陣から優しい声をかけてもらいやすかったり、万が一離婚しても再婚しやすいのは、年齢が若い女性であるはずです。

ファッション面で言えば、ミニスカやハイヒールを履きこなすことも簡単ですし、性差を強調できるファッションができるのも若いうちだけで、歳をとるにつれて周りからは、痛い人だなどの評価となりやすいです。

特に高齢出産が目立つ今の日本では、子供の迎えにミニスカートでこれることは、もの凄く注目を集めやすいファッションでありますし、これは自分に自信がなければできることではありません。

出産と同時に女として扱われなかったり、見られないことが多くなりますが、若いママは例外に当てはまるケースが多くなるため、優しくされたりチヤホヤされることは、誰でも羨ましい本音を抱くことは普通なことですよね。

 

女のライバルは女である

結局のところ女のライバルは女であり、女性は男性からの評価も気にしなければいけませんし、女性からの評価も気にしなければいけないので、様々な顔を持っている人が多く、人によって見せる顔が違うことを得意とする能力に優れています。

こちらに関しては、若いママが鬱陶しいと思うことにも当てはまりますが、女として若いことで圧倒的に評価されやすい若いママは、おばさま達の嫉妬の対象となることもしばしば。

女性は無意識のうちに、女性としてどちらが魅力的であるかを競っているので、若いだけで高評価をもらえることは、羨ましくないわけがないのです。

女性からも可愛いとか、綺麗であると評価されたい気持ちが強い女性は、若さがあれば多くのことで優れているとの評価に繋がります。

 

【結論】容姿と明るさが必要である

いかがだったでしょうか。

これらの心理は、世の中の残酷さを語るように、容姿と明るさによって評価が大きく変わることは当然で、ある程度の容姿と明るさがなければ、当てはまらないことも。

これを言い換えると、若いからといって必ず羨ましい存在となれるわけではありませんし、これは自分の見せ方が下手な人ほど、若い特権を生かすことができていない証拠とも言えます。

若いママでも羨ましがられるのは、常に容姿がある程度整っていて、さらに明るさがある女性であることは、あなたの周りを見てもはっきり分かることでしょう。

どれだけ若くとも、暗くて表情が真顔なママに対しては、それほど羨むポイントが見られないことは、二度と戻ることのない若さの特権を、自ら手放しているようはものです。

なんでもそうですが、自分に有利に働くことは、使えるうちに使っておく方が、後の後悔もしにくいものですよね。

また、「【世の中顔が全て】それらを証明する16の現実」もセットで読んでみませんか?

美人であったりイケメンに生まれるだけで、世の中どれだけ得することが多いのかを説明した、なんとも悲しい現実と研究結果をまとめた1ページとなります。

ページ:
1 2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP