「インスタ女子が嫌い!」痛いと思われがちな部分18個

「インスタ女子が嫌い!」という声は、ネット掲示板などでもよく見かけますし、何より「インスタに必死すぎてドン引きだわ…」という経験をしたことがある人も、多いのではないでしょうか。

この1ページでは主に、インスタ女子の行きすぎた行動を取り上げると共に、流石に理解できないインスタ女子の痛い一面をまとめていきます。

決して公開処刑するわけではないので、何事もさじ加減が大事である事実を再確認しておきましょう。

「ここが痛い!」インスタ女子の行動とは?

一部のマナーが悪すぎる

よくまとめサイトで話題になるのが、インスタ映えのためにマナー違反を平気で繰り返したり、それが当たり前であるかのように投稿するインスタ女子であり、取り上げられることで炎上することは、よく目にする光景です。

(話題を呼んだ、マナー違反なインスタ映え投稿)

こちらに関しては、マナーよくインスタを楽しんでいる女性にとっても、迷惑極まりない行動であり、インスタバカな女子を嫌いになってしまう要因の1つです。

いくらインスタ映えするからといって、それを当たり前のように堂々と投稿する人の心理には、「他人と違う投稿をして目立ちたい」気持ちが強く、そのためにマナー違反を平気で犯すわけですから、痛いと思われてしまうことは不思議なことではありません。

インスタをしていない人からすれば、こうしたネガティブなニュースの方が頭に残りやすいく、インスタ女子=非常識な人々だという認識に繋がりやすいことも、嫌われてしまうきっかけを作り出します。

 

リア充アピールで必死

インスタの世界は、その一瞬を捉えた写真や動画の世界であるために、どれだけ私生活が満たされていなくとも、リア充アピールをすることで、自分の存在を認めて欲しい気持ちが強い人が多いです。

こうした人は普段から褒められることが少なかったり、または自分の存在をたくさんの人にアピールしたい欲求が満たされておらず、インスタを通じてそうした欲求を解消しようとしています。

そもそも本当にリア充な人は、普段の生活の満足度が高いので過剰なアピールをする必要もありませんし、必死にハッシュタグをつける必要もありません。

中には一人で写真を撮りにいって、デート中であるかのような写真を投稿する人もいるので、こうした人のせいで多くのインスタ女子が、リア充アピールで精一杯であると決めつけられてしまうこともあって、こうした見栄っ張りが嫌いなインスタ女子も多くなっています。

 

目立ちたいが故に嘘をつく

こちらはツイッターに多く見られる投稿で、目立ちたいが故に嘘のツイートを作ることで、たくさんのリツイートを狙う人のことですが、こうした人のことを「嘘松」とネットでは呼びます。

もちろんインスタグラムでも嘘末を投稿する人はたくさんいて、上記で紹介したリア充アピールもそうですし、自分がいい人であるかのような作り話をしてしまう人や、悲劇のヒロインを演じる人など、様々な嘘松投稿がネットでも度々話題を呼びます。

例えば、「さっきお店に入った時に、知らないおじさんに超かわいいって言われたんだけど、なんか嬉しくなかったなぁ。」なんて投稿は、嘘松認定されやすく、こうした投稿が嘘であることは、まさに痛い人との表現が似合います。

また、嘘と分かっていても目立つことに対して嫉妬した結果、インスタ女子が嫌いになってしまった人も中にはいることでしょう。

 

写真だけのために食べ物を購入

写真のためだけに食べ物を購入し、その後は食べずに捨ててしまうツイートが以前に話題を呼びましたが、こうした人は食べ物を平気で粗末にしてるわけですから、嫌悪感を抱かれることも納得です。

(話題となった、写真を撮ってアイスを捨てる投稿)

インスタをしない人からすれば、「そこまでしてインスタ映えの写真が欲しいのか…」と思ったり、インスタをしている人からしても、「そこまで必死にならなくとも…」という本音を抱く人も少なくありません。

「お金を払っているので、文句を言われる筋合いはない」との声もネットでは上がっていますが、インスタ映えのためだけにお金を使うのですから、共感できない人が多いのも当然のことでしょう。

自分がマナーが悪く、平気で食べ物を捨てるようなことをしているのに、「自分はイケてる女だ!」とも思わせる投稿をしている女性に対しては、嫌いや痛い感情が芽生えやすいことを覚えておきましょう。

 

自分が大好きすぎる

インスタは何もインスタ映えばかりの投稿ではなく、中には自分が大好きで、多くの自撮り写真を投稿する人もいて、こうした人はナルシストであることに加えて、自分が大好きすぎる厄介な一面を持ちます。

自己愛が強い人は、自分の評価を周りが抱く評価よりも高く思いがちで、「自分は本当に可愛い」と思い込んでいたり、「自分はアイドルである」かのような投稿が多くなるので、投稿を見た人からすれば、「なにこの痛い人…」という気持ちにさせます。

さらに自己愛が強い人は、ナルシストであるため一見魅力的に見えがちな人も多いことから、インスタグラム内ではある程度有名である人も多く、こうした人は周りがチヤホヤするが故に、ドン引きしてしまうような投稿をしてしまうことも。

リアルな世界では注目されなくとも、インスタの世界では有名人気取りする女性に対して、嫌いになった経験がある人も多いことでしょう。

 

バレバレでも加工が命

「すっぴんを公開しまーす」などと、いかにも自分が有名人であるかのような投稿をするに加えて、明らかに加工している写真を投稿するインスタ女子も、嫌われやすかったり、痛いと思われやすいです。

加工すれば誰でもある程度は魅力的に見せることができますし、そもそもインスタグラムで自分のすっぴん画像を載せる意味が、一体どこにあるのだろう?と疑問に思うほどです。

中には、「不細工すぎるけど公開する」とか、「不細工すぎて辛い〜」などの、投稿する内容と写真が不自然な投稿も見られ、こうした女性の心理には「否定されたい」欲求が隠れています。

つまり、心理学に詳しい人からしても、こうした投稿は痛いと思われやすく、インスタ女子が嫌いになる要因を作ってしまうのです。

※関連記事「無知な人と博識な人の明確な違い14選

 

ポエム調に語る痛さ

インスタでポエム調に語る人も比較的よく見かける投稿で、特徴としては句読点や改行をやたらと使いたがり、自分の考えをまとめて投稿したり、近状報告として投稿することが多いです。

(こちらは画像で表現したポエム)

インスタグラムの場合は、画像よりも「近頃生きてて思うこと。」「自分は恵まれた環境で生きている。」「感謝しよう。」などの、ポエム調の投稿が多く、SNSでは批判の的になることも珍しくありません。

他人が見ていて、最も不愉快に思われやすいポエムの1つは、自分がいかにリア充であるかを証明したポエム調であり、「今日も彼とデートなう。」「笑顔が可愛い。」という投稿は、インスタ女子内でも嫉妬の対象となりやすいのです。

また、インスタ女子の中には、「嫌いや痛い理由は、嫉妬しているからでしょ?」と考える人もいますが、別れてからのことを考えると、周りが見えていない投稿はあまり賢い選択とは言えません。

 

いかにも料理上手アピール

インスタ女子といっても、料理が本当に上手であったり、料理が趣味でそれをインスタグラムに載せる女性もたくさんいて、こうした人に対して、嫌いであったり痛い感情を抱く人は少ないと想定でき、実際にこうした人の投稿は手作り料理の写真ばかりであることが多いです。

嫌われてしまうタイプの投稿とは、普段は全く料理をしなかったり、料理ができないのに、見せ方を工夫してインスタに投稿してしまう女性であり、その手法は様々です。

コンビニで買った料理を皿に綺麗に盛り付けるだけであったり、加工することで綺麗に見せるなど、本来の実力とは遠く離れた作品を完成させてしまうことは、特に女性から嫌われる傾向が強いです。

また、手抜き料理とハッシュタグをつけつつも、明らかに凝った料理を作っている人も、女性陣から不評を集めやすい傾向にあります。

 

何度もストーリー投稿する人

何度も同じ投稿をする人は、人気のインスタグラマーと呼ばれる人がしない行為であり、何度も投稿をしてしまう心理には、「自分達がいかにリア充であるかを知ってもらいたい」気持ちが隠れています。

特に動作も映るストーリーともなれば、自分達の存在をアピールできる絶好のチャンスで、自慢できるチャンスが数少ないからこそ、同じようなストーリーを何度も連発してしまうわけです。

これはインスタ女子からも鬱陶しがられやすく、フォロワーを知らないうちに不愉快にさせてしまう投稿なことに間違いありません。

不愉快=嫌いな感情に繋がることは当然のこと、空気を読めないかのようにストーリーを連投するインスタ女子は、痛い人であるとの表現もあながち間違いではありません。

 

奢ってもらう闇は隠す

綺麗な女性ともなれば、絶景の夜景を背景に高級な食事の風景を投稿したり、またはそこそこ値がする料理をアップするなど、生活レベルが高いことをアピールする人が多くなりますが、こうした女性の腹黒い一面は、「奢ってもらっている」事実を隠すことです。

(上記の画像は、イメージ画像です)

こうした女性の心理は、いかにも自分のお金で食べていたり、常連であるかのような雰囲気を醸し出すことで、他者との違いを強調しています。

他にも「美味しすぎた」とか、「フグとか白子と美味しすぎた」などと、いかにも値段が張る料理の名前ばかり出すことで、よりすごい料理を食べに来ている感を出す投稿も、他者との違いを強調したい気持ちの表れです。

腹黒い女かどうかは、同性である女性だからこそ見破ることができるため、こうした腹黒女に対して嫌いな本音を持つことは、芸能界などを例にしても分かりやすい傾向が出ています。

※関連記事「常識のある人と常識のない人の違い16選

 

内容やハッシュタグと写真が無関係

こちらもネットで話題となりやすい投稿であり、例えば、「今日は天気が凄く綺麗で空が美しい」という投稿をしたとして、コメントからは「空の写真をあげているんだろう」との連想ができます。

しかしながら、写真には自分の顔がなぜか写り込んでいたり、むしろ空は全く映らず自撮り写真のみであるなど、こうした投稿をすることは、インスタ女子内からも痛い投稿だと思われがちです。

内容と写真が全く関係のない投稿は、そもそもインスタ映えしにくいですし、コメント欄でもツッコミが多いなど、インスタ女子からもそれ以外からも嫌われやすい、典型的な嫌われ投稿となります。

 

なぜかいつもキメ顔な写真

自撮りが多いことも、インスタ女子が嫌いな理由と述べましたが、もっと嫌われやすいのは、いつもキメ顔で写真を投稿する人であり、見たからにナルシスト丸出しなアカウントです。

とっても残酷なことに、これが美人やイケメンであった場合は、周りもそれほど不愉快な気持ちとなりにくく、むしろファンができてしまうほどですが、それ以外がしてしまうと、完全に痛い人であると認定されてしまいます。

美人やイケメンであっても、嫉妬心から嫌われてしまうことがありますが、それでも一部の人がファンとなってくれたり、褒めてくれることは、本人にとってもメリットとなるはずです。

しかしながら、それ以外の人は褒められることすら少なく、影でバカにされる対象となりやすいので、それに気づけない投稿を続ける人は、周りの気持ちに鈍感な痛い人であると言えます。

 

自分の写真だけ加工する卑怯者

自分の写真のみを加工することで、周りよりも自分が可愛いことをアピールしたり、むしろ周りが不細工であることをアピールする人がいますが、自分だけの加工は女性が嫌う典型的な行動です。

(中国で話題となった写真。右上の男性に注目)

こうした女性は性格が悪い女として評価されやすく、周りの評価を落とすことで自ずと自分の評価を上げる人がいますが、目的はこれと全く同じである人も必ずいます。

中には、無神経で加工されない人の気持ちを読み取ることができなかったり、自分さえ良ければそれで良し主義な人もいるでしょうが、どちらにしても性格に難があることに変わりありません。

こちらに関しては、インスタ女子が嫌いというよりかは、自分以外を加工しない性格の女が嫌いという表現をすることも、正しい表現となることでしょう。

 

いちいち英語やカタカナを使う

日本語を使わずに、ハッシュタグなどにいちいちカタカナや英語を使う人がいますが、明らかに「お洒落である」とか、「自分はイケてる存在である」ことをアピールするために、出来ない英語を必死で調べて、投稿する人はバカである可能性が高いです。

これは自分に自信がない証拠で、知識が乏しかったり、学歴コンプレックスがあるからこそ、カタカナ語や英語を使うことで、「できる自分」を見せようとしており、本当に賢い人には見られない行動です。

毎回のように英語を調べてインスタグラムに書き込んでいるとすれば、投稿とは裏腹に、なんともダサいイメージが想像できるほどです。

インスタ女子が嫌いであったり、痛いと評価する人の中には、バカですアピールをしていることに気づいていなかったり、バカなのに賢いアピールしていることが気にくわないことで、どんどんと相手の悪い部分が見えてしまう心理状態に陥る人もいます。

 

インスタ内での寒い褒めあい

側から見るとどう考えても、本心で褒めているわけではないことが筒抜けなのに、インスタ内で必死に「可愛い」とか、「凄い」と褒めあう光景に対して、「見え見えの嘘なのに痛い人たちだなぁ。」という本音を持つ人もいます。

これは女性が仲良くするために必要な能力であり、インスタグラム内のことに限ったことではありませんが、多くの人が目にする場所で褒めあいをすることは、バカにされるネタ要素として使われる可能性が高まります。

そもそも上部だけの言葉が嫌いな人や、思ってもないことを口にする人が嫌いな人にとっては、何とも見苦しくてバカらしい光景に見えることでしょう。

 

ブランドや札束自慢

見栄っ張りで自己愛人格障害な人に見られやすい投稿であり、ブランド物や札束を見せることで、自分がいかに有能であるかをアピールし、周りよりも目立つことを第一に考えてる人は、こうした投稿が多くなります。

(典型的見栄っ張りのイメージ画像)

もちろん収入があれば、自分に似合ったブランドを身につけるのもいいですし、好きなものを買えばいいと思います。

しかしながら、中には偽物ブランドを使ったり、他人の札束を借りて写真を撮る人もいて、自分が有能であることを必死でアピールしている人のアカウントには、偽物感を隠しきることができません。

それは必死で自慢したり、拾い画像の高級ブランドを載せるなどの行動によって、「中身のないプライドの塊だな…」などのネガティブ評価に繋がりやすく、それを見抜けいない周りと本人を嫌いになったり、痛い人として嫌悪感を覚えてしまうことは、それほど珍しいことでもありません。

 

ダサいのにコーデ自慢

それほどお洒落でもないのに、コーデ自慢をしている人もよく見かけますが、こうした人は褒められたり認められたい気持ちが強く、インスタ女子特有のコメントが痛々しさを出してしまいます。

例えば、「ポーズはダサいけど、服は可愛い」なんて投稿をしている人がいるとすれば、「自分で言うなよ!」と思う人もいるでしょうし、「いやいや、どっちもダサいです」と思う人もいることでしょう。

お洒落なコーデであれば、参考にする人もたくさんいますし、見ていて引きつけられる魅力が詰まっているので、フォロワーになることのメリットは大きいです。

一方で、フォロワーになるメリットもないダサいコーデ自慢を見ていると、「もう少し周りの評価に敏感になるべきじゃ…」との本音を隠せず、痛い人認定のきっかけとなることも。

 

文章がハッシュタグである

文章を全てハッシュタグで投稿する人がいますが、これはフォロワーを増やしたいとか、目立ちたいなどの必死さが相手に伝わってしまい、何とも気味の悪い投稿となってしまちがちです。

インスタ女子が嫌いな人は、インスタに必死になる姿勢が嫌いであったり、インスタがなければ生きていけないのかと思う姿勢が嫌いであるため、こうした投稿も嫌われやすいです。

人気のインスタグラマーからすれば、「必死なんだな。笑」とライバルを見下し、バカにする材料となってしまうことでしょう。

 

【結論】嫌われるのは必死な人

いかがだったでしょうか。

インスタ女子だから必ず嫌われるわけではなく、インスタグラムを使って必死に自分を表現していたり、自分を良い人に見せるからこそ嫌われてしまうわけです。

中には、インスタ内で人気なことに嫉妬してしまい、嫌いになる人もいるでしょうが、そのような人はインスタグラムを理由に、相手を嫌う理由を正当化しているだけです。

記事の最初でも伝えたように、人生は何事もさじ加減が大事で、目立つと嫌われてしまうのは人の性質であるとも言えます。

インスタ女子としてインスタグラムを楽しみたいのであれば、自分の私生活を満たし、毎日を楽しく生きることこそ、インスタグラムで見栄を張らず生きれる最も有効な方法となることでしょう。

また、「レベルが低い人と高い人との決定的違い16選」もセットで読んでみませんか?

こちらの記事を読むことで、インスタ女子であってもバカな投稿をする人と、しない人の決定的違いが分かるはずです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP