「インスタ女子が嫌い!」痛いと思われがちな部分18個

自己愛が強い人は、自分の評価を周りが抱く評価よりも高く思いがちで、「自分は本当に可愛い」と思い込んでいたり、「自分はアイドルである」かのような投稿が多くなるので、投稿を見た人からすれば、「なにこの痛い人…」という気持ちにさせます。

さらに自己愛が強い人は、ナルシストであるため一見魅力的に見えがちな人も多いことから、インスタグラム内ではある程度有名である人も多く、こうした人は周りがチヤホヤするが故に、ドン引きしてしまうような投稿をしてしまうことも。

リアルな世界では注目されなくとも、インスタの世界では有名人気取りする女性に対して、嫌いになった経験がある人も多いことでしょう。

 

バレバレでも加工が命

「すっぴんを公開しまーす」などと、いかにも自分が有名人であるかのような投稿をするに加えて、明らかに加工している写真を投稿するインスタ女子も、嫌われやすかったり、痛いと思われやすいです。

加工すれば誰でもある程度は魅力的に見せることができますし、そもそもインスタグラムで自分のすっぴん画像を載せる意味が、一体どこにあるのだろう?と疑問に思うほどです。

中には、「不細工すぎるけど公開する」とか、「不細工すぎて辛い〜」などの、投稿する内容と写真が不自然な投稿も見られ、こうした女性の心理には「否定されたい」欲求が隠れています。

つまり、心理学に詳しい人からしても、こうした投稿は痛いと思われやすく、インスタ女子が嫌いになる要因を作ってしまうのです。

※関連記事「無知な人と博識な人の明確な違い14選

 

ポエム調に語る痛さ

インスタでポエム調に語る人も比較的よく見かける投稿で、特徴としては句読点や改行をやたらと使いたがり、自分の考えをまとめて投稿したり、近状報告として投稿することが多いです。

(こちらは画像で表現したポエム)

インスタグラムの場合は、画像よりも「近頃生きてて思うこと。」「自分は恵まれた環境で生きている。」「感謝しよう。」などの、ポエム調の投稿が多く、SNSでは批判の的になることも珍しくありません。

他人が見ていて、最も不愉快に思われやすいポエムの1つは、自分がいかにリア充であるかを証明したポエム調であり、「今日も彼とデートなう。」「笑顔が可愛い。」という投稿は、インスタ女子内でも嫉妬の対象となりやすいのです。

また、インスタ女子の中には、「嫌いや痛い理由は、嫉妬しているからでしょ?」と考える人もいますが、別れてからのことを考えると、周りが見えていない投稿はあまり賢い選択とは言えません。

 

いかにも料理上手アピール

インスタ女子といっても、料理が本当に上手であったり、料理が趣味でそれをインスタグラムに載せる女性もたくさんいて、こうした人に対して、嫌いであったり痛い感情を抱く人は少ないと想定でき、実際にこうした人の投稿は手作り料理の写真ばかりであることが多いです。

嫌われてしまうタイプの投稿とは、普段は全く料理をしなかったり、料理ができないのに、見せ方を工夫してインスタに投稿してしまう女性であり、その手法は様々です。

コンビニで買った料理を皿に綺麗に盛り付けるだけであったり、加工することで綺麗に見せるなど、本来の実力とは遠く離れた作品を完成させてしまうことは、特に女性から嫌われる傾向が強いです。

また、手抜き料理とハッシュタグをつけつつも、明らかに凝った料理を作っている人も、女性陣から不評を集めやすい傾向にあります。

 

何度もストーリー投稿する人

何度も同じ投稿をする人は、人気のインスタグラマーと呼ばれる人がしない行為であり、何度も投稿をしてしまう心理には、「自分達がいかにリア充であるかを知ってもらいたい」気持ちが隠れています。

特に動作も映るストーリーともなれば、自分達の存在をアピールできる絶好のチャンスで、自慢できるチャンスが数少ないからこそ、同じようなストーリーを何度も連発してしまうわけです。

これはインスタ女子からも鬱陶しがられやすく、フォロワーを知らないうちに不愉快にさせてしまう投稿なことに間違いありません。

不愉快=嫌いな感情に繋がることは当然のこと、空気を読めないかのようにストーリーを連投するインスタ女子は、痛い人であるとの表現もあながち間違いではありません。

 

奢ってもらう闇は隠す

綺麗な女性ともなれば、絶景の夜景を背景に高級な食事の風景を投稿したり、またはそこそこ値がする料理をアップするなど、生活レベルが高いことをアピールする人が多くなりますが、こうした女性の腹黒い一面は、「奢ってもらっている」事実を隠すことです。

ページ:
1

2

3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP