「インスタ女子が嫌い!」痛いと思われがちな部分18個

(上記の画像は、イメージ画像です)

こうした女性の心理は、いかにも自分のお金で食べていたり、常連であるかのような雰囲気を醸し出すことで、他者との違いを強調しています。

他にも「美味しすぎた」とか、「フグとか白子と美味しすぎた」などと、いかにも値段が張る料理の名前ばかり出すことで、よりすごい料理を食べに来ている感を出す投稿も、他者との違いを強調したい気持ちの表れです。

腹黒い女かどうかは、同性である女性だからこそ見破ることができるため、こうした腹黒女に対して嫌いな本音を持つことは、芸能界などを例にしても分かりやすい傾向が出ています。

※関連記事「常識のある人と常識のない人の違い16選

 

内容やハッシュタグと写真が無関係

こちらもネットで話題となりやすい投稿であり、例えば、「今日は天気が凄く綺麗で空が美しい」という投稿をしたとして、コメントからは「空の写真をあげているんだろう」との連想ができます。

しかしながら、写真には自分の顔がなぜか写り込んでいたり、むしろ空は全く映らず自撮り写真のみであるなど、こうした投稿をすることは、インスタ女子内からも痛い投稿だと思われがちです。

内容と写真が全く関係のない投稿は、そもそもインスタ映えしにくいですし、コメント欄でもツッコミが多いなど、インスタ女子からもそれ以外からも嫌われやすい、典型的な嫌われ投稿となります。

 

なぜかいつもキメ顔な写真

自撮りが多いことも、インスタ女子が嫌いな理由と述べましたが、もっと嫌われやすいのは、いつもキメ顔で写真を投稿する人であり、見たからにナルシスト丸出しなアカウントです。

とっても残酷なことに、これが美人やイケメンであった場合は、周りもそれほど不愉快な気持ちとなりにくく、むしろファンができてしまうほどですが、それ以外がしてしまうと、完全に痛い人であると認定されてしまいます。

美人やイケメンであっても、嫉妬心から嫌われてしまうことがありますが、それでも一部の人がファンとなってくれたり、褒めてくれることは、本人にとってもメリットとなるはずです。

しかしながら、それ以外の人は褒められることすら少なく、影でバカにされる対象となりやすいので、それに気づけない投稿を続ける人は、周りの気持ちに鈍感な痛い人であると言えます。

 

自分の写真だけ加工する卑怯者

自分の写真のみを加工することで、周りよりも自分が可愛いことをアピールしたり、むしろ周りが不細工であることをアピールする人がいますが、自分だけの加工は女性が嫌う典型的な行動です。

(中国で話題となった写真。右上の男性に注目)

こうした女性は性格が悪い女として評価されやすく、周りの評価を落とすことで自ずと自分の評価を上げる人がいますが、目的はこれと全く同じである人も必ずいます。

中には、無神経で加工されない人の気持ちを読み取ることができなかったり、自分さえ良ければそれで良し主義な人もいるでしょうが、どちらにしても性格に難があることに変わりありません。

こちらに関しては、インスタ女子が嫌いというよりかは、自分以外を加工しない性格の女が嫌いという表現をすることも、正しい表現となることでしょう。

 

いちいち英語やカタカナを使う

日本語を使わずに、ハッシュタグなどにいちいちカタカナや英語を使う人がいますが、明らかに「お洒落である」とか、「自分はイケてる存在である」ことをアピールするために、出来ない英語を必死で調べて、投稿する人はバカである可能性が高いです。

これは自分に自信がない証拠で、知識が乏しかったり、学歴コンプレックスがあるからこそ、カタカナ語や英語を使うことで、「できる自分」を見せようとしており、本当に賢い人には見られない行動です。

毎回のように英語を調べてインスタグラムに書き込んでいるとすれば、投稿とは裏腹に、なんともダサいイメージが想像できるほどです。

インスタ女子が嫌いであったり、痛いと評価する人の中には、バカですアピールをしていることに気づいていなかったり、バカなのに賢いアピールしていることが気にくわないことで、どんどんと相手の悪い部分が見えてしまう心理状態に陥る人もいます。

 

インスタ内での寒い褒めあい

側から見るとどう考えても、本心で褒めているわけではないことが筒抜けなのに、インスタ内で必死に「可愛い」とか、「凄い」と褒めあう光景に対して、「見え見えの嘘なのに痛い人たちだなぁ。」という本音を持つ人もいます。

ページ:
1 2

3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP