親切な人の特徴〜押し売りとの違いとは?

 

見捨てない強さを持っている

親切な人はどれだけ周りが見捨てていようとも、その雰囲気や空気に流されることもなく、しっかりと自分の意見を相手に伝えたり、または相手の意見を聞ける人であり、立場が弱い人だから見捨てるようなことはしません。

むしろ、立場が弱い人の気持ちに立てるからこそ、思いやりのある行動ができ、相手の求めていることを理解しようとする、唯一の理解者となることも可能です。

助けてくれた人に対して恩を感じることができるのは、人間ならではの感情があるからこそなわけですから、見捨てない強さを持っている親切な人に対して、恩を受けたことがある人も多いが想定できます。

このタイプは情に厚く、心から信頼される人として評価されることでしょう。

 

相手の本音を聞き出せる

親切な人は相手の立場となって物事を考えれるわけですが、これは相手の気持ちを理解しようとできる力がある証拠であり、自分が勝手に相手の気持ちを理解することよりも、相手の本音を聞き出せるまで話をきちんと聞くことも上手な理由となります。

相手が本当に悩んでいる原因を解消しなければ、そこから抜け出すことが難しいことを知っていたり、話を聞いてあげるだけでもスッキリした気分になれることは、人生経験が長い人ほどすでに理解している事実です。

親切とは思いやりのある行動の1つ1つなわけですから、こうした行動も相手にとっては救いの手で、とても感謝される優しさなのです。

これが否定的な人であったり、話を聞かない人の場合、自分の意見を押し付けてしまったり、それは弱さだなどと決めつけてしまうことが多くなるので、相手にとってそれはベストな選択ではなく、むしろ押し付けとなってしまいます。

 

先のことを考えて行動できる

先のことを考えて行動できることは、相手のことを思っているからこそ出来る思いやりであり、相手が悪い方向へと進まないように、先のことを考えて行動に移すことは、親切な行動であると捉えられやすいです。

例えば、最近少し頑張り過ぎているなと感じているとすれば、先のことを考えてそっとしておく優しさがあったり、何も言わずにきつい仕事を優先して引き受けるなど、見えない部分で相手を気遣うことができる人に対して、嫌な気持ちは抱かないものですよね。

また、先のことを考えて行動するためには、相手のことをしっかりと把握しておく必要があるので、他人に無関心な人ではないことが条件となります。

他人に無関心な人とは、「自分以外はどうでもいい」人であるため、コミュニケーションを普段から取ろうとしなかったり、相手が困っている人を平気で無視することにも繋がるので、あなたも自身も他人に無関心にならないように、気をつけておきたいものです。

 

苦しみや悩みを理解できる

本音を聞き出せるでも述べましたが、親切な人は苦しみや悩みに理解を示そうとしたり、原因を聞き出すために話をきちんと聞ける人です。

人が親切だなと感じる瞬間とは、困った時にベストな対応ができたり、思いやる気持ちに感謝する瞬間であるため、苦しみや悩みへの理解を示そうとしない人では、親切な対応をすることは難しくなります。

 

親切の押し売りとの違いは?

相手にとってベストかどうか

親切な人は相手にとってベストな対応ができるものの、親切を押し売り人は自分にとってベストだと思う対応をしてしまうので、結果的に感謝される人と、迷惑だと思われる人に分かれてしまいます。

前者と後者の違いは、特徴でも述べた相手の立場となって物事を考えているのか、それとも自分の立場のみで物事を考えているのかの違いにあり、自分勝手な人とは自分の意見を押し付け、相手の気持ちを優先しない人なのです。

よく義理の両親が嫌いだという人は、自分たちの古い考えや独特のルールを押し付けてくることを嫌いな理由に挙げますが、これも義理の両輪からすれば親切心から発言しているはずが、相手にとっては鬱陶しくて迷惑極まりない行動であるかもしれません。

親切だなと評価されるためには、相手にとってベストな方法を考える必要があり、そのためには相手の立場となって物事を考える必要があります。

 

好意を持って対応できるかどうか

親切な人は常に好意を持って相手に接することができ、押し売りする人は自分の利益のためであったり、自分のルールにこだわる違いが見られ、こちらも相手のためを思っての行動なのか、自分のためを思っての行動なのかの違いが見られます。

恋愛に例えると分かりやすく、長年好きで好意的な感情を抱いていた人に対しては、相手のためを思っての行動ができたり、自己犠牲を平気で行うことができる一方で、嫌いな人に対しては、自己犠牲をしてまで良い人を演じようとは思いませんよね。

ページ:
1

2

3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP