ハーフのイケメンはなぜ多い?理由と条件|損得について

胴長短足が多い日本人だけに、足が長い両親の元で生まれてくることは、日本で生活する上ではかなりのメリットで、多くのライバルと差をつけることができることでしょう。

足に関しては食生活の影響も関係してきますが、ほとんど親の遺伝子で決まってしまうとも言えるほど、大きな割合を占めています。

日本人の親が短足でない限りは、そこそこ足の長い子供が生まれてくることが期待できるでしょう。

 

親に若ハゲが見られない

特にヨーロッパでは、30代にもなるとハゲている人が多く見られますが、ハゲやすい体質もきちんと遺伝するので、ハーフであっても若ハゲが原因でイケメンと見られない人も存在します。

ここが遺伝してしまうと、父親と全く同じ時期から若ハゲに悩まされる人もいて、これは規則的に遺伝することが分かっています。

日本人は外国人から見れば、「なんてハゲが少ない国なんだ…」と驚かれる国ですから、ハゲやすい体質を持っている外国人とのハーフは、ここも重要なポイントとなってきます。

ちなみにハゲに関しては、遺伝子以外の要因も関係しているため、きちんと知識をつけて対応することで、ここのリスクを回避することも可能です。

 

☑️アジア同士はイケメンじゃない?

アジア同士のハーフでも当然イケメンになる人はいて、芸能界であれば松田翔太さんは韓国とのクォーターですし、EXILEのメンバーの白濱亜嵐さんはフィリピンとのハーフです。

アジア系とのハーフの場合は、主に両親の見た目が非常に重要となり、イケメン美人の間から生まれてきた子供は、イケメンになりやすいことは誰だって分かることですよね。

ちなみにアジア系であれば、日本人とフィリピンのハーフがイケメン美人になりやすく、ラブリさんや秋元才加など、美形の子供が生まれやすいと言われています。

 

ハーフで得すること

憧れや褒められることが多い

白人系のハーフはとにかく憧れを抱かれやすく、周りから羨ましいと思われるほどの魅力は、純日本人では真似することができないこともあり、とにかく目立つ存在として注目の的となれます。

イケメンだなぁとか、顔が整っているなどの褒め言葉に慣れてしまうほど、周りの憧れの存在となり得るのがイケメンハーフの得することです。

もちろん、芸能界で活躍するようなイケメンハーフばかりではありませんが、白人系とのハーフはイケメンになりやすいことは、間違いのない事実です。

世の中顔が全てと言われるほど、容姿一つで得する世の中なので、イケメンハーフと呼ばれることは人生において、多くの利益をもたらすことでしょう。

 

モデルに選ばれやすい

イケメンハーフはファッションモデルやカットモデルに選ばれやすく、ファッションモデルであれば服をもらえたり、カットモデルであればカット代がタダになるなど、学生などでお金がない人にとっては、とても助かります。

服はやはり足が長い人の方がかっこよく見えますし、外人の方が似合う髪型だってたくさんあるので、こうしたモデルはイケメンハーフにうってつけの仕事なのです。

また、若き頃はモデルに抜擢されることは自慢となったり、周りから注目される存在となれる武器なので、周りよりも自分は優れているんだと、優越感に浸れることもメリットと言えるでしょう。

競争心が強く、負けず嫌いな男性にとっては、モデルに抜擢されることは男心を満たし、至福の瞬間といってもいいほど、快感を覚えることの1つなのです。

 

他言語に触れる機会が多い

例えば父親がアメリカ人であれば、普段から英語を聴きながら生活することで、英語に強くなるといったメリットは、ハーフだからこその経験ですよね。

簡単な会話程度であれば、普段から英語を聴き慣れている家庭で育てば自然と身につきますし、後々の成績にも結びつくことは当然考えられます。

言葉以外にも、外国のコミュニケーションの取り方や、その国独自の考え方などを知ることができるのも、視野を広げるにはうってつけの方法で、子供の可能性を広げることにも繋げれるのが、ハーフの特権です。

ちなみに、イケメンで英語もそれなりに話せるとなれば、女性にちやほやされることは目に見えているので、これがハーフ+イケメンであることの得する部分です。

ページ:
1

2

3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP