ハーフのイケメンはなぜ多い?理由と条件|損得について

 

名前が被らない/被りにくい

ハーフは『日本の苗字・ミドルネーム・ファーストネーム』というように、全てを合わせると非常に長くなる分、世界でも誰にも被ることのない、世界でたった一人だけの名前となることも、ハーフの特権です。

イケメンハーフともなれば、カタカナが入ることでよりかっこよさ感じさせるため、「似合ってるなぁ」なんて思われることは、イケメンならではの経験ですよね。

日本人が想像する王子様とは、日本人顔ではなく外人であるため、学校では王子様なんてあだ名がつけられることもいるほど、カタカナは知的さやカッコよさをより強くします。

 

実は苦労も多いハーフ

いじめに遭いやすい

日本と韓国のように、アジア系のハーフはぱっと見わからないものですが、西洋系とのハーフは見たからに外国人の要素が入ってくるため、小学生から中学生くらいの思春期にかけて、いじめに遭いやすいです。

例えば、子供は自分たちとは違う人をからかう傾向にあるため、「なんで一人だけ顔が違うの?」という素朴な疑問でさえも、ハーフの人にとっては辛い質問であったり、いじめられていると感じることもあります。

他にも、「ハーフの出来損ないだ」と藤田ニコルさんは言われた経験があるなど、特に昔の時代はハーフに対する偏見が強かったこともあり、芸能界で活躍する多くのハーフタレントでさえも、いじめに遭っていたほどです。

今ではハーフタレントの活躍もあり、比較的ハーフに対して偏見を持たない時代となりましたが、それでもハーフということが原因でいじめに遭う子供は、後を絶ちません。

さらに、日本人とのハーフが海外の学校でいじめに遭うことも多く、日本人顔でないことを恨んだり、一人だけハーフである疎外感を感じる子供にとっては、グレてしまう原因となることも。

 

劣化が早い

外国人は若いうちは凄く綺麗だけれども、劣化が早いことは有名ですが、西洋系とのハーフの人は特に劣化が早く、ロシアとのハーフともなれば、肌が弱いことも関係してか、純日本人と比べると非常に劣化が早い傾向にあります。

海外であれば自然と衰えていくことは目立ちませんが、日本は童顔多い国であるため、やはりこうした人々の中で暮らしていくことは、劣化の速さは気になる部分であり、悩んでいるハーフの人も多いです。

若き頃は大人っぽい魅力が溢れた青年であるものの、20代中盤になると「劣化したね…」なんて言われた経験があるイケメンハーフは、決して少ないわけではありません。

逆を言えば、若い頃は他を圧倒してイケメンという評価を集めやすいので、若い頃にどれだけ自分の魅力を生かすことができるのか?が、イケメンハーフ利点を最も活かせることになりそうです。

 

太りやすい/体型変化

こちらもアジア系のハーフ以外は太りやすく、少し食べただけでも脂肪がついたりと、華奢な体つきが多い日本ならではの悩みとなりやすく、歳をとることで信じられないほど体型が変わってしまう人も。

実は、日本人は世界で2番目に太りやすい民族であるとの報告もあるほど、太りやすい性質を持っているわけですが、デブは遺伝で決まる部分が大きく、太っている割合が高い西洋人とのハーフは、遺伝的に太りやすいのです。

これは遺伝的に、太っている親から生まれた子供は太りやすい環境を求めやすいことが原因で、体型は遺伝が大きく左右する部分です。

体型変化については、純日本人の子供であればぽっこりお腹となりやすいですが、ハーフの人は外国人にありがちなお尻や腰回りが太くなりやすい人もいて、アメリカ人によく見かける、典型的な太っている人をイメージしてもらうと分かりやすいでしょう。

アメリカ人の太っている体型になるタイプは、若い頃はヒップの位置が高くて、プリッとした綺麗な下半身の形ができるものの、歳とをとるごとにお尻や腰回りが巨大化してしまうタイプです。

 

外人とよく間違えられる

道を歩いていると外国人に道を尋ねられたり、飛行機に乗ると外国人に英語で話をされるなど、見た目が外人っぽいハーフの人ほど、何かと面倒な出来事と遭遇しがちで、英語をしゃべれない人にとっては対処法に困ります。

国内旅行であっても、飛行機の中で英語でCAに話をされるなど、外国人に間違われることは、いちいち訂正する必要があるために、非常に面倒なのです。

他にも、初対面の人に「どこの国の人?」と聞かれたり、外人と思われることで、「うわぁ。外人の対応めんどくせぇ」と聞こえる声で言われるなど、一歩外に出ると外人扱いされてしまうことに、ハーフは頭を悩ませています。

難しい名前の人がいつも呼び間違えされることを指摘しないように、ハーフの人も面倒なのでそのまま外人で通してしまうことは、ハーフあるあると言えるでしょう。

 

ページ:
1 2

3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP