ふてくされる心理「子供や大人の違い/対処法とは?」

子供であっても、両親が構ってくれないことで不機嫌な態度を演じることで、自分に注目を集めようとすることはよくあることです。

ネットでも、かまってちゃんと呼ばれる人が悲劇のヒロインを演じたり、機嫌が悪いことをアピールすることで、たくさんのコメントを狙っている人がいますが、こうした人の心理と同じようなものであると言えるでしょう。

何でもないことから、拗ねたりいじける態度をよく見せる人は、構って欲しい気持ちが強い人であることを覚えておきましょう。

 

☑️どんな人が当てはまるの?

恋人や両親に依存しやすい人ほど、構って欲しことをアピールしやすく、自分の優先順位を上げないことには満足できない、手のかかる性格である人も多く見られます。

原因としては、自己肯定感が低いことが問題だと言われており、「自分の存在は価値がある」と思える感情が低い人ほど、構ってもらうことでその価値を上げようと心がけ、自分が優れていることを実感することで、優越感を得ようとしています。

他にも、SNSで自分が有能であることをアピールするタイプや、病んでるアピール、ぶりっ子により注目を集める人など、自分が周りと違うことをアピールすることで、注目を集めることが多いのが特徴的です。

 

利益を損なった/労力が増えた

相手にとってはありがた迷惑とも取れる一言で、自分の利益が大きく減ってしまったり、逆に労力が大きく増えてしまった時にも、人はふてくされることで相手にアピールし、自分が不機嫌であることを伝えようとします。

例えば、相手に嘘をついて利益を得ようとしていたところ、「えっ!それって〇〇の方がいいよ!」と横から口を挟み、自分の利益とならなかった時に、「無関係なくせに迷惑なやつだ!」と、ふてくされた態度を取りやすいです。

他にも、自分がとっても面倒であると思っていた公園の掃除に対して、「あっ!明日公園の掃除よろしくね!」と言われることで、サボるつもり満々だった本人にとっては、「知らなかった」の言い訳を使えなくなってしまうわけです。

こうした利益や労力が増えた時にも、「余計なことするなバカ!」という気持ちを込めて、ふてくされた態度を貫き通すことは、決してずらしいことではありません。

自分の中では、どうやって利益を得るのか?または労力を減らすのか?を計算していたはずが、邪魔者が入ることで計画が台無しになれば、ずるい性格の人が機嫌を損なうことは、誰でも想像できることかと思います。

 

☑️どんな人が当てはまるの?

性格悪い人が当てはまる!とも言えますし、細かなタイプで述べると損得勘定が強い人や、打算的な性格な人ほど当てはまりやすいです。

損得勘定が強い人は、常に物事に対して得をするのか?損をするのかで行動に移すため、自分にとっては何の利益にもならない公園の掃除などは、特に嫌ってしまう傾向が強いです。

打算的な人も同じく、何か得することを期待して人に接触するこのタイプは、その得することが得られなければ機嫌を損なってしまったり、または態度が急変したことで、相手にとってはふてくされていると感じることに繋がります。

 

無言の反抗/反論である

こちらはあなたが間違いを犯し、相手が不愉快に思った時の心理に当てはまり、パワハラやセクハラ上司に対して見せる態度こそが、ふてくされることによる無言の犯行となるのが、分かりやすい例です。

子供がDVなどの被害を受けている時に、せめての思いで、ふてくされることで反抗心を見せるのと同じで、相手に非が大きいことが特徴となります。

立場を利用して圧力をかけ、相手に精神的プレッシャーやストレスを与えているのでは、犯行的な態度を取られるのも納得です。

 

☑️どんな人が当てはまるの?

上記で述べた通りで、立場が強い人が当てはまりやすく、自分にとって都合のいいことやマイルールを押し付けることで、立場が弱い人が反抗できない環境である人が当てはまります。

こちらの場合は本人に原因があり、まずは自分に非があることを認めることができなければ、多くの人にふてくされる経験をすることでしょう。

自分に原因があることに気づけず、素直になれない人ほど当てはまりやすいとも言えます。

 

大人と子供の大きな違いは?

子供は綺麗/大人は汚い

こんな表現をすれば、どこか不信感を覚える人もいるかもしれませんが、子供にふてくされることは、まだ立場が弱くて何もできない子供なりの、必死の抵抗であるかもしれませんし、そもそも子供は体だけになく、まだ心も幼く未熟であるわけです。

ページ:
1

2

3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP