ジャニオタ男子の特徴とは?あるある/苦労/魅力について

「ジャニオタ男子って引かれるかな…」と心配する人もいれば、「ジャニオタ男子って魅力的!」と思う人もいるわけですが、ジャニオタに関しては、男性の方が変な目で見られることが多いと言えるでしょう。

その理由については、ジャニオタ男子ならではの悩みを読めばわかりますが、こうした人に見られる特徴を知ることで、ジャニオタ男子の魅力が自ずと見えてくるはずです。

ちょっと引かれてしまうほどの熱狂的ジャニオタから、控えめなジャニオタに関してまで、幅広いタイプの特徴を紹介していきます。

ジャニオタ男子の特徴


遠征は特別なことじゃない

ジャニオタ男子にとって遠征は特別なことではなく、九州から北海道に遠征するほどの熱狂的な姿勢がオタと表現されているわけです。

ジャニオタ男子は、例え資金難であっても私生活で様々な工夫をしてライブに参加することを心がけ、飛行機であっても出来るだけ安い方法で乗車する知識があったり、民宿に泊まるなど、好きなジャニタレやグループのためであれば、とことん私生活を切り詰めることができることも特徴的です。

遠征するほどのファンともなれば、ジャニオタ同士でも認められるほどの行動力を持つ人物であるため、異性であっても顔見知りのオタが多いなど、何かとファンの中でも有名になりやすい傾向にあります。

ここから分かることは、ジャニオタ男子にとってジャニーズは優先順位が非常に高く、旅行やプチ贅沢よりも遠征することに大きな価値を感じていることが、はっきりと分かります。

 

グッズ集めが趣味/部屋に飾る

ライブでうちわを作るなど、何かとグッズを自ら作っていくことが有名であるジャニオタですが、グッズを部屋中に飾ったり、様々な新作グッズを購入することもジャニオタ男子の楽しみで、グッズを見ることで元気がもらえるという人も珍しくありません。

ジャニオタ以外からすれば、男女問わずグッズが部屋中に飾られていると引かれてしまうことも多いので、そこは悩みの1つとして頭を抱える男性もいますが、本人にとっては私生活を楽しむ方法の1つであることに間違いありません。

また、ジャニオタ男子と女子との決定的な違いは、収集グセが男性の方が圧倒的に見られやすいことにあり、これはこだわりを持ちやすい男性の性質も関係して、レアなグッズや集めることで達成感を感じることができるのも、ジャニオタ男子の特徴と言えるでしょう。

私生活が自分の好きなものに溢れているとすれば、誰だって幸せな気持ちになれるのと同じで、ジャニオタ男子にとってグッズは貴重で、幸せな生活へと導いてくれるアイテムなのです。

 

ライブで踊ることが可能

ライブで踊れるようになるには、多くの経験と練習が必要となりますが、ジャニオタ男子もライブに行くと最後まで踊ることで楽しんだり、お決まりのパフォーマンスを見せつけるなど、女性陣にも負けないくらいに踊ることができる人もいます。

さらに男性の場合は、体力があるため最後まできちんと踊りきることができたり、自分なりのこだわりを持って踊る人も多いことが特徴的で、1つ1つの細かな動作さえも完コピしたい気持ちが強く、完成度はジャニオタ男子の方が高くなりやすいとも考えられます。

オタクだからこそ踊れるわけですが、基本的に女性に引かれるような身なりをしてこないジャニオタ男子は、ドルオタとは違って踊っても引かれることもありませんし、むしろ同じファンとして喜ばれるので、ライブでは人気者として扱われることもしばし見られます。

 

男として憧れを持っている

同じ男として憧れを抱くことでファンになる人もいて、TOKIOは男性陣からの評判も高く、男が思うかっこいい男性として認められているため、こうした憧れを抱くことは何も不思議なことではありません。

V6坂本さんやTOKIOの長瀬さんなどは、比較的男性に憧れを抱かれやすい魅力があり、男らしく高いレベルでパフォーマンスを発揮できる姿に、尊敬の意を示すほど虜となってしまうことで、ジャニオタ男子となることも。

よくお洒落な人のファッションやブランドを真似する人がいますが、こうした人と全く同じで、このタイプは憧れを抱いているからこそ真似することで、自分も少しでも近づこうと試みたり、心の底からタレントに対して敬意を持っています。

簡単に言えば、綺麗なモデルに対して一般女性が憧れを抱くのと同じで、男性だってジャニーズのかっこいい姿を見て、憧れを抱いてしまうことはあるのです。

 

テレビ録画は欠かせない

最近のジャニーズは活躍の幅が広がったこともあり、様々なジャンルで活躍する姿が目立つようになってきました。

その結果、人気グループのジャニオタとなれば録画することに精一杯で、なかなか全てを見ることができていない現状であったり、録画が溜まっていく一方であるとの悩みを持つ人もいるほど、ジャニオタ男子にとっては録画は欠かせません。

こだわる人ともなれば、より綺麗な画質で見たいという理由から高画質の物を購入するなど、グッズやライブ以外にも投資ができる姿は、まさにジャニオタである証拠と言えるでしょう。

もちろん好きなテレビ番組はジャニタレが出ているものであったり、内容よりも出ているかどうかで面白さが変わってくることも、ジャニオタ男子の特徴の1つです。

 

同じ公演に複数回入る人も

ジャニオタ男子の中でも凄い人であれば、同じ公演に複数回足を運んだり、全ステに参加するほどの熱狂的ファンもいて、こうした人はもやは信者であると例えられるほど、ジャニーズなしでは生きていけない人たちです。

全ステに参加する人に限っては、チケットが取りにくいはずのジャーズコンサートに全て参加している形となるため、それはそれは莫大なお金がかかっていることでしょう。

このタイプはジャニオタである自分を誇りに思っている人が多く、見たからにジャニーズが好きであったり、ジャニーズ愛が伝わるファッションをしている人も、比較的多いです。

ジャニオタ男子全員がこうした行動をとっているわけではありませんが、ジャニオタの中でも群を抜いて凄い人ともなれば、男性でも全ステに参加するほどの熱狂的ファンが存在します。

 

疲れが吹っ飛ぶほど好きである

ジャニオタ男子がジャニーズ愛に溢れていることは間違いありませんが、その愛情は仕事で疲れた日にでも、ジャニーズの広告を目にすると疲れが吹っ飛んでしまうほどで、逆にテンションが上がって寝れなくなってしまうほどです。

「男なのに気持ち悪い…」なんて思う人もいるかもしれませんが、野球ファンが応援する選手の活躍に疲れが吹っ飛ぶのと同じように、男性アイドルの活躍を見て疲れが吹っ飛ぶ人だっているんです。

他にも、ネットニュースでタレントの良い情報が流れると一日中幸せな気分になれるなど、何かと日々のモチベーションと繋がってくることが多いのも、ジャニオタ男子の特徴です。

 

☑️オタと好きとの境界線

豆知識となりますが、ジャニオタ男子とジャニーズ好き男子との境界線はどこにあるのか?を考えてみると、過去にSNSでジャニオタに対してアンケート調査を行なった結果、以下のような結果が出たことが報告されています。

「第1位ファンクラブに入ったら(4968票)」という結果が出ていて、「第2位コンサートに行ったら(2310票)」という具合に、2倍以上の差をつけて、ファンクラブに入ったらジャニオタであると認識する人がいることが分かりました。

つまりオタと好きの境界線は、「ファンクラブに入っているのか、またはジャニーズが出るテレビ番組が好きなだけなのか」くらいが境界線になると覚えておきましょう。

 

ジャニオタ男子あるある

ハードディスクがギリギリ状態

こちらに関しては男女共通するあるあるで、一度見てもなかなか消すことができなかったり、ブルーレイに焼き回しができていないなどの理由で、ハードディスクが常にギリギリ状態となってしまうのは、ジャニオタである証拠です。

数分であっても出演情報があれば、その一瞬でも録画しようとボタンを持って構えているなど、ほんの一瞬であっても録画することを徹底することは、ジャニオタ男子あるあるです。

たとえ一瞬であっても、自分のお気に入りの場面であれば何度も見返すことができるため、ジャニオタにとってハードディスクは必須アイテムとなります。

 

トイレ探しに一苦労

コンサートは女性ファンがほとんどであるため、普段は男性トイレとして使用されている場所でも、ほとんどが女性トイレとして臨時使用されており、ほとんどの場合が、男性トイレは遠く離れた場所に設置されています。

トイレを我慢してしまうことも多いコンサートだけに、限界まで我慢しても男性トイレが見つからず、本当に漏れそうな経験をしたジャニオタ男子も多いのではないでしょうか。

ちなみに女性トイレは凄く混んでいますが、男性トイレは比較的空いていることがメリットとなります。

 

男性ファンの方が目立つ

コンサートに行くと女性のファンが9割以上を占めているので、男性が一人ポツンといるだけでも、「おー!男性のファンも来てくれてる!」などと、ジャニタレの優しい配慮によって目立つことができるのは、間違いなくジャニオタ男子が得することです。

ジャニオタは自分に視線を向けてもらうように、目立つグッズを手作りすることで特別扱いされることを望む一方で、男というだけでも目立ってしまうジャニオタ男子の最大の長所は、ここにあると言っても過言ではありません。

また、注目されても嫉妬の対象となりにくいことも、ジャニオタ男子が得することです。

 

聖地周りが好きである

PVやドラマに使われた場所を聖地として認め、その聖地を巡ることもジャニオタあるあるの1つで、男性はジャニオタ同士の交流に積極的に参加できないことからも、一人で聖地巡りを楽しむ人も多いです。

キャーキャー騒いで近辺住民に迷惑をかけてしまうことが多い若い女性よりも、ジャニオタ男子は比較的おとなしい人が多いので、あまり迷惑をかけることがないことも、ジャニオタ男子の魅力となります。

 

ジャニオタ男子ならではの苦労

同性が好きだと思われがち

ジャニーズファンは女性が圧倒的に多く、さらに男性アイドルであることも加わり、ジャニオタ男子=同性が好きな人だとか、気持ち悪い人であるなどと言われやすく、匿名のネットでは悪口を書かれることもあります。

女性だってAKB48の女性ファンがいたり、女性のアニメ声優の女性ファンがいるのに、男性同士であれば気持ち悪い風潮があるのは、ジャニオタ男子の苦労そのものです。

異性が好きで彼女もいるのに、「お前はホモなんだな…」なんて無神経な一言を言われることは、本人にとっては深く傷つく言葉となります。

 

移動バスに非常に乗りづらい

空港からドームまでは移動バスに乗ることがあり、この移動バスでは女性ファンがほとんどで、男性は肩身が狭く変態扱いされないように、とにかく気をつける必要があります。

女性だらけの中に男性が一人で乗り込むんですから、周りから白い目で見られてしまうこともあれば、女性から酷い言葉をかけられることもあるでしょう。

男性の見た目によれば、その男性の隣だけが誰も座らない状況になってしまうなど、客観的に見て非常に可哀想なことになりがちなのも、ジャニオタ男子あるあるの悲しい現実です。

 

リアクションや質問が面倒

周りにジャニオタであることを伝えると、「えー?どこが好きなの?」と驚かれたり、「冗談でしょ?」と信じてもらえないのも、ジャニオタ男子が苦労することで、こうしたリアクションが嫌で嫌で、隠れジャニオタとなってしまう人も。

ネットなどのメディアでは、どうしても話題性のあるおかしな人が取り上げられやすいこともあって、ジャニオタ=変な人であるかもしれないという思いや、ジャニオタ男子=あっち系の人だと思われてしまうのです。

その結果、類は友を呼ぶとも言うように、ジャニーズ好きとの交流ばかりを優先する生活となってしまいやすいです。

 

一部の風評被害で苦しむ

上記でも少し触れましたが、マナー違反を繰り返す一部のジャニオタのせいで、ジャニオタ男子にまで風評被害が来ていることは間違いなく、幼稚であったりマナーが悪い人だと思われてしまうことは、マナーを気にするジャニオタ全員が被害を受ける立場となります。

また、男性はジャニオタであるとも思われにくいので、マナーが悪いジャニオタの愚痴を聞かされてしまったり、ジャニーズがあまり好きでないことを平気で口にされるなど、こうしたこともジャニオタ男子ならではの苦しみとなりやすいです。

 

ダフ屋に間違われることも…

ダフ屋とはチケットを転売する人のことで、実際にコンサート会場の前には「チケットを譲ってください」と求める人もいれば、それをターゲットとするダフ屋も存在するのが、現実の世界です。

なんども言いますが、男性は基本的にファンであると思われにくいので、周りからはダフ屋だと言われてしまうこともあれば、実際に声をかけられた経験があるジャニオタ男子もいるほど、ダフ屋と間違われやすいのが男性ファンのデメリットです。

心の底からグループを応援しにきたはずが、悪者であるかのように周りから思われてしまうことは、嫌な思いをすることにも繋がりますよね。

 


魅力はどこにある?

ジャニオタ男子の1番の魅力は、やはり人生を思いっきり楽しめる趣味と出会えたことで、生きがいを感じれたり、お金を稼がなければいけない意味を見いだせることにあるでしょう。

無趣味で友達もいない人であれば、「なんで自分は生きてるんだろう?働いてるんだろう?」と虚しくなることもありますが、ジャニオタ男子は明確にやりたいことが見つけやすいので、楽しみも見つけやすい人生を送れます。

人生なんて楽しんだものがちなのですから、マナーを守り、他人に迷惑をかけない範囲で楽しむことができれば、それはまさに多くの人が羨ましいと感じる、謳歌した人生なのかもしれません。

結局のところ、周りにどう思われるかよりも、自分のやりたいことを貫いた人生の方が、自分にとっては楽しかったりいい人生であったと思えるので、限度を超えない範囲でジャニオタ男子となることは、輝いた人生に繋がると言えるでしょう。

関連記事:アイドル嫌いな人の特徴〜理由とそうなる心理について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP