食事が嫌い!めんどくさい心理と共感できる理由とは?

 

実は好き嫌いはそれほどない

食事嫌いな人=わがままであるとか、好き嫌いが激しそうなどのネガティブな感情を抱かれがちですが、実はそれほど好き嫌いはなくって、どれも美味しく感じれないと感じることも、食事嫌いな人あるあると言えます。

こうした人の多くは、ただ楽しくないと感じていたり、食に興味がないだけと感じているだけなので、不味いと評判の料理でも平気で食べることができたり、逆に美味しいと評判の料理でも、平気で食べることができます。

ネガティブなイメージが先行することで、何でも食べれることに驚かれたりもしがちですが、こうしたリアクションの返しをすることが、また面倒であったりするのも、食事嫌いな人が通る道です。

 


楽しめる環境を作ろう

食事嫌いな人やめんどくさい気持ちを改善するには、やはり環境を変えることが最も手っ取り早く、食べることに楽しさを感じれたり、幸せを感じれる環境作りができれば、自然と食べる量や楽しさも覚えていきます。

口で言うの簡単ですが、これが案外難しいことは百も承知であり、彼女が作る手料理を食べれるなどの環境であれば、比較的簡単に食べることへの意識を変えれます。

もしも親が無理をしても全部食べろと口うるさいのであれば、この記事を親に見せてみるのもいいですし、もっと楽しい環境で食べたいと伝えるのも効果的です。

食べることに幸せを感じれたり、嫌いなことから避けることができれば、日々の生活に幸せをもたらせることにも繋がるので、自分流の楽しめる環境を作り出すことにチャレンジしていくと、自ずと悩みは改善されていくはずです。

関連記事:お風呂がめんどくさい心理〜眠い時などの対策|改善方法も

ページ:
1 2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP