張り合う人の心理とは?その特徴や効果的な対処法について

「張り合ってくるなよ鬱陶しい!」と、なぜかライバル視されていることに腹を立てたり、比べられることで上下関係をつけられることに、不愉快な思いをすることがあります。

はっきり言っておきますが、張り合う人にはとても幼稚で厄介な本音が隠れている恐れもあり、こんな人をまともに相手にしてもあなたが疲れるだけです。

ここではそうした幼稚な人の心理や、グッとキク〜対処法を紹介することで、あなたを楽にさせる1ページとなっています。

張り合う人の心理とは?


優位に立つこと重視

張り合う人は優位に立つことを常に重視していて、張り合うことで自分が上の存在だとアピールすることは、「自分はとても有能な人間である」と証明することになるため、張り合うことで自分の能力を証明しようとしています。

特に男性は、他人よりも上の存在でいたい気持ちが強く、競争心が激しい性質を持つことから、張り合うことで自分が有能であることをアピールし、自分が強い立場でい続けることを好む傾向が見られやすいです。

優位に立つことさえできれば、相手を支配することができたり、自分にとって都合がいいこともまかり通せるので、こうしたメリットを考えた上でも、人生において優位に立つことは重要で、負けず嫌いな人には欠かせないポジション取りとなります。

 

特別な人間だと思っている

自分が特別な人間だと思っている人も、張り合うことで自分のことを有能であるアピールが多くなり、このタイプは自慢話をすることで自分の株を上げようとしたり、友達自慢することで自分の株を上げようとする人です。

自己顕示欲が強いこのタイプは、張り合うことで認められたり名誉を得たい欲求を満たそうとしていて、自分は相手に負けていないことを証明することで、自分だけでなく周りにも、自分のすごさを知らしめたい本音を隠し持っています。

故に自己顕示欲が強い人は、時として自分を特別扱いされないことに不満を抱き、「あいつは特別扱いされているのに…」と、張り合う標的とされることもあるため、付き合う上ではとても厄介な存在となり得るのが、自己顕示欲が強い張り合う人です。

 

自分の位置を確認するため

こちらは、特定の人にのみ張り合う人に見られやすい心理であり、ライバル心を持っているからこそ張り合う人の心理となります。

そもそもライバル心が芽生える心理とは、「自分の位置をはっきりさせるため」に生まれる気持ちであり、新入社員同士でライバル視をしやすいのは、同期としてどちらが上の存在なのか?を確かめるよりかは、自分の位置をはっきりさせるためだと言えます。

なぜなら、人は誰でも目標を定めなければ自分の立ち位置を確認することが難しく、相手と比べることで自分のレベルを確認するので、今よりもワンランク上のレベルを目指す時に、張り合うことで自分のレベルを上げることができたりします。

 

妬みや嫉妬からの張り合い

妬みや嫉妬から張り合ってしまう人もいて、こうした人はもともと相手が好きだったはずが、自分にとっては認めたくない事実を突きつけられることで、妬みや嫉妬心が生まれ、相手に嫌悪感を覚えてしまいます。

すると嫌悪感を覚えているはずなのに、どうしても相手のことを気になって仕方がない状況となった結果、認めたくない事実を否定するには、自分が張り合うことで結果を出すことが一番だとの考えが、どんなことでも張り合う心理を作り出します。

よくブサイクが美人イケメンと付き合うと、周りの人が嫉妬心から叩くことをしがちですが、これは自分たちにとっては認められない事実で、負けてしまったことを否定したい本音が隠れているのです。

 

理想の自分像を持っている

理想の自分像を強く持っている人は、劣等感が強い人の特徴であり、常に自分の理想像を追い続けているこのタイプは、攻撃性の劣等感が見られることもあれば、自慢による劣等感が見られることも多いです。

攻撃性の劣等感とは、社会的地位が高い人の不幸に対して「やったー!」と、喜びを隠せない態度をとることであり、自慢による劣等感とは、自分の欠点を隠すために嘘をついてまでも見栄を張ることで、自分を大きく見せる人のことです。

どちらにしても、張り合う時には見られやすい心理であることに間違いなく、時には不幸アピールによる劣等感を見せることで、周りを味方につけようと心がけるのが、こちらの心理に多い特徴です。

 

張り合う人の特徴


ナルシストである

ナルシストな人は自己評価を高く持っている人であるため、他人よりも自分が優れているとの本音を持ちやすく、張り合うことで自分が有能であることをアピールしたい性格です。

自己主張が激しかったり、なんでも自分が一番じゃなけりゃ気が済まないこのタイプは、張り合われると非常に厄介で鬱陶しいことが多く、自分にとってはどうでもいいことであっても、相手が勝手に張り合ってくることも。

自分に自信を持ちすぎたり、自意識過剰で被害者意識も強いナルシストだけに、他人が褒めてくれた何気ない言葉1つが、自分にとっては許せないことであった、なんてことも十分に考えられます。

 

プライドが高い

プライドが高い人が負けず嫌いであることは有名ですが、負けることを認めれないから張り合うこともあれば、自分の非を認めることができず張り合ってしまう人もいて、どうしても負けたことが許せないのがこのタイプです。

例えば、自分に非があったにもかかわらず、認めることができずに相手が褒められることを目の当たりにすると、プライドが高い人ほど「自分が笑い者にされている」と思いやすく、笑い者にされることに耐えれません。

また、臨機応変が苦手で柔軟な考えが苦手なプライドが高い人は、自分がこうと決めると意見を曲げないので、張り合うと決めればとことん張り合う面倒な一面も見られます。

 

注目されることが好き

自己顕示欲が強い人は目立ちたがり屋で、注目されることが大好きであったり、注目されることで大きな力を発揮できるので、張り合うことに注目されるとすれば、大きな力を発揮するかもしれません。

一方で、自己顕示欲が強すぎることは、自分が大好きであると言っているようなものなので、ナルシストであったり、特別扱いされて当然だという本音を持っているとすれば、「俺様に服従しろ」なんて気持ちで、張り合うことを選択することも。

故にこのタイプは、飲み会でも自分の話題を振られるともの凄く笑顔になったり、他人の話題で盛り上がるとつまらなそうな顔をするなど、かまってもらうことで、注目の的になろうと必死になるタイプです。

 

自己中心的である

自己中心的だからこそ張り合うとも言え、張り合われたところで相手にとっては迷惑な行為かもしれないことを、平気でやってのける人は自分本位な人であり、他人の気持ちを考えない人です。

常に自分の立場ばかりを優先させるので、「自分を褒めないのが気に食わなかった」などの理由から、嫌悪感を抱き、やがて張り合うことで優位に立とうとすることも、自己中心的なこのタイプには見られる行為です。

いい大人であれば、「張り合う姿勢を見せることは嫌われる」ことを理解しているはずが、闘争心むき出しで張り合う姿勢を見せるのであれば、それは自分の立場でしか物事を考えていない証拠となります。

 

出世欲が強い

出世欲が強い人は、自分が優位に立つことを優先する人であることから、今の現状に満足することなく、ライバルを蹴落としてまでも上に立ちたい気持ちが強い人です。

もちろん、張り合うからといって他人を蹴落とすわけではありませんが、出世欲が強い人は名誉や所得などを増やすことに加えて、社会に認められたい自己顕示欲を満たしたいことから、どうしても他人と張り合う選択をしがちです。

社会に認められるには、他人よりも優れた実力を示す必要があるため、ライバルをじっくりと定めた上で、張り合ってしまうことが多くなるのです。

 

劣等感が強い

劣等感が強い人は、今あるものが見えていないだけでなく、他人の優れた点ばかりを見てしまう人であるため、デキる人やモテる人に対して嫉妬心を抱くことが多くなります。

また、自分の良い部分さえも認めてあげることが難しいので、張り合うことで自分が優れているのか?を確認しないと、安心することができないタイプです。

このタイプは、認知の歪みによって比較癖が付いている人が非常に多く、他人と比べることで「私は…」と、自分自身を苦しめてしまうこともしばし見られます。

 

張り合う人に抱く本音


鬱陶しい

張り合う人に対して「鬱陶しい」と思うことは当然で、相手が勝手にライバル心を抱いていたり、嫌悪感を抱かれることは、一方的にこちらを不快にさせてしまいます。

自分にとっては眼中にない存在であるとすれば、毎回のように張り合うことでストレスを感じ、どんどんと嫌いになっていくことも。

 

キモい

なんでも張り合う人がいるとすれば、キモいと思う感情も正しいことであり、常に自分が一番でないと気が済まない相手に対して、「頭おかしいんじゃないの?」と不満に思うことも。

さらに張り合うことだけに終わらず、嫉妬心から陰口を言われているとすれば、自分にとっては利益になるどころか、害になるばかりの存在となることでしょう。

 

眼中にない

張り合う人と同じように見られたくないと思う人は、眼中にないと思い込むことで、相手と自分は全く別の存在であると思い込み、自分はあいつとは違うことを正当化しようとします。

張り合ってくるような人と、自分が同レベルであると思ってしまうことは、自分のことを少し高く評価しがちな人間ならではの考えとなります。

 

効果的な対処法


子供だと思い込む

張り合う人はとにかく幼稚傾向が強い人が多いので、「相手は子供である」と思い込むことが、イラっとしたり鬱陶しい感情を抑えるコツで、大人が子供に対して「仕方ないよな」と寛大な心で受け入れることができるように、相手も同じような気持ちで接することを可能とします。

例えば、自分の子供と張り合うママ友に対しては、「あー、また幼稚なことしてるんだね」と他人事に捉えてしまうことで、自分が今すべきことがしっかりと見えてきますし、真面目に相手にする必要も無くなります。

子供がよく、手柄や食べ物を全て独り占めしようとすることがありますが、これこそ心が幼い証拠であり、見た目は大人でも心が幼い人は、なんでも自分のものにしたいという欲求が強い傾向にあります。

 

褒めることを優先する

張り合うことで疲れてしまった人は、相手に感情的になるのではなくて、褒めることを優先することができれば、相手のライバル心を刺激することもなく、平和的に解決することを可能とします。

まともにやりあったところで、相手の欠点探しや陰口の対象となってしまうだけですし、自分が大人になって相手を褒めることができれば、それ以上相手も張り合おうとすることはありません。

相手が張り合ってきた時には、「凄いね」と褒めたり、「頑張ってね」とポジティブな言葉をかけることで、その場を楽にしのぐことができるはずです。

 

同じ土俵で戦わない

同じ土俵で戦ってしまうことは、あなた自身のレベルを下げてしまいかねませんし、何より張り合う人と争うことになるのですから、あなたが嫌う人と同じレベルであると認めるようなものです。

戦わずして勝つことさえ心がければ、あなたが張り合う人に負けることもありませんし、あなたにとってメリットが多いことも言うまでもありません。

そのためにも、張り合う人に対しては「レベルが違うから話にならない」と思い込むことも、心理的優位に立つことができる、効果的な方法となります。

 

嫌なら無理は厳禁


張り合う人が嫌なのであれば、付き合わなければいけないという固定概念を捨て、付き合いは無理にする必要もないと考えれば、少しはあなたの不安や苛立ちも楽になるはずです。

張り合う人に対して、真剣に考えてしまうからこそ不安や不満が募るわけで、極端に言えば嫌いな人として捉えることができれば、「嫌いだからどうでもいい」という感情になるのが人間というものです。

友達付き合いも恋愛においても、無理をしてまで続ける必要がないことを頭に入れておけば、自然とあなたの気持ちは楽になり、張り合う人に対して構える姿勢も無くなっていきます。

世の中完璧な人間など存在しませんし、性格が合う合わないも必ず存在するので、無理に近づいたり好きになろうとする必要は全くないのです。

関連記事:真似する人の心理と「グッとキク〜」対処法を厳選紹介!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP