祭り嫌いな人の特徴と意見|性格傾向と好きとの違い17選

もしもこちらの特徴に当てはまる場合は、自分自身が少しでも変わる意識を向けない限りは、一生祭りを楽しめないままで人生を終えるかもしれません。

 

祭り嫌いな人の性格傾向


ワイワイするのが苦手

群れることで楽しむことが苦手な人や、周りが楽しむことに便乗できない人のことであり、楽しむべきイベントで周りと一緒になって楽しめない人は、祭りに参加しても楽しむことができず、何が楽しいのかを理解できない人です。

このタイプは、「自分はこういう人間である」という強い思いを持っていて、プライドが高い傾向があるため、付き合うごとに厄介に思われる一面も掛け持ちます。

例えば、祭りに参加する人を端から否定してしまうことが多く、相手のことを全く知らない事実があるのに対して、「祭りに参加する奴なんてろくな奴がいない!」と、決めつけてしまうタイプが多いです。

 

人混みが苦手

人混みが苦手な人は、潔癖症であったり人間嫌いであるなどの共通点が見られ、警戒心が強い人が多いことも特徴の1つです。

警戒心が強い人は、パーソナルスペースという不愉快に思う領域が狭く、人混みに入ることで領域に多くの人の侵入を許した結果が、不愉快であったりストレスであると感じてしまうのです。

他にも、視線が怖いと感じてしまったり、閉所恐怖症のような狭い場所が苦手であるなど、様々な理由が考えられますが、とにかく祭りは人がたくさん集まる空間であるため、こうした空間が苦手な性格も特徴と言えるでしょう。

 

一人になることでストレス発散

祭り嫌いな人は、群れることが嫌いな人も性格傾向であるため、集団でい続けることはストレスを感じる性質であったり、一人になることでストレスを発散する傾向にあります。

今では一人カラオケや一人旅を行う人も多いですが、あまり行動力がないと言われる人ほど祭り嫌いになりやすく、休日は家でゆっくりするタイプが多いことも特徴的です。

逆に祭り好きな人は、休日であっても多くの人と出会うことでストレスを発散しますが、このタイプは会うことがストレスとなるため、家でじっくりと読書を楽しめたり、ゲームを楽しめるタイプとなります。

 

好きな人との違い


結局のところ、祭り好きな人と嫌いな人の違いとは、内向的か外向的かの違いであります。

内向的な性格の人は、自分の内部の感情や思考を重視するため、休みの日には休みたい気持ちを優先させたる一方で、外向的な人は外部での活動に心惹かれるため、外に出ることでエネルギーを注入します。

それ以外にも、内向的な人は一人になることでストレスを発散し、外向的な人は社会活動やイベント参加でストレスを発散するため、こうした部分にも祭り好きと祭り嫌いな違いが確認できます。

基本的に外向的な人は、人と会う意味を「報酬」と捉えることで、祭りに参加してたくさんの人と会うことが褒美と思える一方で、内向的な人は「投資」と捉えることで、自分にとってのメリットがない限りは、あまり動こうとは思えません。

こうした捉え方の違いが、祭り好きと嫌いの極端な意見の違いへと発展したり、何かと性格が合わないことが多い原因となります。

内向的な性格の人は、祭りなどのイベントごとがなくても自分なりの楽しみを見つけることが上手であるので、人生において祭りは不要だと主張する人の気持ちも、まんざら嘘ではないことも、こうした性格傾向から証明可能です。

関連記事:閉鎖的な人の特徴とは?納得する10の共通点

ページ:
1 2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP