【ワンピースがつまらないと思う人へ】10の原因を徹底追跡した結果

大人気作人のワンピースですが、近年「つまらない」と嘆く人が急増中で、中には「もう読まないから興味ない」とワンピース信者を脱退する人もいるほど、作品自体の評価は下降気味です。

そもそも絶賛されるほど楽しかったはずのワンピースが、「なぜつまらないと批判されるのか?」あなたは原因をご存知ですか?

この記事ではつまらない原因を徹底追及していくことで、”ファン離れの原因”を突き止めていきます。

急激に落ちたワンピース


単行本10年連続1位を記録するも…

単行本10年連続1位(2008〜2018年)と圧倒的な人気を誇るワンピースですが、つまらないと批判の声が年々大きくなっており、それはワンピース単行本の売上を見ると一目瞭然です。

そもそもワンピースは、2005年の実質たった7年で累計発行部数が1億を突破した怪物作品であり、2010年に2億部を突破、その後2013年に3億部を突破します。

この3つの流れだけを見れば、7年→5年→3年と1億刷分を突破した感覚が短くなっていることがわかりますが、問題は近年にあります。

このペースでいけば、少なくとも3年後の2016年には4億部を突破していても良いわけですが、実際に突破したのは2017と4年かかっていることからも、ピークからはどんどんとファンが離れていき、ワンピースマニアが減っていることがわかります。

ちなみに発行ペースはピーク時の半分程度になったり、アニメの視聴率も落ちてきていることからも、近年「ワンピースがつまらないと判断する」ことで、評価が下がっていることが伺えます。

 

つまらない検索が凄い…


年間で1万件以上の検索

月間でどれくらいの検索数があるのか?を調べることができる、グーグルキーワードプランナーを使い、「ワンピース つまらない」と検索すると、月間平均検索ボリュームは1000〜1万である事が判明しました。

以下の画像がその証拠となります。

単行本10年連続1位を取れるほどの作品なのに、年間で1万件以上ものつまらないとの検索がされるのには、必ず理由が存在し、今後のワンピースへの改善に期待する人もたくさんいるだろうとの想定もできますが、ここからも最近のワンピースの質が下がっている事が分かりますね。

ちなみに、「ナルト つまらない」で検索した場合の月間平均検索ボリュームは100~1,000であり、ドラゴンボールも同様に100~1,000であったため、人気作品の中でもワンピースがより多くの検索されていることも、ここから分かります。

ここまで読み進めたあなたは、ワンピース人気の低下現状がはっきりと理解できたかと思うので、次の項目からはその原因を徹底追及した結果を10項目にまとめていくので、ぜひ共感できる項目かどうか読み進めていきましょう。

 

ワンピースがつまらない原因


マンネリ化

ワンピースは1997年から今に至るまで、人気作品として長期連載化されているわけですが、どんな名作でも長期化しすぎることで挫折する人は一定の数存在し、その代表作こそがワンピースと言えます。

ワンピースに限らず、名探偵コナンやドラゴンボールなども無理に引っ張るあまりに、ファンが挫折してしまう原因を作ってしまい、やがてマンネリ化が起こっています。

例えば名探偵コナンであれば、毎回のように事件が起こりそれを解決するシリーズな訳ですが、同じような光景を何度も見ることになれば、さすがの熱狂的ファンだって熱が冷めてしまうわけです。

ワンピースの場合は、麦わらの一味が離脱してまた戻ってきたり、同じようなセリフを違うシーンで使い回すなど、斬新な展開やセリフが出てこなくなっていくと、次第にファンは消えていく傾向にあります。

つまりワンピースがつまらないと言われる理由は、長期化によるマンネリが原因の1つであって、ネタ切れ感にファンも飽き飽きしているのが現状です。

 

テンポの悪さ

スラムダンクや幽遊白書など、最終回までつまらないと言われない作品にはテンポの良さが共通していて、逆にワンピースはストーリーが進むほどテンポが悪く、なかなか進まない作品として有名です。

その一番の原因が回想シーンであり、単行本でも回想シーンがほとんどで終わってしまうこともあれば、アニメでは回想シーンのみで終わってしまうこともあるなど、昔から何かと不満を言われ続けているのが回想シーンです。

ちなみに回想シーンは、ストーリーを繋げる上で重要な役目を果たすことがありますが、ワンピースに至ってはあまりに長期化しすぎて、過去の回想シーンを覚えていない人がほとんどです。

故に、回想シーンを読んでも「面白い」と感じれる人は少数で、むしろ「引き伸ばしはうんざりだ…」と回想シーンにストレスを感じる人の方が多いです。

また、次から盛り上がりそうな雰囲気だけを見せておきながら、回想シーンでファンの期待を裏切り続けていくことは、イラっとする瞬間でもありますし、つまらないとアンチになってしまう瞬間でもあるのです。

 

見にくい分かりにくい

昔は比較的シンプルに描いていたにも関わらず、最近では背景がごちゃごちゃしすぎていたり、セリフが多すぎることで面白さが伝わらず、「本当にがっかりだ」と肩を落とした方はどれだけいるでしょうか。

ワンピースは構造が多すぎる+いらないセリフが多く入ることで、スラスラと読むことができず、むしろ「どの順番から読むのが正解なのか?」を疑うほど、セリフが多いシーンもたくさん出てきます。

ドラゴンボールの単行本が面白いと評価された原因の1つに、シンプルに分かりやすい構造があったわけですが、ワンピースはその良さを初期の段階では持ち合わせていたのに対して、今ではどんどんと悪化していく一方です。

アニメであればそれほど影響もない部分ですが、単行本やジャンプ派の人からすれば、とにかく読むことに疲れてしまうのが今のワンピースで、無駄なセリフに対してつまらないと感じることは当然のことです。

絵やセリフをたくさん入れることは、しっかりと作品に対して力を入れている証拠でもありますが、読者側の意見は「読みにくい」との逆効果を生み、せっかくのストーリーが頭に入りづらい状況を作っています。

 

感動の押し売りの多さ

感動の押し売りの多さにうんざりした経験があるのは、元ワンピースファンのあるあると言え、事ある毎にお涙ちょうだいシーンを用意するワンピースに対して、「もう分かったから」とがっかりする声も多く挙げられます。

一方で、神回と呼ばれるようなシーンには、多くの読者が涙するようなシーンも当然中にはあるわけで、お涙ちょうだいシーンが悪なわけではありませんが、無理やりねじ込む感じが出てしまうことは、つまらないと思われる原因です。

例えば、どう考えてもなく必要がなかったり、大声で話す必要がないシーンでもいちいちお涙ちょうだいシーンを作ることで、徐々に読者は飽きがくるわけです。

「またこんなシーンかよ」と思ったり、「問題解決毎に泣いてるじゃん」と思ってしまうのも、やはり長期連載が故の支障なのでしょう。

はっきり言ってずっと読み続けている人からすれば、もう王道パターンはだいたい予想済みで、「次はまたお涙ちょうだいシーンだな…」と予想ができてしまうほど、ワンパターン化しているのです。

 

インフレにもほどがある

ワンピースは賞金首を見て相手の強さを想像したり、まだ未公開のキャラクターの賞金首を議論し合うなど、作品以外の面でも楽しむことができる時期もありました。

しかしながら、今のワンピースはインフレしすぎたこともあってか、こうした賞金首を知るワクワク感も薄れつつあり、今では賞金首10億越えが普通に出てきてしまうなど、危険人物だらけの世界となってしまいました。

そもそも賞金首は、政府への危険度で上がる制度は有名な話ですが、危険度が高いはずの麦わらの一味のチョッパーが初期キャラよりも安かったり、白髭ナンバー2と言われたエースが5億5000万ベリーであったりと、ツッコミどころが多すぎることも、現状ワンピースをつまらなくさせている要因です。

これは昔からファンだった人からすれば、「あの強かったドフラミンゴは弱かったのか…」とか、「暴君と呼ばれるほど凶暴だったバーソロミュー・くまは弱いんだな」なんて思ってしまうことも、どこか作品をがっかりさせてしまう瞬間です。

ドラゴンボールでも同じく、Z→GT→超とインフレが進む毎にファン離れが加速していったように、ワンピースもインフレすばれするほどに、つまらないとファンをやめてしまう人が増えていくとの予想も可能です。

 

ご都合主義が嫌い

超ご都合主義作品とも比喩されるワンピースは、度々ルフィーの都合によって強さが変化したり、相手が弱くなるシーンが話題を集め、ビックマム幹部のカタクリとの戦闘シーンでは、ネット上でご都合主義にもほどがあると叩かれるなど、ルフィーの都合次第でいくらでも勝ち進める作品です。

「漫画の世界なんてだいたいご都合主義だろう」と言われるとそれまでな気もしますが、やはり圧倒的人気作品であるだけに、ファンや読者の期待も大きいのがワンピースです。

だからこそ、他の漫画と同じようなご都合主義をやめてほしい気持ちもあって、ネットで度々話題となると考えられ、他の漫画と同じようにご都合主義になり過ぎてしまうと、やはりつまらない感情が生まれてしまいます。

他にも、ドレスローザでの鳥カゴは本来最強な技であるにも関わらず、なぜか簡単に突破してしまうことに加えて、まさかの大将でさえ押し返せない技であることに対して、「どう考えてもおかしい」との意見が出るなど、その時の都合によって強さが変化することは、アンチを増やす一方です。

もちろんご都合主義があるからこそ、ハラハラ感やドキドキ感が生まれるのも確かですが、あまりにもやりすぎなワンピースは、もはやどうにでもなる作品だと思える人もいるほど、ご都合主義にもほどがあると言えるのです。

 

登場人物多すぎ問題

ワンピースのキャラの多さは、目立たないキャラも合わせると1000を超えると言われるほどで、そこそこ目立つキャラでさえ名前が覚え出せないほど、登場人物が次から次へと出てきます。

これはワンピースの特徴でもあり、魅力でもあるとも取れますが、キャラクターが増えれば増えるほど強さの基準が変わったり、または悪魔の実の能力に限界が近づくことが、ワンピースをつまらなくさせています。

さらにキャラが増える=回想シーンが増えたり、繋がりが出てくる可能性もあるため、キャラが多過ぎることは過去の繋がりを覚えにくくする原因ともなります。

「新キャラ、伏線、ギャグ」は毎回お馴染みのパターンですが、インフレした現在では新キャラの楽しみもなく、もう圧倒的な強さを誇るキャラしか出てこないのです。

また、ワンピースはキャラが奇形すぎて気持ち悪いとの声も多いので、様々な奇形キャラクターを出し続けることも、ワンピースを好きになれない理由であると述べる人も多いです。

 

ボス以外は戦う意味なし

はっきり言って今のルフィーは雑魚キャラと戦う必要は全くなく、覇王色の覇気でだいたいを倒すことができますし、おそらく小指一本で雑魚キャラを倒せるほどの強さです。

だからこそ、もう雑魚キャラと戦うシーンを見る必要もないですし、ドラゴンボールのようにいきなりボスと戦うシーンがあってもいいにも関わらず、今だにだらだらと引っ張り続けることは、読者をやめたい気持ちにさせます。

シンプルを望む読者側の意見からすると、海軍や海賊の雑魚キャラとルフィーが戦うシーンは必要ないですし、そもそも雑魚キャラがルフィーに敵う訳がないのです。

つまらないと感じるのは、ボス以外は相手にならないにも関わらず、そこにたどり着くまでに引き伸ばしを行うことであって、いきなりボス戦が始まるともなれば、再び読者が戻ってくるかもしれません。

これからさらに強くなるであろう麦わら海賊団だけに、もう1億越えのキャラ以外の戦闘シーンは不必要であると言えるでしょう。

 

主人公の幼稚性

ルフィーは歳を重ねるごとに幼稚になっているとの指摘もあるほど、年々自己中心的で馬鹿になってるのは事実で、誰でも分かるようなことを理解できず、むやみやたらに突っ込むことは、もはや意味不明な行動です。

通常であれば、NARUTOのように主人公の精神年齢もどんどん上がる必要があるのに対して、ルフィーはむしろ馬鹿になっていく一方で、強くなるごとに単純なミスやくだらない行動が目立つようになっていきます。

「元々賢くはない」のは確かですが、仲間は強くなるごとに精神的にも成長していくのに対して、肝心のルフィーは自滅行為を今でもするほどの抜けた部分を持ちます。

これはキャラ設定なのかもしれませんが、くだらないことでルフィーが大きなダメージを食らったり、自爆するような行為は、今の読者にとってはそれほど楽しいとは感じれない要素です。

また、新世界では強者がたくさんいるにも関わらず、馬鹿なルフィーが生き抜くことができていることも、どこか不思議で突っ込みたくなる要素を掛け持ちます。

 

信者が持ち上げすぎ

この記事を見た人の中にも、ワンピース信者が嫌いな人もいるかと思いますが、信者はワンピースをどの漫画よりも圧倒的に面白く、文句のつけようがないほどの絶賛をすることが、ワンピースをつまらないと感じさせる原因となることも。

こうした人の勧めでワンピースを読んだ人からすれば、「もの凄く勧められたものの、予想以上につまらなかった」と思ってしまうことも十分にあり得ます。

よく男女の出会いでも、「すごく可愛い子が来る」と言われて期待していると、それほど可愛い子が来なくてがっかりすることがありますが、これと同じような心理現状が起こることもあるのです。

また、信者が嫌いでワンピースアンチになった人もいるため、信者がある意味ワンピース嫌いを加速させているケースもあります。

 

ファンが一番望むもの


テンポアップ

今でも粘り強くファンでい続ける人であっても、「テンポアップだけはしてほしい」との声が多く、ゆったりとしすぎるテンポで進むことは、何かとワンピース熱を下げる原因です。

ドレスローザ編だけでも、どれだけの日にちがかかったのか…と思えるほど長かったこともあり、おそらくドレスローザ編だけでもかなりの方が離脱したことが想定できます。

もちろん中には、「早く終わって欲しくないからゆっくりでいい」との意見もあるでしょうが、それではこれから先の単行本売り上げに、大きなマイナス影響を及ぼすことでしょう。

テンポアップと無駄な回想伸ばしさえなければ、非常に面白いストーリであるワンピースだけに、今後改善されることがあれば、まだまだ単行本の売上は伸びていきそうな作品こそがワンピースなのです。

関連記事:ワンピースが嫌いな人の特徴とは?アンチの声|心理も

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP