ハーフが美人になる理由|ブスとの違い/特徴-悩み・生きづらさ

外人にとって鼻は、「高すぎずにコンパクトであること」が美人の条件であるため、世界的な評価では鼻は高ければいいものでもありません。

もう1つ重要な部分は「骨格」がどうかにあって、外国では骨格は出ている方が美人と評価されやすく、エラが少し張っているくらいの方がより深みが出て、美しく見えやすいのです。

日本でも鼻が高すぎることをコンプレックスに持つ人がいるように、ハーフで彫りが深すぎるからと言って、必ずしも美人と評価されるわけでもありません。

 

ブスとの違いは?


バランスが重要

ブスとの違いはまず、見た目のバランスが悪い人ほどブサイクに見られやすい傾向があって、左右のバランスが悪い人ほど第一印象が低く、魅力的に見えないことが研究結果からもはっきりしています。

東アジア系とのハーフの場合は、つり目が特にブサイクだと言われがちな要素で、日本人はヨーロッパ人の憧れが強くて東アジア顔にコンプレックスを持つ割合が高いので、朝鮮半島遺伝子でもあるつり目は高評価を得ません。

それ以外の国でも同じくバランスが非常に大事で、黄金比に近づくほど美人と評価されやすいです。

日本の場合は彫りが深い人ほど高評価を得やすい傾向にあるため、彫りが深くて黄金比に近い顔つきのハーフほど、絶賛されるほどの高い評価を得ることでしょう。

ちなみにハーフ以外の日本人でも、美人と評価されるのは黄金比に近い人がほとんどで、それ以外はスタイルが日本人離れしている冨永愛さんなどが挙げられます。

 

ハーフ美人が得すること


特別な存在になれる

ハーフ美人は特別な存在になれる確率が高く、街中を歩いていても多くの人から視線を集めるなど、自己顕示欲が強い人にとっては最高の環境を手に入れられます。

今ではSNSが盛んな時代でもありますから、ハーフ美人は顔の写真を出すだけでもたくさんのいいねがもらえたり、コメントがもらえることもメリットで、さらにハーフ美人だからこそ、自撮りが許されるという風潮もあります。

学校生活でも、一目置かれる美人は多くの人から優しくしてもらえるなど、何かと特別扱いされることが多いですが、ハーフであればその中でも特に注目されやすく、ハーフと付き合いたいと思う人にとっては、どストライクの存在にもなれます。

これは美人だからの特権であると言え、逆にハーフでもブサイクな人はそこに対していじられたり、バカにされる経験をすることになりますし、ハーフだからといって特別扱いされることもありません。

もちろんハーフ美人だって、学生時代はそれほど魅力的に思われなかった人は、同じような経験をしますが、学生時代から美人だと評価される人にとっては、まるで天使のような扱いをされることも珍しくありません。

 

何かと高評価を得る

そもそも美人は何かと評価を高く見られる傾向にあって、仕事においても美人の方ができる人だと評価されやすいですし、面接であっても仕事ができそうだと思われやすいので、基本的に美人は高評価を得やすいです。

それに加えてハーフであることは、また違った独特の個性や魅力が加わっているので、カットモデルなどを頼まれやすかったり、ファッションモデルとして起用されやすい一面も見られます。

イギリスのカーディフ大学に所属するルイス博士が行なった実験結果によると、ハーフであった方が魅力的に思われやすい結果が報告されていることから、ハーフ美人は純日本美人よりも魅力的に見られやすいとも考えられます。

その理由は、「血が薄くなることで体が強くなること=美人であることの表徴」であるため、本能的に人はハーフの方が魅力的に思いやすいとも発言しています。

故にハーフ美人は、世界中を基準にしても美しいと思われる遺伝子であるとも言えるのです。

 

モデルになれる確率

女性の多くが一度は憧れるモデルという職業も、ハーフの方が目立ちやすいことに加えて、モデルにスカウトされる確率も高いと考えるが妥当で、外国顔である方が洋服は基本的にかっこよく見えますし、カットモデルだって外国顔の方がしっくりくる髪型が多いからです。

今の芸能界では、「ハーフタレント多すぎ問題」なんて言われるほどハーフが活躍し、多くの場で美人ハーフが起用される社会となっているように、ハーフはモデル業でも優位に立てると言えるでしょう。

また、日本人と違って外人は胴が短く足が長い割合が多いため、そうした遺伝子を受け継いだハーフが日本人離れしたスタイルになることも、憧れのモデルになりやすい理由です。

ページ:
1

2

3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP