ハーフが美人になる理由|ブスとの違い/特徴-悩み・生きづらさ

あくまでモデルはファッションを中心として回るので、スタイルが良いほど商品も売れやすいですし、かっこよく見えるといった理由から、ハーフの方が有利であるとも言えます。

一方でスタイルは育った環境によるものも大きいので、ハーフだから一概に足が長くなるとは言い切れません。

 

とにかく可愛い赤子時代

はっきりいって、日本人の赤ちゃんよりもハーフの赤ちゃんの方が可愛いと言われる確率は高く、心の底から可愛いと思われやすいのがハーフの赤ちゃんです。

これは両親にとってのメリットの部分が大きいですが、赤ちゃんは基本的には可愛いのが当たり前であるものの、その中でも群を抜いて注目されやすいのがハーフの赤ちゃんです。

外国の血が入ることによって、とてもキュートで天使のような可愛さに見えることから、美人ハーフは赤ちゃん時代から注目され続け、可愛いと評価されやすいこともここから見えてきます。

 

ハーフ美人ならではの悩み


劣化が早い

外人遺伝子は劣化しやすいのは有名で、シワの入り方も日本人より目立つことや、外国の食文化が入ることもあって、ハーフ美人はどうしても劣化との戦いを強いられます。

特に日本人は幼顔が多い国ですし、美意識が高い国であることからも、ハーフの劣化は日本で住むにおいてハンデとなることの1つで、20代後半から徐々に実年齢よりも高く見られる人が多くなっていきます。

もちろん逆のメリットもあって、若い頃から大人っぽく見られたりセクシーに見られるのもハーフ美人の特権ですが、逆に歳をとってからの苦労が多いのもハーフ美人なのです。

また、外国では小麦色の肌が健康的で美しいとの考えを示すので、こうした考えを親から伝えられている家庭は、子供の頃からガンガンと日焼けをすることで肌へのダメージを蓄積し、大人になってからシワが深くなる原因ともなるので、価値観の多様性が悩みを深くさせることも。

太る食生活が見られにくい日本なので、まだ外国に住むよりかは劣化スピードはマシになるとも考えられますが、日本人と比べると劣化のスピードは確実に早まります。

 

体型維持が難しい

こちらは家庭で出される料理にもよりますが、日本食よりも外国食を好む家庭であった場合は、大人になってから一気に太ってしまうことが多く、そもそも外国食は太りやすいことで有名です。

実は日本人は世界で二番目に太りやすい遺伝子を持っていて、日本食のヘルシーさによって助けられる部分が大きいため、ハーフであっても日本食を主食とする場合は、それほど太る心配もありません。

ただし、遺伝子によって体型が親に似ることは当然考えられることで、親が30代で一気に太って外人体型になった過去があるとすれば、ハーフ美人も30代から一気に太って外人体型となることもあります。

また、外人は日本人よりかは太りにくいけれども、日本人は逆に外人のような体型になることは不可能で難しいと言われていて、その理由は「日本人ならではの体の弱さ」が原因であります。

遺伝子の重複が多い日本人は外人に比べて体が弱く、その代わりに外人ほどの太り方をする前に生活習慣病に襲われることで、なんとか自分の体を守る民族なので、ハーフは制御が効かない体であることを理解しておきましょう。

 

いじめ問題

ハーフ美人といっても、子供の頃から美人と言われ続ける人もいれば、大人になる段階で徐々に頭角を表す人もいるわけで、大人になってから頭角を現して人にとっては、学生時代はそれほど恩恵を感じれない日々を過ごすことになります。

そもそもハーフは学校で仲間外れにされたり、外国人だといじめにあうことも多いため、美人であってもいじめられる人はいじめられますし、性格によっては女性陣から嫌われる人もいます。

美人であった場合は男性陣からチヤホヤされるでしょうが、それに嫉妬の感情が生まれると女性陣からいじめの対象となりやすく、学校生活が楽しめなかったと語るハーフ芸能人は後を絶ちません。

こちらは性格の問題であったり、地域格差が大きく見られる部分ですが、比較的治安が悪くていじめが多い学校ほど、ハーフはいじめの対象になりやすいと言えるでしょう。

デブが自分たちとは違うからいじめられたり、ブサイクが自分たちとは違うからいじめられるように、ハーフも外国の血が入っていることを理由にいじめることは、世界中どこでも見られることです。

 

不安に思いやすい

ハーフコンプレックスと呼ばれるもので、ハーフはいじめや仲間外れの対象に入らなくても、余計な一言や陰口をきっかけにコンプレックスを抱く人がいて、「自分は外国の血が入っているんだ」と否定的になることも、比較的珍しいことではないです。

ページ:
1 2

3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP