ハーフが美人になる理由|ブスとの違い/特徴-悩み・生きづらさ

例えば、美人であることに嫉妬した人が影で「外国顔のくせに」と発言し、それがたまたま耳に入ってしまえば、自分はハーフであるから陰口を叩かれるなどと、悪いことはとことんハーフであることを理由に繋げてしまうのです。

一度でも自分がハーフであることを否定されてしまえば、そこから何をしても「ハーフだから」が頭をよぎってしまい、積極的になれない学校生活を送ったハーフの方々も多いはずです。

どれだけ美人であってもハーフコンプレックスは抱きますし、日本のイケメンや美人が白人コンプレックスを持っていることと同じです。

これには個人差がありますが、まだ心が幼い学校生活では、多くの人と同じことが正義であるかのような考えをするため、本来はメリットが多い外人の血が頭を悩ます原因となることも。

 

ハーフ美人の生きづらさ


美人だけどもハーフだからこその生きづらさもあるのが現実で、特に学生時代に悩みを抱きやすいハーフの方々は、大人になってハーフコンプレックスを払拭できた人も多いはずです。

美人であろうがハーフは、「英語を喋って!」と軽いノリで要求されたり、「20代までは可愛い」と言われることで傷つくなど、実際の立場でないと分からない悩みを抱えがちです。

もちろん、純日本人ならではの悩みだってたくさんありますし、日本人は白人への憧れが強い国民性を持ちますが、だからこそ多くの人がハーフは羨ましいと思いこみ、自分も同じ立場に立ちたいと思ってしまうのでしょう。

世の中顔が全てと言われるほど顔一つで対応が大きく変わることを考えると、ハーフ美人はとっても羨ましい存在で、同じハーフでもブサイクである人からすると、憧れの存在ともなり得る人がハーフ美人です。

「1日でもいいからハーフ美人になってみたい」と夢見る対象も同じくハーフ美人なので、生きづらさも感じるけれども得することの方が目立ってしまうことが、ある意味こうした人達の悩みとも言えるはずです。

関連記事:ハーフの子供のメリットデメリット|悩み/魅力/相性20選

関連記事:ハーフの可愛い組み合わせ10選【日本人との相性/違い/魅力】

ページ:
1 2 3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP