黒人ハーフの魅力とは?苦労や悩み|外見の特徴-生きづらさ20選

基本的に遺伝子は、一重よりも二重の方が優先されやすい仕組みとなっているため、二重が多い黒人との子供が二重になりやすい結果を招き、逆に一重同士の日本人からは一重の子供が生まれやすいというわけです。

こうした優先されやすい遺伝を優性遺伝と言いますが、外国人が二重だらけな理由は優性遺伝が働いた結果で、二重同士から生まれる子供は二重となることが、多くの日本人が外人に憧れる理由ともなります。

注意点としては、あくまで両親のどちらかが二重であった場合の話であるため、どちらも一重であった場合は黒人ハーフであっても、一重の子供が生まれてきやすいです。

 

黒目である

日本人も黒目なので普通のことのように思いがちですが、外人といっても白人は青や緑といった眼球が特徴である一方で、黒人は黒目であることが特徴的です。

こちらに関しては、白人黒人に関係なく日本人とのハーフは黒目に生まれてくることがほとんどですが、こちらも優性遺伝の関係が大きく作用しています。

目の色に関しては、色が濃くなるほど優先されやすいとの結果が出ているので、特に黒目が多い黒人と基本的に黒目の日本人との子供は、間違いなく黒目になってしまうことが想定できます。

また、白人とのハーフであっても黒目になってしまうことも、日本人特有の黒目が優先されやすいことが理由とも覚えておきましょう。

 

チリ毛である

黒人はくせ毛と呼ぶよりチリ毛と日本では呼びがちですが、多くの人がイメージする典型的な黒人とのハーフであった場合は、子供は黒人特有のチリ毛が遺伝しやすく、これに対してコンプレックスを抱く子供も少なくありません。

優性遺伝は髪質が曲がっているほど優先されやすいので、黒人系の人々の子供がチリ毛ばかりであったり、日本人とのハーフであってもチリ毛になりやすい理由がこれです。

逆に白人系とのハーフの場合は、緩やかなナチュラルパーマのような髪質となりやすいので、どちらにしても日本人と外国人の子供はくせ毛が見られやすいと言えます。

ナチュラルな髪質であればまだしも、日本ではチリ毛と言われるほどのくせ毛はあまり評価が高くないので、こちらは嬉しい遺伝とは言い切れないのが現実です。

 

肌が黒っぽい

黒人ハーフが日本に多く見られるような黄土色になる確率は低くて、基本的に子供にも黒っぽさが遺伝することも外見上の特徴です。

目と同じく色は基本的に濃い色ほど優先されやすいので、黒人とのハーフは黒っぽい肌となりやすい一方で、白人とのハーフは黄土色っぽくなりやすいです。

日本では黄土色がほとんどなので、黒人ハーフは周りと違うことを理由に頭を悩ませることも多々ありますが、こちらは素晴らしいメリットも存在します。

そのメリットは次でお伝えしていますが、肌はどちらかと言えば白人系の方が世界的に人気であるため、「黄土色が優先されて欲しかった」との悩みを抱える人も、日本国内にはいるかもしれません。

 

老けて見えない

黒人は歳をとるごとに老けて見られにくい特徴がありますが、肌が黒っぽいハーフほど歳をとっても老けて見られない傾向が強くなり、50代でも30代後半に見られるほど若々しく見えることは、黒人ハーフの魅力でもあります。

色は黒っぽくなるほどシワやほうれい線が目立ちにくくなるため、多くの人が実年齢よりも若い年齢であると判断してしまい、驚かれることも珍しくありません。

一方で若い頃には実年齢か、それより少し上の年齢で見られてしまいやすいデメリットもあって、どうしても大人っぽく見えてしまうハーフは、若い頃ほど実年齢より上の年齢で見られてしまいがちです。

はっきり言いますが、年齢を気にするのは30代以降になってからがほとんどであるため、歳を取ってから実年齢より若く見られる方が、嬉しいと答える人は多いはずです。

 

お尻の位置が高い

日本人はお尻の位置が低く、外人はお尻の位置が高い原因は、骨の構造の違いによって外人ほどプリッとした形になりやすく、外人は骨が外に出ているのでお尻が自然とつきあがり、若い頃ほどプリッとしたスタイルに自然となっていきます。

もしも、骨の形が黒人の両親の遺伝子が優先されたいた場合、黒人ハーフの子供はスタイルを維持し続けることで、ジーンズやチノパンをかっこよく着こなせる体型となれますし、日本人が憧れる体型をそもそも持っているとの考えもできます。

日本人はお尻が小さい人が好きな国民性でもありますが、根底には白人至上主義の気持ちが残っているため、白人にも見られる骨の形が遺伝されることは、内心「羨ましい」と思われる瞬間と言えるでしょう。

ただ細いだけなのか、お尻の位置が高くてメリハリがある体なのか、どちらが世界的に評価されるかと言えば、間違いなく後者であることも覚えておいてください。

ページ:
1

2

3 4 5

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP