【自称サバサバ女のここが嫌い!】腐った性格が無理/うざい理由27個

口が悪い原因は明白で、無神経だからこそ口が悪い自分を認めることができなかったり、相手が傷つく気持ちが理解できないわけです。

簡単に言えば、自称サバサバ女は無神経で口が悪い女と言えば8割が正解となります。

 

さりげない上から目線

自称サバサバ女は口が悪いこともあってか、さりげない上から目線で相手に語りかけることが多くて、何かと上から目線でアドバイスをいきなりしてきたり、自分の意見を押し付けるケースが非常に目立ちます。

これも無神経であるからこその行動であって、無神経な人は相手の立場となって物事を考えないので、上から目線でのアドバイスに気づくことができません。

さらに、意見の押し付けが迷惑であることも気づくことができないことが、自称サバサバ女から距離感を置きたいと思わせる瞬間なのです。

 

自分語りが大好き

さりげない自分語りが多いのも自称サバサバ女に見られる言動で、何も聞いていないのに「私ってサバサバしてるところあるじゃん?」と語り出すなど、自分という人間を理解してもらおうと必死になる部分も、うざがられる理由です。

特にこのタイプは、「これだから女は…」と相手に対して見下すような発言をする割には、そこから自分語りへと繋げることが多いため、これもまた厄介者として扱われる瞬間です。

無神経である自称サバサバ女は、自分語りが大好きな現状についても理解できていないのでしょう。

 

友達が少ない理由の勘違い

あなたが友達が少ない理由は「サバサバしている」ことが原因ではなくて、口の悪さや粘着質な性格等が問題であるのに対して、「サバサバ女は仕方がない」かのような捉え方が、周りを呆れさせてしまいます。

自称サバサバ女子は性格が悪いことを受け入れようとはせずに、自分はこういう性格だから仕方ないと正当化することによって、周りに受け入れてもらおうと必死になるわけですが、その願いは残念ながら叶わないことがほとんどです。

友達が少ない理由はサバサバが原因ではなくて、自称サバサバなことが原因なことに早く気づいてほしいものですね。

 

空気が読めない

空気が読めない発言をすると断言できるのは、自称サバサバ女が口が悪いことが理由の1つで、相手が傷つくような言葉を平気で投げかけて、その場の空気を凍らせてしまう事実に対して平気な顔を一人ですることは、誰もが嫌がる瞬間なのです。

他にも、自称サバサバ女は昔から空気が読めないことに対して甘えてきた人であるため、そうした自分を受け入れてくれない人は、敵であると見なすことも嫌われる原因です。

こうした人を受け入れないことは、自称サバサバ女の陰口のターゲットとなってしまうだけなので、できるだけ近づかないことが健全の判断と言えるでしょう。

 

被害妄想が激しい

根に持つ性格が特徴でもある自称サバサバ女は、被害妄想が激しいが故に相手に恨みを持ち続ける人もいて、こうした人は「メンヘラ予備軍」と影で言われてしまうほど、面倒な女として扱われます。

被害妄想が激しいだけならまだしも、それに対して愚痴愚痴と文句を言いまくったり、自分が正しいことを主張し続けることが、多くの女性陣に被害を被らせることに繋がります。

被害妄想が激しい女は、どんな性格であろうが地雷率は高くて、鬱陶しいと思われてしまう確率も高いのです。

 

マウンティング大好き人間

自称サバサバ女が被害妄想が激しいと言われるもう1つの理由がここにもあって、「男は〜」とか「女は〜」とマウンティングすることで優位に立ち、説教を得意とするこのタイプは、自分に対して歯向かう人を徹底的に嫌います。

また、マウンティングすることで優位に立った結果、相手の悩みや愚痴に対して「あの人はこんなことを言ってきて〜」と悪い噂を立てることで、悲劇のヒロインを演じるのも自称サバサバ女が取る行動です。

このタイプに対して歯向かう人も同じく、「私はこんな厳しいことを言われた」と被害者面することで、とにかく自分を優位な位置にしようとすることが、またまた嫌われてしまう瞬間なのです。

 

とにかく侮辱が大好き

自称サバサバの気をつけなければいけない一面は、「自分は正直者である」と主張していることに対して、内容はほぼ悪口オンリーなことであって、正直に自分の感想を伝えることこそが正義であるかのような捉え方をしています。

ページ:
1

2

3 4 5

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP