【自称サバサバ女のここが嫌い!】腐った性格が無理/うざい理由27個

だからこそ、自称サバサバ女は口が悪いと言われてしまうのであって、その悪口がいじめへと繋がることも珍しくありません。

特にいじられキャラや気が弱い人はこのタイプのターゲットになりやすいので、コンプレックスをいじってきたり、バカにして見下す発言が見られるなど、いじりがいじめへと発展していく傾向があります。

 

男には甘く女には厳しい

自称サバサバ女は他人には厳しく自分に甘い中でも、男には甘く女には厳しい性格である人が多く、男がやることなすことに対しては許すことができるのに対して、同じことを女がすると厳しい目で批判されます。

その証拠に、男には媚を売りまくるような言動が非常に目立ちますし、何より女にはダメなことであっても男であれば我慢できるのが、自称サバサバ女の悪い一面なのです。

異性の前で急に態度が変わる女は、嫌われて当然と言えば当然ですね。

 

男が好きそうな女へのいじめ

自称サバサバ女は男が大好きと述べましたが、男が好きそうな女に対して牙を剥くことが怖いと思われる瞬間であります。

例えば、男性が守ってあげたくなるような弱々しい女性に対して、攻撃的な姿勢をとることによっていじめへと発展したり、陰口へと発展しやすいわけですが、この主犯格となりうるのが自称サバサバ女です。

サバサバしているのは都合のいい時だけでありますから、男が好きそうな弱々しい女に対して見下す発言をしたり、小馬鹿にすることで優越感に浸るこのタイプは、時として恐ろしいと評価されるのです。

 

ヤリマン率が高い

男が大好きなだけでなくて、ヤリマン率も高いのが自称サバサバ女の特徴で、これは嫌いだから悪い方向に書いているわけでもなくて、本当にヤリマン率が高いからこそ述べている真実です。

そしてもう1つの事実が、ヤリマン率が高いけれども後始末が面倒な女である確率が高いことにあり、違う男に手を出すことで男同士でトラブルとなったり、いつまでもネチネチ粘着することで悪口を言い続けるなど、男にとっても後始末が大変なのがこのタイプの欠点です。

一度関わりを持つとなかなか離れることができないのが、怖い一面とも言えそうですね。

 

権力を持つと怖すぎる

自称サバサバ女が上司や先輩にいれば付き合いは凄く大変で、新入社員に対してサバサバ女の良さを言い聞かせたり、男に媚びを売る女を仲間外れにするなど、権力を持つと一番厄介になるのもこのタイプで間違いありません。

もしも自分がターゲットにされたと考えるだけでも、今後の人生が楽しめないと思えるほど、恐ろしい先輩となりうるのも自称サバサバ女です。

 

自称サバサバ女に伝えたい本音


顔も性格もブスが多い

ここでは普段言えない本音を声を大にしてはっきり言わせてもらいますが、自称サバサバ女は顔も性格もブスである割合が高くて、やはり可愛らしい女性は優しかったりするものです。

例えば、自分が可愛い服が似合わないからこそカジュアルな服を着こなしているのに対して、自分の中ではサバサバだからと都合よく捉えることは、間違っていると主張したいです。

それはサバサバであることが理由ではなくて、ブスだからこそカジュアルな服装しか選択肢がないだけなのです。

 

余計なアドバイスは不要

アドバイスや自分の知識自慢をすることが多い自称サバサバ女は、何かと上から目線で余計とも思えるアドバイスをしてきますが、これもありがた迷惑です。

無神経な人ほど「はっきり口に出すことが正解」と主張しがちですが、なんでもはっきりと口にすることは、時として相手を傷つけますし、関係をよりこじらせることにもなりかねません。

また、説教という名のアドバイスをしてくることも多いことが、これがさらに鬱陶しさを増加させる要因なのです。

ページ:
1 2

3

4 5

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP