自称進学校のリストや偏差値|特徴-あるある・共通点/選別まとめ

自称進学校の実態を知らない人からすれば、こうした学校に通うことは凄いことですし、もの凄く勉強ができる人だと思われやすいです。

 

時代に逆行したルール

自称進学校の校則はドン引きするほど厳しくて、例えば「靴下はこれ以上の長さが必要」とか「靴下の色はこれはダメ」など、意味のわからないルールがてんこ盛りです。

何の意味もないですし、人生において何の役に立つのかすらもさっぱり分かりません。

 

学校と家の行き帰り

朝から学校に向かい夜の帰って、あとは明日の準備をして寝るだけの生活を淡々と送るの繰り返しを3年間送ることは、他人から見れば異常と思えます。

それだけ毎日頑張っているのに、一流大学に合格する割合が非常に低いことを考えると、やはり効率が悪いのでしょう。

 

思い出はトラウマ

自称進学校を通った思い出は楽しかったというよりも、「苦しくてつまらなかった」といったネガティブな意見であることが多く、思い出はトラウマだと嘆く人もいます。

同級生は恋愛や夜遊び等で青春を楽しんでいる中、自分だけ頑張る姿は辛いものです。

 

まずは見た目から

自称進学校は中身が伴っていないので、まずは見た目から入ることでその気に浸り、まるで自分たちはエリートであるかのような錯覚を起こす人もいます。

制服でも高級なものを使っていたり、教材だって身の丈に合わないようなものを使用するなど、まずは見た目から入るのが自称進学校です。

 

クソ教師が多い

クソ教師が多いとの表現は口が悪いように思われるかもしれませんが、それくらいに教師に対して良いイメージを持っていなくて、顔を思い出すのも嫌になる人もいるほとです。

故に自称進学校の卒業生は、「尊敬できる教師が羨ましい」とか「尊敬できる教師がいなかった」と嘆くことになりがちです。

 

プライドが高い

自称進学校で毎日を忙しく過ごしていると、やがて視野が狭くなることで同じレベルでの争いが起こるわけですが、これは所詮小さな世界の中のでの争いです。

そうなると結果的に、模試などの大きな世界との戦いとなった時には、自分が凄い人物ではないことを知らされることになる反面、自称進学校であるプライドが邪魔をして、それを認めることが難しくなります。

 

ブサイクが目立つ

自称進学校は昔からブサイクが多いと言われていますが、これは校則が厳しいことも関係していると考えるのが妥当です。

男らしさや女らしさを強調できませんし、女性に関しては一番の武器である化粧もできないわけですから、どうしても周りの同級生と比べるとブサイクに見えてしまうのです。

 

半洗脳状態

こうした厳しい学校生活を送ることで、徐々に半洗脳状態となってしまうわけですが、これは本人から親に伝染してしまうこともあります。

こうなればもう最悪で、客観的に見れば腐った環境である現実さえも全て正当化することで、苦い学校生活を送ることにもなりかねません。

ページ:
1 2 3

4

5

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP