熊系男子の特徴とは?芸能人の参考例|魅力や無理な人の違い20選

ちなみに体毛が濃い人は、空間認知能力が高いなどの男性特有の長所が高いことからも、見た目も性格も男らしい人こそが熊系男子であって、女性に人気な秘訣であるとも言えます。

 

大柄な体

大柄な人とは身長が高い人を指すこともありますが、ここで述べる大柄とは細身でないことに加えて、ずっしりとした体型である人のことであり、お相撲さんやプロレスラーのような人のことを指します。

こうした体型の人は、見た目からして熊っぽいことから熊系男子であると評価されやすく、女性を軽々しくお姫様抱っこできるイメージができたり、守ってくれるような男らしさを連想できることから、熊のように強いイメージが熊系男子と繋がることも。

細かな特徴としては、骨が太いことや脂肪ばかりではないこと、女性を持ち上げれるような力を持っていることなどが挙げられますが、ただのデブとは違うことは一目瞭然です。

大柄な体系で熊系男子と呼ばれる人の場合、ただのデブのような醜すぎる体系なわけではなくて、ある程度力があったり男らしさが加わっているため、大柄な熊系男子は女々しい要素が見られにくいです。

 

低身長小太り体型

低身長小太り体系も熊系男子の特徴で、ケンドーコバヤシさんやサンドウィッチさんもこちらの体系に近くて、女性が「ぽっちゃりで可愛い」と評価するような体型の人です。

これに加えて体毛が濃いなどの条件が整うと、熊系男子となる一方で、女々しさが目立つ低身長小太り体系は「キモい男だ」と評価されやすいので、こちらも大きな違いが見られます。

低身長小太り体系で熊系男子と評価されるためは、まず男らしさが必要であることは当然ですが、清潔感やデブ特有の気持ち悪さから遠のく見た目である人が、熊系男子として高評価を得やすいです。

芸能人の参考例でも挙げた芸人に共通することは、汚いイメージや女々しいイメージが全くないことであって、きちんとした身なりをしていることがわかるかと思います。

 

筋肉質で男らしい

筋肉質で男らしい人といっても、小柄で細マッチョな人は例外であって、ラグビー選手のような体も大きくて太い筋肉がついている人こそが、熊系男子と評価されやすい人です。

有名人で例えると五郎丸選手は熊系男子の典型例であって、ラグビーで鍛え上げた太い筋肉がトレードマークで、一時期五郎丸ブームが訪れた時には同性愛をカミングアウトした人々から、「理想的な男性像だ」と評価されたほどです。

筋肉質で熊系男子の人はどこかゲイっぽさを連想させることで、同性愛の人々から性的魅力を最も感じられやすいタイプであることから、人生において多くのゲイの方々からデートや夜のお誘いをされやすいとも言えます。

また、筋肉質な人は女性にとっては子孫を残す上で健康的で強い遺伝子と判断されるわけですから、このタイプの熊系男子が男女ともにモテる理由は、こうした本能的な背景が隠れています。

 

ヒゲが似合う

ヒゲが似合う人といえば、主に西洋人であるとのイメージが強い日本人ですが、アメリカではヒゲを生やさないことはゲイの象徴だと言われる一方で、日本ではヒゲこそがゲイの象徴であるとの風潮も存在します。

ヒゲが似合うことに加えて、大柄や低身長小太り体系、筋肉質で男らしい人の2つの条件が整うだけでも、かなり熊系男子に近づきやすい見た目となりやすく、ゲイに好かれる人にも近づきやすくなります。

例えばあなたの隣に、低身長小太り体系でヒゲが似合う人がいるとすれば、おそらく多くの人は「どこかゲイっぽい雰囲気がある」と思い、少しの警戒心を抱く人も出てくるかと思います。

また、熊系男子として魅力的に思われる人の条件は、ヒゲが似合っていて清潔感もしっかりと保っている人であるため、ただ小太りでヒゲを生やしているだけの人は、小汚いデブとして扱われるので注意が必要です。

 

短髪が似合う

熊系男子は何と言っても短髪が似合うことが必須条件で、多くの人から高評価を得ている熊系男子というのは、必ず短髪であることが確認できます。

短髪=男らしさや強さの象徴でもあるため、短髪が似合う人は基本的に男っぽい雰囲気や見た目の人が多く、いかつい顔の人やキリッとした顔の人ほど似合う髪型です。

熊系男子の由来はゲイが始まりであると述べましたが、ゲイの方々は男性に対して性的興奮を覚えるわけですから、男の象徴でもある短髪は多くのゲイの性的興奮を覚えさせ、激しく反応してしまうような魅力が詰まっています。

ゲイが反応する男の性的魅力と、女性が反応する性的魅力は基本的には別物であるため、熊系男子ほどゲイからモテやすいのも納得です。

 

エロスを持つ

エロスを持つ人とは、ケンドーコバヤシさんやどぶろっくの江口さんなどを見れば一目瞭然で、このタイプは下ネタが異性に許されやすかったり、夜の営みがエロそうであると思われやすい人です。

ページ:
1

2

3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP