犬好きに多い性格面での特徴7つ

飼い主だけを愛し、決して裏切ることはないのです。

一度家に来ると人間が裏切らない限りは、ずっと一緒にいてくれるという安心感があり、生涯愛してくれます。

そんな安心感が犬をより一層魅力的に見せるのです。

裏切られたトラウマがある人は、犬を飼ってみることでそのトラウマが少しずつ払拭されるかもしれません。

 

積極的な性格が多い

先ほども少し触れましたが、犬好きな人は積極的な性格を持っている場合が多いです。

人と話したり、何かを一緒にやることが好きなポジティブな性格をしている事が多いので、かまってもらうのが大好きなのです。

もし1人で好きなことをするのであれば、少し面倒に感じたり、重いと感じてしまうかもしれません。

またチャレンジ精神が豊富なので、自分の恋人や友人が新しい事にチャレンジすれば一緒になって取り組むことむ姿勢も前向きです。

協調性も高いので、一緒に趣味や仕事を楽しくできるいいパートナーになれるでしょう。

 

犬好きと猫好きの決定的な違い

犬好きと猫好きの決定的な違いですが、考えられるのが「気分屋」かどうかという点です。

猫は非常に気分屋ですし、トイレのしつけもいらないので、飼い主にとってみても生活が非常に楽です。

一方で犬は常に人にまとわりつくので、気分屋の人にとっては気分が乗らない時はうっとうしく感じてしまうでしょう。

ここから分かる決定的な違いとは、気分屋の人ほど猫好きの人が多く、寂しがり屋の人ほど犬好きが多いということです。

 

犬でも猫でもペットを愛してあげましょう

犬好きに多い性格面での特徴7つをご紹介してきましたが、犬好きな人は1つは当てはまる項目があったのではないでしょうか?

犬好きな人の特徴は、犬と同じように素直で積極的な性格が多いことです。

もちろん猫好きが悪いわけではありません。

猫好きも猫好きの良さがあります。

自分の時間を大切にするひかえめな猫好きとポジティブで積極的な犬好き。

それぞれの特徴があることを理解しておきましょう。

また、「猫好きに多い性格面での特徴6つ」もセットで読んでみましょう。

日本人は猫が大好きな国の1つであり、世界的に見ても珍しいほど猫が好きです。

そんな猫好きに多い性格面での特徴を知り、あなたは猫好きの可能性があるのか、それともないのかをチェックしてみましょう。

ページ:
1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP