サッカー好き女子の特徴6つ

人気が高いスポーツといえば、サッカーは欠かせないスポーツでしょう。

そんなサッカーを見るだけでなく、実際に試合をするのが好きなサッカー好き女子が増えています。

なでしこフィーバーなどの影響力がかなり大きかったといえるでしょう。

よくニュースなどでも目にするサッカー好き女子ですが、実際はどのような特徴や傾向がみられるのか?

今回はこれをピックアップして紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

学ぶことが多いサッカー好き女子

サッカーのルールは基本的に男女で違いはありません。

ただし、スポーツには男女でちょっとした違いがあり、サッカー好き女子からそれを教わることがあると思います。

男子プロバスケットボールではダンクシュートをするのが好まれ、女子の場合はボールの取り合いに比重が置かれます。

同じスポーツでも、ルールは同じでも内容にちょっとした違いが出てくるのです。

サッカーに関してはそれほど大きな違いはありませんが、サッカー好き女子は独自の考えを持っています。

強引なプレーよりも華麗な日本らしいプレースタイルが好きなど…

こうした考えに触れることができるのも、サッカー好き女子の持つ魅力であり特徴でしょう。

 

裏表の無いサッカー好き女子

応援よりも実際にプレーする方が好きなサッカー好き女子は、ありのままの姿を見せてくれます。

これはまったく化粧やファッションに興味がないわけではありませんが、それより興味やお金を使うのがサッカーだということです。

もし、サッカー好き女子と恋人になれば、裏表のない性格や生活スタイルでがっかりすることは少ないのではないでしょうか。

サッカー好き女子はすっぴんでスウェットのパンツ、髪の毛を簡単に結ぶだけの生活スタイルを貫いている人も多いです。(特に実際のサッカー選手は。)

もちろん全てのサッカー好き女子がこうではありませんが、お洒落とサッカーは同じくらい好きという考え方で接することができればベストでしょう。

女性だからといって、えせサッカーファン的な目で見てしまうと、高確率で嫌われますよ。

 

応援するときは可愛くお洒落に

サッカーを観戦するのが好きな女性にとっては、応援に行くときには可愛くお洒落にすることは欠かせません。

ユニホームを可愛くデコレーションしたり、ほっぺに可愛いタトゥーシールを貼ったりと、とにかく見た目にもこだわりを見せます。

また応援をする際は、男性顔負けの大きな声で応援するので、その熱意は本物でしょう。

胸に熱い思いを秘めた女性も多く、ファン感謝デーではプレゼントを渡すなどといった可愛い一面もよく見られます。

 

代表戦だけではない

代表戦よりもクラブチームを応援する女性も多く、これらの女性は地元愛であったり、個人的なファンである場合がほとんどです。

また海外サッカーが好きという女性ももちろん存在し、サッカーは日本より海外という思いから、わざわざ海外にまで試合を見に行く女性もいるほどです。

サッカー=代表戦という考え方の人は多いかと思いますが、実際のサッカー好きというのは、リーグ戦の開幕も同じくらい楽しみという考え方をする人が多いのです。

 

自然と口が悪くなる

本気で応援しているからこそ、男女問わずに口が悪くなってしまいます。

ラフプレーに対してブーイングを浴びせたり、ミスをした選手に対して大声で怒鳴りつけたりなど、ついつい熱い女性になりがちです。

厚くなり過ぎたがゆえに、我に返った時に少し恥ずかしくなってしまうのは、サッカー好き女子あるあるの1つなのではないでしょうか。

 

鍛え上げられた美しい身体

スポーツが趣味のサッカー好き女子の場合は、鍛え上げられた美しい身体をしています。

無理なダイエットで痩せた感じではない、健康的な肉体を持っているのです。

その素晴らしい身体に惚れ惚れしてしまうことも多いでしょう。

ボールを蹴るためにはしっかりと足腰を鍛え、長時間の試合にも耐えられる身体を作らないといけません。

サッカー好き女子にはその身体が備わっているのです。

 

サッカーは男だけのスポーツではない

いかがだったでしょうか。

今回はサッカー好き女子を中心に紹介しました。

サッカー好き女子全員に共通していることは、サッカーが大好きだということです。

三度の飯よりサッカーが好きという女性もいるでしょうから、サッカーだけでは無くてスポーツ自体を馬鹿にするような発言は控えるべきです。

好きなことを馬鹿にされた時ほど、人は悔しい思いをすることはないのですから。

また、同じようにサッカーに詳しい人であれば、話が盛り上がること間違い無しですね。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP