ヒカキンとセイキン兄弟の伝説級の凄さ7個!アンチも認める実力とは?

セイキンはヒカキンと腕相撲対決をした時に、きちんと「自分の方が弱い。負けた」と認める発言をしていることからも、ファンの間では「弟であっても素直に負けを認めれる、素晴らしい性格の持ち主だ」との評価がされました。

人は誰でもお金を持つと心に余裕が生まれると言われますが、たった1年で数千万という巨額なお金を稼ぎだすセイキンが人格者であることは、何も不思議なことでもありません。

 

一流芸能界より稼ぐ兄弟?

本音ハシゴ酒にヒカキンが出演した際に、年収を暴露したことでダウンタウンや坂上忍といった超一流芸能人からドン引きされ、自分たちより貰っているであろうと思わせるリアクションは、ヤフーニュースの1位を獲得しました。

ダウンタウンや坂上忍の場合、どうしても事務所契約となる部分があるので100%の報酬が貰えないものの、ヒカキンセイキンは100%自分たちの利益にできるわけですから、ユーチューブ界のトップが芸能界のトップより稼いでいることはある意味普通なことです。

もちろん芸能人でも、一流はCM出演のみで数千万といった契約が結べるのも確かですが、ヒカキンに関してはCM出演も果たすほどの人気ぶりなのですから、一流芸能人が驚くのも納得できることですね。

兄弟で芸能人と言えばラブリと白濱亜嵐などが有名ですが、そうした兄弟よりもおそらく稼いでいるだろうと想定できるヒカキンセイキン兄弟は、芸能界で最も稼いでいる兄弟なのかもしれません。

 

共にプロフェッショナル

ヒカキンセイキン兄弟の一番の魅力であり、多くの大人が見習わなければならないと素直に認めてしまう要素は、「どれだけ稼いでも仕事に真面目である」ことであります。

多くの大人はそこそこ稼ぐことで天狗状態となり、調子に乗ることで収入を落としたり事件を起こすなどのトラブルに発展しがちですが、ヒカキンセイキン兄弟は日本一のユーチューバー兄弟になろうとも、決して仕事をサボることはありません。

常に一流で質の高い動画を作ることを心がけている兄弟は、まさに仕事を極めているプロフェッショナルと呼べ、24時間365日の生き方が素晴らしいと評価せざる終えない人物です。

多くの大人は仕事への意識が高いといっても「所詮雇われ」とか「目標はない」といった、何となくの毎日を過ごすことでお給料をもらっている状態ですが、ヒカキンセイキン兄弟は常に高い目標を掲げ、1秒1秒を有意義に使える優れた人物なのです。

もちろん彼らもスマホをいじったり息抜きをすることはあるでしょうが、その息抜きも自分の体のメンテナンスであったり、仕事から離れることで新たなアイディアへと繋がることになると考えると、365日仕事のことを考える仕事人間とも評価することができそうです。

 

スルースキルも超一流!

スペシャリストやユーチューブ界のトップと評価され続けるためには、「小さな人だな」と思われるような行動は絶対に控えるべきで、小さな人間を相手にしてはいけません。

ヒカキンセイキン兄弟はそれをしっかりと理解していて、例えツイッターで悪口を言われようが相手のレベルに合わせるのではなく、自分のレベルでしっかりと物事と発言できるため、炎上するようなことはありません。

有名になってもツイッターの発言に反応したり、ネットでの悪口に対して過剰に反応する人がいますが、こんなことをしていてはユーチューブ界のトップにはなれないことを理解している兄弟は、どちらも中身が大人であると断言できます。

また、世の中には弟は優れていても兄がダメ人間であったり、逆のパターンもよく見られることを考えると、ヒカキンセイキン兄弟は互いに成長し合える関係を作れているとも言えます。

 

ファンへの思いやりが素敵

ヒカキンセイキン共に仕事三昧の毎日を送っているわけですが、ヒカキンはお金を稼いでも自分で編集するユーチューバーとしても有名です。そんなヒカキンは自分で編集し続ける理由を、以下のように語っています。

7分の童画の為に6時間もの時間を費やすヒカキンは、「他人に任せることで動画の質が落ちるかもしれない。それならファンの方々はがっかりするでしょ?」との発言を残しており、キャリコネニュースで大きく取り上げられました。

これは間違いなく「ファン思いである」ことを証明する発言であって、自分を応援してくれるファンに対して「期待を売り切りたくない」との思いが一倍強いことが、ユーチューブ界でここまで上り詰めれた要因なのでしょう。

これはヒカキンだけに限らず、セイキンもファンを大事にすることで決して傷つけない物腰の柔らかさを持っていますから、兄弟ともにファンへの思いやりが素敵であることは間違いのない事実だと言えます。

 

伝説級ではないけど…ここも凄い3つの要素!


成金のような下品さがない

成金とは「成り上がった人」のことで、アルバイトからユーチューブ界のトップにたったヒカキン兄弟は成金の分類に当てはまります。

成金は何かと下品と思われる行動が目立ち、「成功した姿を周りに見せびらかしたい」気持ちが強いので何かとブランド物を自慢したり、自分にとって価値のないガラクタのようなものを衝動買いするなど、多くの人から「お金の使い方が下品だ」と思われる行動が目立ちます。

ページ:
1

2

3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP